1バナー

物理的、化学的、および生物学的危険

 

火曜日、2月15 2011 20:58

物理的要因

ノイズ

職場の騒音による難聴は、長年にわたり職業病として認識されてきました。 心血管疾患は、騒音の慢性的な耳外への影響の可能性に関する議論の中心にあります。 疫学的研究は、職場の騒音場 (高レベルの騒音指標を使用) および周囲の騒音場 (低レベルの騒音指標を使用) で行われています。 これまでで最も優れた研究は、騒音への曝露と高血圧との関係について行われました。 数多くの新しい調査研究で、騒音研究者は利用可能な研究結果を評価し、現在の知識の状態をまとめました (Kristensen 1994; Schwarze and Thompson 1993; van Dijk 1990)。

研究によると、心血管系の疾患の騒音リスク要因は、喫煙、栄養不足、運動不足などの行動リスク要因よりも重要ではないことが示されています (Aro and Hasan 1987; Jegaden et al. 1986; Kornhuber and Lisson 1981)。

疫学研究の結果は、慢性的な職場や環境騒音暴露による心血管系の健康への悪影響に関する最終的な答えを示していません。 一方では、ホルモンストレスの影響と末梢血管収縮の変化に関する実験的知識、および他方では、85 dBAを超える高い職場騒音レベルが高血圧の発症を促進するという観察により、騒音を非対象として含めることができます。 -心血管疾患の多因子リスクモデルにおける特定のストレス刺激。高い生物学的妥当性を保証します。

現代のストレス研究では、仕事中の血圧上昇は騒音曝露と関連しているが、血圧レベルは それ自体が 性格と環境要因の複雑なセットに依存します (Theorell et al. 1987)。 性格と環境要因は、職場での総ストレス負荷を決定する上で密接な役割を果たします。

このため、職場での複数の負荷の影響を研究し、影響を与える外因性要因と多様な内因性リスク特性の組み合わせの間で、これまでほとんど知られていなかった交差効果を明らかにすることが、ますます急務になっているようです。

実験的研究

今日では、騒音への曝露が精神物理的なストレッサーであることが一般的に認められています。 動物や人間を対象とした多数の実験的研究により、騒音の病因メカニズムに関する仮説を心血管疾患の発症にまで広げることができます。 ノイズ刺激に対する急性末梢反応に関しては、比較的均一な図があります。 ノイズ刺激は明らかに末梢血管収縮を引き起こし、指の脈の振幅と皮膚温度の低下、および収縮期血圧と拡張期血圧の上昇として測定できます。 ほとんどすべての研究で心拍数の増加が確認されています (Carter 1988; Fisher and Tucker 1991; Michalak, Ising and Rebentisch 1990; Millar and Steels 1990; Schwarze and Thompson 1993; Thompson 1993)。 これらの反応の程度は、騒音の発生の種類、年齢、性別、健康状態、神経状態、および個人の特徴などの要因によって変化します (Harrison and Kelly 1989; Parrot et al. 1992; Petiot et al. 1988)。

ノイズが代謝やホルモンレベルに及ぼす影響については、数多くの研究が行われています。 大きな騒音にさらされると、血中コルチゾン、環状アデノシン一リン酸(CAMP)、コレステロールおよび特定のリポタンパク質画分、グルコース、タンパク質画分、ホルモン(例えば、ACTH、プロラクチン)、アドレナリンおよびノルアドレナリンなどの変化がほとんどの場合、かなり急速に起こります。 カテコールアミンレベルの上昇が尿中に見られます。 これらすべては、騒音難聴レベル未満の騒音刺激が下垂体副腎皮質系の活動亢進につながる可能性があることを明確に示しています (Ising and Kruppa 1993; Rebentisch, Lange-Asschenfeld and Ising 1994)。

大きな騒音に慢性的にさらされると、血清、赤血球、および心筋などの他の組織のマグネシウム含有量が減少することが示されていますが (Altura et al. 1992)、研究結果は矛盾しています (Altura 1993; Schwarze and Thompson 1993)。 )。

職場の騒音が血圧に及ぼす影響ははっきりしていません。 大部分が横断研究として設計された一連の疫学研究は、大きな騒音に長期間さらされている従業員は、騒音の少ない環境で働く従業員よりも高い収縮期および/または拡張期血圧値を示すことを示しています。 しかし、長期の騒音曝露と血圧または高血圧の上昇との間に統計的関連性がほとんどないか、まったくないことを発見した研究が相殺される (Schwarze and Thompson 1993; Thompson 1993; van Dijk 1990)。 聴覚障害を騒音の代用とする研究では、さまざまな結果が示されています。 いずれにせよ、難聴は騒音暴露の適切な生物学的指標ではありません (Kristensen 1989; van Dijk 1990)。 騒音と危険因子 - 血圧の上昇、血清コレステロール値の上昇 (Pillsburg 1986)、および喫煙 (Baron et al. 1987) - が、騒音による聴覚の発達に相乗効果をもたらすという兆候が増えています。損失。 騒音による難聴と他の要因による難聴を区別することは困難です。 研究 (Talbott et al. 1990; van Dijk, Veerbeck and de Vries 1987) では、騒音曝露と高血圧との間に関連性は見られませんでしたが、聴力損失と高血圧は、通常の危険因子で補正した後、正の相関があります。 、特に年齢と体重。 高血圧の相対リスクは、大きな騒音への曝露とそれほど大きな騒音への曝露を比較すると、1 から 3.1 の範囲です。 質的に優れた方法論を用いた研究は、より低い関係を報告しています。 血圧グループ平均間の差は比較的狭く、値は 0 ~ 10 mm Hg です。

中国の女性繊維労働者に関する大規模な疫学研究 (Zhao, Liu and Zhang 1991) は、騒音効果研究において重要な役割を果たしています。 Zhao は、長年にわたってさまざまな騒音にさらされた女性産業労働者の騒音レベルと血圧の用量効果関係を確認しました。 加法的論理モデルを使用すると、要因「示された調理用塩の使用」、「高血圧の家族歴」、および「騒音レベル」(0.05)は、高血圧の確率と有意に相関していました。 著者らは、太りすぎによる交絡は存在しないと判断しました。 それにもかかわらず、騒音レベル要因は、最初の 70 つの名前付き要因の高血圧のリスクの半分を構成していました。 騒音レベルが 100 から 2.5 dBA に増加すると、高血圧のリスクが 35 倍に上昇しました。 より高い騒音曝露レベルを使用することによる高血圧のリスクの定量化は、提供された聴覚保護具が着用されていなかったという理由だけで、この研究で可能でした. この研究は 8 ± 1993 歳の非喫煙女性を調査したため、v. Eiff の結果 (XNUMX) によると、男性の高血圧の騒音関連リスクは有意に高くなる可能性があります。

聴覚保護具は、西側先進国では 85 ~ 90 dBA を超える騒音レベルに対して規定されています。 これらの国で実施された多くの研究は、そのような騒音レベルでの明確なリスクを示さなかったため、Gierke と Harris (1990) から、騒音レベルを設定された限度に制限することでほとんどの聴覚外効果を防ぐことができると結論付けることができます。

重労働

心血管疾患の危険因子としての「運動不足」の影響、および健康増進としての身体活動の影響は、1950 年代と 1960 年代のモリス、パッフェンバーガー、およびその同僚による古典的な出版物や、多数の疫学研究で解明されました。 (ベルリンとコルディッツ 1990; パウエルら 1987)。 以前の研究では、運動不足と心血管疾患または死亡率との間に直接的な因果関係を示すことはできませんでした。 しかし、疫学研究は、冠状動脈性心疾患、高血圧、インスリン非依存性糖尿病、骨粗鬆症、結腸がん、不安症、うつ病など、さまざまな慢性疾患の軽減に対する身体活動の肯定的な保護効果を指摘しています. 運動不足と冠状動脈性心疾患のリスクとの関係は、多くの国や人口グループで観察されています。 活動的な人と比較した非活動的な人の冠動脈疾患の相対リスクは、1.5 から 3.0 の間で変動します。 質的により高い方法論を使用した研究は、より高い関係を示しています。 このリスクの増加は、高コレステロール血症、高血圧、および喫煙に見られるリスクに匹敵します (Berlin and Colditz 1990; Centers for Disease Control and Prevention 1993; Kristensen 1994; Powell et al. 1987)。

定期的な余暇の身体活動は、さまざまな生理学的および代謝メカニズムを通じて冠状動脈性心疾患のリスクを軽減するようです。 実験的研究によると、定期的な運動トレーニングにより、既知のリスク要因やその他の健康関連要因がプラスの影響を受けることが示されています。 それは、例えば、HDL-コレステロールレベルの上昇、および血清トリグリセリドレベルおよび血圧の低下をもたらす(Bouchard, Shepard and Stephens 1994; Pate et al. 1995)。

Morris らの研究に刺激された一連の疫学的研究。 ロンドンのバスの運転手と車掌の冠状動脈リスクについて (Morris, Heady and Raffle 1956; Morris et al. 1966)、および Paffenbarger et al. の研究。 (1970) アメリカの港湾労働者の間で、肉体労働の難易度と心血管疾患の発生率との関係を調べました。 1950 年代と 1960 年代の初期の研究に基づくと、一般的な考えは、職場での身体活動が心臓に一定の保護効果をもたらす可能性があるというものでした. 心血管疾患の相対リスクが最も高いのは、肉体労働をする人々と比較して、身体的に不活発な仕事(座り仕事など)をしている人でした。 しかし、より新しい研究では、活発な職業グループと非活動的な職業グループの間で冠動脈疾患の頻度に差がないことを発見したか、重労働者の間で心血管危険因子と心血管疾患の有病率と発生率が高いことさえ発見しました (Ilmarinen 1989; Kannel et al. 1986; Kristensen 1994 ; Suurnäkki et al. 1987)。 自由時間の身体活動が心血管疾患の罹患率に及ぼす健康増進効果と、重労働によるこの効果の欠如との間の矛盾については、いくつかの理由が考えられます。

    • 一次および二次選択プロセス (健康な労働者効果) は、職業医学疫学研究に深刻な歪みをもたらす可能性があります。
    • 肉体労働と心血管疾患の発症との間に見られる関係は、多くの交絡変数 (社会的地位、教育、行動上の危険因子など) の影響を受ける可能性があります。
    • 多くの場合、職務記述書のみに基づいて身体的負荷を評価することは、不適切な方法と見なされなければなりません。

         

        1970 年代以降の社会的および技術的発展により、「動的な身体活動」を伴う仕事はごくわずかしか残っていません。 現代の職場での身体活動は、多くの場合、重いものを持ち上げたり運んだり、静的な筋肉の仕事の割合が高いことを意味します. したがって、この種の職業における身体活動には、冠状動脈保護効果の重要な基準、つまり大きな筋肉群への身体的負荷を最適化するのに十分な強度、持続時間、頻度が欠けていることは驚くべきことではありません. 肉体労働は一般的に集中的ですが、心血管系への運動効果はあまりありません. 重くて肉体的にきつい仕事と自由時間の身体活動の組み合わせは、心血管危険因子プロファイルとCHDの発症に関して最も好ましい状況を確立する可能性があります(Saltin 1992).

        今日までの研究の結果は、重い肉体労働が動脈性高血圧症の発症に関連しているかどうかという問題についても一貫していません.

        肉体的にきつい仕事は、血圧の変化に関連しています。 大きな筋肉量を利用するダイナミックな作業では、血液の供給と需要のバランスが取れています。 小中程度の筋肉量を必要とする動的な作業では、心臓は身体的作業全体に必要な量よりも多くの血液を送り出す可能性があり、その結果、収縮期血圧と拡張期血圧が大幅に上昇する可能性があります (Frauendorf et al. 1986)。

        肉体的精神的緊張や騒音の影響下での身体的緊張が組み合わされた場合でも、血圧と心拍数の大幅な増加が一定の割合 (約 30%) の人々に見られます (Frauendorf、Kobryn、および Gelbrich 1992; Frauendorf et al. 1995)。

        ノイズや精神的緊張の有無にかかわらず、局所的な筋肉の働きにおけるこの循環活動の増加の慢性的な影響に関する研究は現在利用できません.

        アメリカとドイツの研究者によって最近発表された 1993 つの独立した研究 (Mittleman et al. 1993; Willich et al. 1,228) では、激しい肉体労働が急性心筋梗塞の引き金になり得るかどうかという問題が追求されました。 この研究では、それぞれ急性心筋梗塞患者 1,194 人と 25 人を対象に、梗塞の 5.9 時間前の身体的負担を 95 時間前の状況と比較しました。 軽度の活動または休息と比較して、重度の身体的負担から 4.6 時間以内に心筋梗塞を発症する相対リスクは、アメリカ人で 7.7 (CI 2.1%: 95-1.6)、3.1 (CI 4.4%: 7.1- XNUMX) ドイツの研究で。 リスクは、健康でない人で最も高かった。 しかしながら、重要な限定的観察は、梗塞患者のそれぞれ4.4%および7.1%のみが梗塞の1時間前に重度の身体的負担が生じたことである。

        これらの研究には、身体的負担またはストレスによるカテコールアミンの産出増加が、冠状動脈の血液供給、冠攣縮の誘発、または原因として心筋膜のベータアドレナリン受容体に対するカテコールアミンの直接的な有害な影響の重要性に関する疑問が含まれています。梗塞症状または急性心臓死の。 健康な冠血管系と無傷の心筋では、このような結果は得られないと考えられます (Fritze and Müller 1995)。

        これらの観察は、重労働と心血管疾患への影響との間の因果関係の可能性を立証するのは容易ではないことを明らかにしています。 この種の調査の問題点は、明らかに「ハードワーク」の測定と評価の難しさ、および事前選択の除外 (健康な労働者効果) にあります。 選択された形態の肉体労働の慢性的な影響、および心血管系の選択された機能領域に対する身体精神的ストレスまたは騒音ストレスの組み合わせの影響に関する前向きコホート研究が必要です。

        これまでは現代の職場における負担のレベルが大幅に改善されたと見なされていましたが、重い動的筋肉の仕事を減らした結果が、現代の産業社会において新たな重大な健康問題を引き起こす可能性があるというのは逆説的です. 産業医学の観点からは、これまでの研究結果によると、運動の欠如による筋肉骨格系への静的な身体的負担は、以前に想定されていたよりもはるかに大きな健康リスクをもたらすと結論付けるかもしれません.

        単調で不適切な緊張が避けられない場合は、同等の期間の自由時間のスポーツ活動(水泳、自転車、ウォーキング、テニスなど)とのバランスをとることが推奨されます。

        暑さと寒さ

        極度の暑さや寒さにさらされると、心血管疾患に影響を与えると考えられています (Kristensen 1989; Kristensen 1994)。 高い外気温度または寒さが循環系に及ぼす急性の影響は、十分に文書化されています。 主に心臓発作や脳卒中などの心血管疾患による死亡率の増加は、北緯の国では冬の低温 (+10°C 未満) で観察されました (Curwen 1991; Douglas, Allan and Rawles 1991; Kristensen 1994 ; Kunst、Looman、および Mackenbach 1993)。 Pan、Li、および Tsai (1995) は、亜熱帯の国である台湾で、外気温度と冠状動脈性心臓病および脳卒中の死亡率との間に印象的な U 字型の関係があることを発見しました。その後、+10°C を超えると急激に上昇します。 最低の心血管死亡率が観察された気温は、寒冷な気候の国よりも台湾の方が高い. Kunst、Looman、および Mackenbach は、オランダで総死亡率と外気温の間に V 字型の関係があり、29°C で死亡率が最も低いことを発見しました。 寒さに関連した死亡のほとんどは心血管疾患のある人々で発生し、熱に関連した死亡のほとんどは呼吸器疾患に関連していました。 米国 (Rogot and Padgett 32) およびその他の国 (Wyndham and Fellingham 17) の研究は、同様の U 字型の関係を示しており、外気温度が 1976 ~ 1978°C で心臓発作と脳卒中の死亡率が最も低くなります。

        これらの結果をどのように解釈すべきかはまだ明らかではありません。 一部の著者は、温度ストレスと心血管疾患の病因との間に因果関係が存在する可能性があると結論付けています (Curwen and Devis 1988; Curwen 1991; Douglas, Allan and Rawles 1991; Khaw 1995; Kunst, Looman and Mackenbach 1993; Rogot and Padgett 1976;ウィンダムとフェリンガム 1978)。 この仮説は、次の観察で Khaw によって支持されました。

          • 気温は、季節的な環境の変化や、大気汚染、日光への曝露、インフルエンザの発生率、栄養などの要因など、異なる方法で処理されたパラメーターの下で、心血管死亡率の最も強力で急性の(日々の)予測因子であることが証明されました. これは、温度が他の有害な環境条件の代替変数としてのみ機能するという仮定に反しています。
          • さまざまな国や人口グループ、経時的、さまざまな年齢層におけるつながりの一貫性は、さらに説得力があります。
          • 臨床および実験研究からのデータは、止血、血液粘性、脂質レベル、交感神経系、および血管収縮に対する温度変化の影響を含む、さまざまな生物学的にもっともらしい病理機構を示唆しています (Clark and Edholm 1985; Gordon, Hyde and Trost 1988; Keatinge et al. 1986 ; Lloyd 1991; Neild et al. 1994; Stout and Grawford 1991; Woodhouse, Khaw and Plummer 1993b; Woodhouse et al. 1994)。

               

              寒さにさらされると、血圧、血液粘度、および心拍数が上昇します (Kunst、Looman、および Mackenbach 1993; Tanaka、Konno、および Hashimoto 1989; Kawahara et al. 1989)。 Stout と Grawford (1991) および Woodhouse と共同研究者 (1993; 1994) による研究では、フィブリノゲン、血液凝固第 VIIc 因子、および脂質が冬の高齢者でより高いことが示されています。

              高温にさらされると、血液粘度と血清コレステロールの増加が見られました (Clark and Edholm 1985; Gordon, Hyde and Trost 1988; Keatinge et al. 1986)。 Woodhouse、Khaw、および Plummer (1993a) によると、血圧と体温の間には強い逆相関があります。

              冷気や熱に長期間さらされると心血管疾患のリスクが持続的に高まるのか、熱や冷たさにさらされると心血管疾患の急性症状(例えば、心臓発作、ストローク) 実際の露出に関連して (「トリガー効果」)。 Kristensen (1989) は、根底に器質疾患を持つ人々の心血管疾患による合併症の急性リスク増加の仮説は確認されたが、暑さや寒さの慢性的な影響の仮説は確認も否定もできないと結論付けている.

              職業上、高温に長期間さらされる集団では心血管疾患のリスクが高いという仮説を支持する疫学的証拠は、あったとしてもほとんどありません (Dukes-Dobos 1981)。 ブラジルの金属労働者 (Kloetzel et al. 1973) とカナダのガラス工場 (Wojtczak-Jaroszowa and Jarosz 1986) に焦点を当てた最近の 1991 つの断面研究。 両方の研究で、高温にさらされる人々の間で高血圧の有病率が有意に増加し、それは高温作業の継続時間とともに増加することがわかりました. 推定される年齢や栄養の影響は除外できます。 Lebedeva、Alimova、および Efendiev (1990) は、冶金会社の労働者の死亡率を調査し、法定限界を超える熱にさらされた人々の死亡リスクが高いことを発見しました。 数値は、血液疾患、高血圧、虚血性心疾患、気道疾患で統計的に有意でした。 カルナウク等。 (1995) は、熱間鋳造の労働者の間で虚血性心疾患、高血圧、および痔核の発生率が増加したことを報告しています。 この研究のデザインは不明です。 野生等。 (1977) フランスのカリ鉱山労働者のコホート研究で、1987 年から 1.6 年までの死亡率を評価した。 虚血性心疾患による死亡率は、地上労働者よりも地下鉱山労働者の方が高かった (相対リスク = 10)。 健康上の理由で会社を離れた人々の中で、虚血性心疾患による死亡率は、地上の労働者と比較して、暴露されたグループで 1975 倍高かった。 米国でのコホート死亡率調査では、熱にさらされた労働者の心血管死亡率が、熱にさらされていない対照群と比較して 1979% 低いことが示されました。 いずれにせよ、熱にさらされる仕事に就いてから 1993 か月未満の労働者では、心血管死亡率が比較的高かった (Redmond, Gustin and Kamon XNUMX; Redmond et al. XNUMX)。 同等の結果は Moulin らによって引用されました。 (XNUMX) フランスの鉄鋼労働者のコホート研究。 これらの結果は、熱にさらされた労働者の間で健康的な労働者の影響の可能性に起因していました。

              寒さにさらされた労働者(クーラー、食肉処理場、漁業労働者など)に関する疫学研究は知られていない。 寒冷ストレスは温度だけの関数ではないことに注意してください。 文献に記載されている影響は、筋肉の活動、服装、湿気、隙間風、およびおそらく劣悪な生活条件などの要因の組み合わせによって影響を受けるようです. 寒さにさらされる職場では、適切な服装と風通しの回避に特に注意を払う必要があります (Kristensen 1994)。

              振動

              手腕振動応力

              振動ツールによって手に伝わる振動が、筋肉や骨格系への損傷に加えて末梢血管障害、および手腕領域の末梢神経機能障害を引き起こす可能性があることは、長い間知られており、十分に文書化されています (Dupuis et al. 1993 ; Pelmear、Taylor および Wasserman 1992)。 Raynaud によって最初に説明された「白指病」は、暴露された集団の有病率が高く、多くの国で職業病として認識されています。

              レイノー現象は、影響を受けた指の感覚障害、冷感、蒼白および感覚異常を伴う、親指を除くすべてまたは一部の指の血管痙攣性の減少した融合を伴う発作によって特徴付けられます。 曝露が終わると循環が再開し、痛みを伴う充血を伴います。

              振動関連血管痙攣症候群 (VVS) の発生には、外因性曝露だけでなく、内因性要因 (たとえば、一次レイノー現象の意味で) も関与していると考えられています。 低周波の振動を発生する機械よりも高い周波数 (20 ~ 800 Hz 以上) の機械からの振動の場合、リスクは明らかに大きくなります。 静的歪みの量 (グリップとプレスの強さ) が要因のようです。 寒さ、騒音、その他の身体的および心理的ストレッサー、ニコチンの大量消費の相対的な重要性は、レイノー現象の発生においてまだ不明です。

              レイノー現象は、病因的に血管運動障害に基づいています。 機能的、非侵襲的(サーモグラフィー、プレチスモグラフィー、キャピラロスコピー、コールドテスト)および侵襲的検査(生検、動脈造影)に関する多数の研究にもかかわらず、振動関連のレイノー現象の病態生理学はまだ明らかではありません。 振動が血管筋組織に直接損傷を与えるのか (「局所障害」)、交感神経活動亢進の結果としての血管収縮なのか、あるいはこれらの両方の要因が必要なのかは、現時点ではまだ不明です (Gemne 1994; Gemne 1992 )。

              作業関連の小指球ハンマー症候群 (HHS) は、振動によるレイノー現象との鑑別診断で区別する必要があります。 病理学的には、これは、尺骨動脈の慢性的な外傷性損傷 (血栓形成を伴う内膜病変) です。 (オス・ハマトゥム). HHS は、外圧または打撃の形での長期にわたる機械的影響、または身体の部分的な機械的振動の形での突然の緊張によって引き起こされます (持続的な圧力や衝撃の影響と組み合わされることがよくあります)。 このため、HHS は合併症として、または VVS に関連して発生する可能性があります (Kaji et al. 1993; Marshall and Bilderling 1984)。

              初期および手腕の振動に対する暴露に加えて、特に科学的に興味深い特定の末梢血管への影響は、臓器系の自律的調節のいわゆる非特異的慢性変化です。おそらく振動によって誘発されます (Gemne and Taylor 1983)。 手腕振動の慢性的影響の可能性に関する実験的および疫学的研究はほとんどなく、振動に関連した代謝プロセス、心機能または血圧の内分泌および心血管機能障害の可能性の仮説を確認する明確な結果は得られていません (Färkkilä、Pyykkö、および Heinonen 1990; Virokannas 1990) は、アドレナリン作動系の活動が振動への暴露によって増加するということ以外にある (Bovenzi 1990; Olsen 1990)。 これは、振動のみ、またはノイズや寒さなどの他のひずみ要因との組み合わせに適用されます。

              全身振動応力

              全身の機械的振動が心血管系に影響を与える場合、心拍数、血圧、心拍出量、心電図、プレチスモグラム、特定の代謝パラメータなどの一連のパラメータが対応する反応を示さなければなりません。 これに関する結論は、これらの循環の定量化が振動に特異的に反応するのではなく、他の同時要因によっても影響を受ける可能性があるという方法論的な理由から困難になっています。 心拍数の増加は、非常に重い振動負荷の下でのみ明らかです。 血圧値への影響は体系的な結果を示さず、心電図 (ECG) の変化は有意に区別できません。

              血管収縮に起因する末梢循環障害はあまり研究されておらず、指の握力への影響によって特徴付けられる手腕の振動によるものよりも弱く、持続時間が短いようです (Dupuis and Zerlett 1986)。

              ほとんどの研究では、車両ドライバーの心血管系に対する全身振動の急性効果は、比較的弱く、一時的なものであることがわかっています (Dupius and Christ 1966; Griffin 1990)。

              Wikström、Kjellberg、および Landström (1994) は、包括的な概説の中で、1976 年から 1984 年までの XNUMX つの疫学的研究を引用しました。 これらの研究のうち、振動にさらされたグループでそのような病気の有病率が高いことを発見したのはXNUMXつだけでしたが、これが全身振動の影響として解釈されたものはありません.

              全身振動による生理学的機能の変化が心血管系に与える影響は非常に限定的であるという見解が広く受け入れられています。 全身振動に対する心血管系の反応の原因とメカニズムは、まだ十分にわかっていません。 現時点では、全身振動を想定する根拠はありません。 それ自体が 心血管系の疾患のリスクに寄与します。 しかし、この要因は、騒音への暴露、不活動(座り仕事)、シフト勤務と組み合わされることが非常に多いという事実に注意を払う必要があります。

              電離放射線、電磁界、電波とマイクロ波、超低周波音

              多くのケーススタディといくつかの疫学研究は、癌や他の病気を治療するために導入された電離放射線が動脈硬化の進行を促進し、それによって冠状動脈性心臓病や他の心血管疾患のリスクを高める可能性に注目を集めています (Kristensen 1989;クリステンセン 1994)。 電離放射線にさらされた職業集団における心血管疾患の発生率に関する研究は入手できません。

              Kristensen (1989) は、心血管疾患と電磁場への曝露との関係に関する 1980 年代初頭の 1980 つの疫学研究について報告しています。 結果は矛盾しています。 1990 年代と 1990 年代に、電界および磁界が人間の健康に与える可能性のある影響は、産業医学および環境医学の人々の注目を集めてきました。 一方では弱い低周波の電場および磁場への職業的および/または環境的曝露と、他方では健康障害の発症との間の相関関係を探した、部分的に矛盾する疫学研究は、かなりの注目を集めました。 多数の実験的研究と少数の疫学的研究の最前線で、発がん性、催奇形性、免疫系またはホルモン系への影響、生殖への影響などの長期的な影響の可能性が立証されています (流産や欠陥に特に注意してください)。 「電気に対する過敏症」および神経心理学的行動反応にも。 心血管リスクの可能性は現在議論されていない(Gamberale 1994; Knave XNUMX)。

              生物に対する低周波磁場の特定の直接的な影響は、科学的に文書化されています。 ビトロ および インビボの これに関連して、低電界強度から高電界強度までの検査について言及する必要があります (UNEP/WHO/IRPA 1984; UNEP/WHO/IRPA 1987)。 血流中や心臓の収縮中などの磁場では、荷電キャリアが電界と電流の誘導を引き起こします。 したがって、冠状動脈活動中に心臓近くの大動脈上の強い静磁場で生成される電圧は、30 テスラ (T) の流れの厚さで 2 mV に達することがあり、0.1 T を超える誘導値が ECG で検出されました。 しかし、例えば血圧への影響は見られませんでした。 時間とともに変化する磁場 (断続的な磁場) は、生体内に電場を誘導し、体内の神経細胞や筋肉細胞などを刺激します。 1mA/m以下の電界や誘導電流では確実な効果は現れません2. 10~100 mA/m で視覚 (磁気ホスフェンで誘発) および神経への影響が報告されています。2. 期外収縮および心腔細動が 1 A/m 以上で現れる2. 現在入手可能なデータによると、2 T までの短期間の全身暴露では、直接的な健康への脅威は予想されません (UNEP/WHO/IRPA 1987)。 ただし、間接的な影響 (たとえば、強磁性体に対する磁場の力の作用による) の危険しきい値は、直接的な影響よりも低くなります。 したがって、強磁性インプラント(単極ペースメーカー、磁化可能な動脈瘤クリップ、ヘモクリップ、人工心臓弁部品、その他の電気インプラント、および金属片)を使用している人には予防措置が必要です。 強磁性インプラントの危険しきい値は、50 ~ 100 mT から始まります。 リスクは、移動または枢軸運動によって損傷または出血が生じる可能性があり、その機能的能力 (心臓弁、ペースメーカーなど) が影響を受ける可能性があることです。 強力な磁場のある研究施設や産業施設では、磁場が 2 T を超える仕事で、高血圧などの心血管疾患を持つ人々の医学的監視検査を勧める著者もいます (Bernhardt 1986; Bernhardt 1988)。 5 T の全身ばく露は、循環系に磁気電気力学的および流体力学的影響をもたらす可能性があり、5 T の短期間の全身ばく露は、特に高血圧などの心血管疾患を持つ人々の健康被害を引き起こすと想定する必要があります。 (Bernhardt 1988; UNEP/WHO/IRPA 1987)。

              ラジオとマイクロ波のさまざまな影響を調べた研究では、健康への悪影響は見られませんでした。 超音波 (周波数範囲 16 kHz から 1 GHz) と超低周波音 (周波数範囲 >>20 kHz) による心臓血管への影響の可能性が文献で議論されていますが、経験的証拠は非常にわずかです (Kristensen 1994)。

               

              戻る

              火曜日、2月15 2011 21:26

              化学危険物

              多くの研究にもかかわらず、心血管疾患を引き起こす化学的要因の役割はまだ議論されていますが、おそらく小さい. デンマーク人の心血管疾患の化学的職業的要因の病因学的役割の計算では、1%未満の値が得られました (Kristensen 1994)。 二硫化炭素や有機窒素化合物などのいくつかの物質については、心血管系への影響が一般的に認められています (Kristensen 1994)。 鉛は血圧と脳血管障害に影響を与えるようです。 一酸化炭素 (Weir と Fabiano 1982) は間違いなく、特に既存の虚血で狭心症を引き起こす急性の影響がありますが、長い間疑われていたように、潜在的な動脈硬化のリスクをおそらく増加させません。 カドミウム、コバルト、ヒ素、アンチモン、ベリリウム、有機リン酸塩、溶媒などの他の材料については議論中ですが、まだ十分に文書化されていません. Kristensen (1989, 1994) は重要な概要を説明しています。 関連する活動と産業分野の選択を表 1 に示します。

              表 1. 心血管障害に関連する可能性のある活動と産業分野の選択

              危険物

              影響を受ける職種/用途

              二硫化炭素(CS2 )

              レーヨン・化繊加工、ゴム、
              マッチ、爆発物、セルロース産業
              製造時の溶剤として使用
              医薬品、化粧品、殺虫剤

              有機ニトロ化合物

              爆発物および軍需品の製造、
              製薬業界

              一酸化炭素(CO)

              大規模産業燃焼の従業員
              設備(高炉、コークス炉) 混合ガスの製造・利用
              CO含有(生産ガス設備)
              ガスパイプラインの修理
              鋳造作業員、消防士、自動車整備士
              (風通しの悪い場所で)
              事故への曝露(爆発によるガス、
              トンネル建物または地下工事での火災)

              Lead

              鉛鉱および二次原料の製錬
              鉛を含む材料
              金属産業(各種合金の製造)、
              鉛を含む金属の切断および溶接
              または以下を含む被覆でコーティングされた材料
              つながる
              電池工場
              陶磁器および磁器産業(生産
              鉛釉の)
              鉛ガラスの製造
              塗料業界、適用および除去
              有鉛塗料

              炭化水素、ハロゲン化炭化水素

              溶剤(塗料、ラッカー)
              接着剤(靴、ゴム産業)
              洗浄・脱脂剤
              化学合成の基礎材料
              冷媒
              医学(麻薬)
              を使用した活動における塩化メチル暴露
              溶媒

               

              二硫化炭素 (CS) に関する重要な研究の曝露と影響のデータ2)、一酸化炭素 (CO) およびニトログリセリンは、 百科事典. このリストは、これらの疫学的研究の結論に不確実性が残るように、包含、結合された曝露、複合要因のさまざまな考慮、ターゲットサイズの変更、および評価戦略の問題が調査結果に大きな役割を果たしていることを明らかにしています。

              そのような状況では、明確な病原性の概念と知識が疑わしい関連性をサポートし、それによって予防措置を含む結果の導出と実証に貢献することができます. 二硫化炭素の影響は、脂質および炭水化物代謝、甲状腺機能 (甲状腺機能低下症の誘発)、および凝固代謝 (血小板凝集の促進、プラスミノーゲンおよびプラスミン活性の阻害) で知られています。 高血圧などの血圧の変化は、主に腎臓の血管に基づく変化にまで遡ることができ、二硫化炭素による高血圧との直接的な因果関係はまだ確実に除外されていません。心筋またはカテコールアミン代謝の干渉。 成功した 15 年間の介入研究 (Nurminen と Hernberg 1985) は、心臓への影響の可逆性を記録しています: 暴露の減少は、ほぼ即座に心血管死亡率の減少をもたらしました。 明らかに直接的な心毒性の影響に加えて、脳症、網膜領域の動脈瘤、腎症、および慢性虚血性心疾患の基礎と見なすことができる脳、眼、腎臓、および冠血管系の動脈硬化性変化が、暴露された人々の間で証明されています。 CSへ2. 民族的および栄養的に関連する成分は、病態機序に干渉します。 これは、フィンランドと日本の粘性レーヨン労働者の比較研究で明らかになりました。 日本では網膜領域の血管変化が見られたが、フィンランドでは心血管への影響が優勢であった。 網膜血管系の動脈瘤の変化は、3 ppm 未満の二硫化​​炭素濃度で観察されました (Fajen、Albright、および Leffingwell 1981)。 暴露を 10 ppm に減らすと、心血管死亡率が明らかに減少しました。 これは、心毒性作用が 10 ppm 未満の用量で完全に除外されるかどうかを決定的に明らかにするものではありません。

              有機硝酸塩の急性毒性作用には、血圧の低下、心拍数の増加、むらのある紅斑(紅潮)、起立性めまいおよび頭痛を伴う脈管の拡大が含まれます. 有機硝酸塩の半減期は短いため、病気はすぐに治まります。 通常、深刻な健康上の懸念は、急性中毒では予想されません。 いわゆる禁断症状は、従業員が有機硝酸塩に長期間さらされている場合、36 ~ 72 時間の潜伏期間で曝露が中断されると現れます。 これには、狭心症から急性心筋梗塞までの病気や突然死のケースが含まれます。 調査された死亡例では、多くの場合、冠動脈硬化症の変化は記録されませんでした。 したがって、その原因は「リバウンド血管痙攣」であると疑われています。 硝酸塩の血管拡張効果が取り除かれると、冠状動脈を含む血管内で自己調節的な抵抗の増加が起こり、上記の結果が得られます。 特定の疫学研究では、有機硝酸塩の曝露時間と強さと虚血性心疾患との間の疑わしい関連性は不確実であると考えられており、それらの病原性の妥当性は欠けています.

              鉛に関しては、粉状の金属鉛、二価鉛の塩、および有機鉛化合物が毒物学的に重要です。 鉛は血管筋細胞の収縮機構を攻撃し、血管痙攣を引き起こし、鉛中毒の一連の症状の原因と考えられています。 これらの中には、鉛疝痛とともに現れる一過性高血圧がある。 慢性的な鉛中毒による持続的な高血圧は、血管痙攣や腎臓の変化によって説明できます。 疫学的研究では、鉛曝露と血圧上昇の間の曝露時間の延長と脳血管疾患の発生率の増加との関連が観察されていますが、心血管疾患の増加の証拠はほとんどありませんでした.

              これまでの疫学的データと病原性調査では、カドミウム、コバルト、ヒ素などの他の金属の心血管毒性に関する明確な結果は得られていません。 しかし、ハロゲン化炭化水素が心筋刺激物質として作用するという仮説は確かであると考えられています。 これらの物質から時折生命を脅かす不整脈が引き起こされるメカニズムは、自律神経系の自然な運搬体として働くエピネフリンに対する心筋の感受性に由来すると考えられます。 収縮性の低下、インパルス形成中枢の抑制、インパルス伝達、または上気道領域の灌注による反射障害などの直接的な心臓への影響が存在するかどうかについては、まだ議論されています。 炭化水素の感作性は明らかにハロゲン化の程度と含まれるハロゲンの種類に依存しますが、塩素置換炭化水素はフッ化物化合物よりも強い感作効果を持つと考えられています。 塩素を含む炭化水素の心筋への最大の影響は、分子あたり約 1971 つの塩素原子で発生します。 短鎖の非置換炭化水素は、長鎖のものより毒性が高くなります。 個々の物質の不整脈を誘発する投与量についてはほとんどわかっていません。ヒトに関する報告は、主に高濃度への暴露 (偶発的暴露および「嗅覚」) の症例説明であるからです。 ラインハルトらによると。 (XNUMX)、ベンゼン、ヘプタン、クロロホルム、およびトリクロロエチレンは特に感作性がありますが、四塩化炭素とハロタンは不整脈の影響が少ないです。

              一酸化炭素の毒性作用は、組織の低酸素血症に起因します。これは、CO-Hb (CO は酸素よりもヘモグロビンに対する親和性が 200 倍高い) の形成が増加し、その結果、組織への酸素の放出が減少することに起因します。 神経に加えて、心臓は、このような低酸素血症に対して特に重大な反応を示す臓器の 35 つです。 結果として生じる急性心臓病は、曝露時間、呼吸頻度、年齢、以前の病気に応じて繰り返し検査され、説明されてきました. 健康な被験者の間では、心臓血管への影響は CO-Hb 濃度が 40 ~ 2% で最初に現れますが、虚血性心疾患の患者では、物理的曝露中にすでに CO-Hb 濃度が 5 ~ 1989% で狭心症の症状が実験的に引き起こされる可能性があります (Kleinman et al. 1989; Hinderliter et al. 20)。 1985% CO-Hb (Atkins and Baker XNUMX).

              低 CO 濃度での長期曝露の影響は、依然として論争の対象となっています。 動物を対象とした実験的研究では、血管壁の低酸素による、または血管壁への直接的な CO 効果 (血管透過性の増加)、血液の流れ特性 (血小板凝集の強化)、または脂質代謝によるアテローム生成効果が示されている可能性がありますが、人間に対する対応する証拠が欠けています。 トンネル労働者の心血管死亡率の増加 (SMR 1.35、95% CI 1.09-1.68) は、慢性的な CO の影響よりも、急性暴露によって説明できる可能性が高い (Stern et al. 1988)。 喫煙の心血管への影響における CO の役割も明らかではありません。

               

              戻る

              火曜日、2月15 2011 21:29

              生物学的危険性

              「生物学的危険物質は、他の生物、特に人間に有害な影響を与える可能性のある自己複製可能な生物学的物質として定義できます」(American Industrial Hygiene Association 1986)。

              細菌、ウイルス、菌類、および原生動物は、意図的な接触 (技術に関連する生物材料の導入) または非意図的な接触 (技術に関係のない作業材料の汚染) によって心血管系に害を及ぼす可能性のある生物学的危険物質の XNUMX つです。 エンドトキシンとマイコトキシンは、微生物の感染力に加えて役割を果たしている可能性があります。 それら自体が病気の発症の原因または寄与因子になる可能性があります。

              心血管系は、局所的な臓器の関与を伴う感染症の合併症として反応する可能性があります-血管炎(血管の炎症)、心内膜炎(主に細菌によるが、真菌および原生動物による心内膜の炎症;急性型は敗血症に続く可能性があります)感染症の全身化を伴う亜急性型)、心筋炎(細菌、ウイルス、および原生動物によって引き起こされる心筋の炎症)、心膜炎(心膜の炎症、通常は心筋炎を伴う)、または汎心炎(心内膜炎、心筋炎および心膜炎の同時出現)、または全体として、全身性の一般的な病気 (敗血症、敗血症または中毒性ショック) に引き込まれます。

              心臓の関与は、実際の感染中または感染後に現れる可能性があります。 病態機序として、直接的な細菌のコロニー形成または毒性またはアレルギー過程を考慮する必要があります。 病原体の種類と病原性に加えて、免疫システムの効率は、感染に対する心臓の反応に影響を与えます。 細菌に感染した創傷は、例えば、連鎖球菌およびブドウ球菌による心筋炎または心内膜炎を誘発し得る。 これは、職場での事故の後、事実上すべての職業グループに影響を与える可能性があります。

              追跡されたすべての心内膜炎症例の XNUMX% は、レンサ球菌またはブドウ球菌に起因する可能性がありますが、事故関連の感染症に起因するのはごく一部です。

              表 1 は、心血管系に影響を与える可能性のある職業関連感染症の概要を示しています。

              表 1. 心血管系に影響を与える可能性がある職業関連感染症の概要

              病気

              心臓への影響

              病気の場合の心臓への影響の発生・頻度

              職業上のリスクグループ

              AIDS / HIV

              心筋炎、心内膜炎、心膜炎

              42% (Blanc et al. 1990); 日和見感染だけでなく、リンパ球性心筋炎としての HIV ウイルス自体による (Beschorner et al. 1990)

              保健福祉サービス関係者

              アスペルギルス症

              心内膜炎

              レア; 免疫系が抑制されている人の中で

              農民

              ブルセラ症

              心内膜炎、心筋炎

              レア (Groß, Jahn and Schölmerich 1970; Schulz and Stobbe 1981)

              食肉加工業や畜産業の労働者、農家、獣医師

              シャーガス病

              心筋炎

              さまざまなデータ: アルゼンチンでは 20% (Acha and Szyfres 1980)。 チリでは 69% (Arribada et al. 1990)。 67% (Higuchi et al. 1990); 常に心筋炎を伴う慢性シャーガス病 (Gross, Jahn and Schölmerich 1970)

              中南米へのビジネス旅行者

              コクサッキーウイルス

              心筋炎、心膜炎

              コクサッキー B ウイルスで 5% から 15% (Reindell and Roskamm 1977)

              保健福祉関係者、下水道関係者

              サイトメガロウイルス

              心筋炎、心膜炎

              特に免疫系が抑制されている人の間では非常にまれです

              透析・移植部門で、子ども(特に小さな子ども)を扱う職員

              ジフテリア

              心筋炎、心内膜炎

              限局性ジフテリア 10 ~ 20%、進行性ジフテリア (Gross、Jahn、および Schölmerich 1970)、特に中毒性の発症でより一般的

              子どもの世話や保健サービスに携わる職員

              エキノコックス症

              心筋炎

              レア (Riecker 1988)

              林業従事者

              エプスタイン・バーウイルス感染症

              心筋炎、心膜炎

              レア; 特に免疫系に欠陥のある人の間で

              保健福祉関係者

              エリシペロイド

              心内膜炎

              まれなデータ (Gross, Jahn and Schölmerich 1970; Riecker 1988) から 30% (Azofra et al. 1991) までのさまざまなデータ

              食肉加工業者、魚加工業者、漁師、獣医師

              フィラリア症

              心筋炎

              レア (Riecker 1988)

              常在地域のビジネス旅行者

              リケッチア症の中でも発疹チフス(Q熱を除く)

              心筋炎、小血管の血管炎

              データは、直接の病原体、毒性、または解熱中の耐性低下によって変化します

              常在地域のビジネス旅行者

              初夏の髄膜脳炎

              心筋炎

              レア (Sundermann 1987)

              林業従事者、庭師

              黄熱病

              血管への毒性損傷 (Gross, Jahn and Schölmerich 1970), 心筋炎

              レア; 重症例で

              常在地域のビジネス旅行者

              出血熱(エボラ、マールブルグ、ラッサ、デングなど)

              一般的な出血、心血管不全による心筋炎および心内膜出血

              利用可能な情報はありません

              被災地や特殊検査施設の医療従事者、畜産業従事者

              インフルエンザ

              心筋炎、出血

              まれなものから頻繁なものまで変化するデータ (Schulz and Stobbe 1981)

              ヘルスサービスの従業員

              肝炎

              心筋炎 (Gross, Willensand Zeldis 1981; Schulzand Stobbe 1981)

              レア (Schulz and Stobbe 1981)

              保健福祉関係者、下水道関係者

              レジオネラ症

              心膜炎、心筋炎、心内膜炎

              発生する場合、おそらくまれです (Gross, Willens and Zeldis 1981)

              空調、加湿器、ジェットバス、介護スタッフのメンテナンス担当者

              リーシュマニア症

              心筋炎 (Reindell and Roskamm 1977)

              内臓リーシュマニア症で

              流行地域へのビジネス旅行者

              レプトスピラ症(黄疸型)

              心筋炎

              毒性または直接病原体感染 (Schulz and Stobbe 1981)

              下水および廃水労働者、食肉処理場労働者

              リステレラ症

              心内膜炎

              非常にまれ(職業病として優勢な皮膚リステリア症)

              農家、獣医師、食肉加工業者

              ライム病

              ステージ 2: 心筋炎 汎心炎 ステージ 3: 慢性心炎

              8% (Mrowietz 1991) または 13% (Shadick et al. 1994)

              林業従事者

              マラリア

              心筋炎

              熱帯性マラリアで比較的頻繁に発生します (Sundermann 1987)。 毛細血管の直接感染

              常在地域のビジネス旅行者

              麻疹

              心筋炎、心膜炎

              Rare

              保健サービスの職員および子供たちと働く職員

              口蹄疫

              心筋炎

              非常にまれな

              農家、畜産労働者(特に偶蹄類の動物)

              おたふく風邪

              心筋炎

              まれ - 0.2 ~ 0.4% 未満 (Hofmann 1993)

              保健サービスの職員および子供たちと働く職員

              マイコプラズマ肺炎感染症

              心筋炎、心膜炎

              Rare

              保健福祉職員

              鳥類症/オウム病

              心筋炎、心内膜炎

              レア (Kaufmann and Potter 1986; Schulz and Stobbe 1981)

              観賞用の鳥や家禽の飼育者、ペットショップの従業員、獣医

              パラチフス

              間質性心筋炎

              特に有毒な損傷として高齢者や非常に病気の場合

              熱帯・亜熱帯の開発援助従事者

              脊髄炎

              心筋炎

              XNUMX~XNUMX週目の重症例に多い

              ヘルスサービスの従業員

              Qフィーバー

              心筋炎、心内膜炎、心膜炎

              急性疾患後は 20 歳まで可能 (Behymer and Riemann 1989)。 まれなデータ (Schulz and Stobbe 1981; Sundermann 1987) から 7.2% (Conolly et al. 1990) までのデータ。 弱い免疫システムまたは既存の心臓病を伴う慢性 Q 熱の中でより頻繁 (68%) (Brouqui et al. 1993)

              畜産労働者、獣医師、農家、場合によっては食肉処理場や酪農労働者

              風疹

              心筋炎、心膜炎

              Rare

              保健サービスおよび育児従事者

              再発熱

              心筋炎

              利用可能な情報はありません

              熱帯および亜熱帯の出張者および医療従事者

              猩紅熱およびその他の連鎖球菌感染症

              心筋炎、心内膜炎

              合併症として 1 ~ 2.5% のリウマチ熱 (Dökert 1981)、次に 30 ~ 80% の心炎 (Sundermann 1987)。 43~91% (al-Eissa 1991)

              保健サービスの職員および子供たちと働く職員

              睡眠病

              心筋炎

              Rare

              南緯20度と北緯XNUMX度の間のアフリカへのビジネス旅行者

              トキソプラズマ症

              心筋炎

              まれで、特に免疫系が弱い人の間で

              動物との職業上の接触がある人

              結核

              心筋炎、心膜炎

              特に粟粒結核に伴う心筋炎、結核有病率が 25%、それ以外は 7% の心膜炎 (Sundermann 1987)

              ヘルスサービスの従業員

              腸チフス

              心筋炎

              毒; 8% (Bavdekar et al. 1991)

              開発援助従事者、微生物検査室の職員(特に糞便検査室)

              水痘、帯状疱疹

              心筋炎

              Rare

              ヘルスサービスの従業員と子供たちと一緒に働く従業員

               

              戻る

              免責事項: ILO は、この Web ポータルに掲載されているコンテンツが英語以外の言語で提示されていることについて責任を負いません。英語は、オリジナル コンテンツの最初の制作およびピア レビューに使用される言語です。その後、特定の統計が更新されていません。百科事典の第 4 版 (1998 年) の作成。

              内容

              心血管系の参考文献

              Acha、P、B Szyfres。 1980年。人と動物に共通する人獣共通感染症と伝染病。 ワシントン DC: WHO の地域事務所。

              al-Eissa, YA. 1991. サウジアラビアで小児期に急性リウマチ熱。 Ann Trop Paediat 11(3):225-231.

              Alfredsson、L、R Karasek、および T Theorell。 1982年。心筋梗塞リスクと心理社会的労働環境:スウェーデンの男性労働力の分析。 Soc Sci Med 16:463-467。

              Alfredsson、L、CL Spetz、および T Theorell。 1985年。職業の種類と心筋梗塞(MI)およびその他の診断による近未来の入院。 Int J Epidemiol 14:378-388。

              アルチュラ、BM. 1993.ラットの血圧、微小循環、および電解質に対する慢性的な騒音暴露の耳外への影響:Mg2 +による変調。 Lärm und Krankheit [Noise and Disease]、H Ising および B Kruppa 編集。 シュトゥットガルト:グスタフ・フィッシャー。

              Altura、BM、BT Altura、A Gebrewold、H Ising、および T Gunther。 1992.ラットの騒音誘発性高血圧とマグネシウム:微小循環とカルシウムとの関係。 J Appl Physiol 72:194-202。

              アメリカ産業衛生協会 (AIHA)。 1986. バイオハザード - リファレンス マニュアル。 オハイオ州アクロン:AIHA。

              Arribada、A、W Apt、X Aguilera、A Solari、J Sandoval。 1990年。チリの最初の地域でのシャーガス心疾患。 臨床的、疫学的および寄生虫学的研究。 Revista Médica de Chile 118(8):846-854.

              アロ、S、J ハサン。 1987.職業階級、心理社会的ストレスおよび罹患率。 アン・クリン・レス 19:62-68.

              アトキンス、EH、EL ベイカー。 1985. 職業上の一酸化炭素暴露による冠動脈疾患の悪化: 7 人の死亡者の報告と文献のレビュー。 Am J Ind Med 73:79-XNUMX。

              アゾフラ、J、R トーレス、JL ゴメス ガルセス、M ゴルゴラス、ML フェルナンデス ゲレロ、M ヒメネス カサド。 1991. エリシペロスリックス・ルシオパシエによる心内膜炎。 Estudio de due casos y revisión de la literatura [丹毒rhusiopathiaeの心内膜炎。 9つのケースの研究と文献の改訂]。 Enfermedades Infecciosas y Microbiologia Clinica 2(102):105-XNUMX。

              Baron、JA、JM Peters、DH Garabrant、L Bernstein、R Krebsbach。 1987. 騒音による難聴の危険因子としての喫煙。 J Occup Med 29:741-745。

              Bavdekar、A、M Chaudhari、S Bhave、および A Pandit。 1991.腸チフスにおけるシプロフロキサシン。 Ind J Pediatr 58(3):335-339。

              Behymer、D および HP Riemann。 1989. Coxiella burnetii 感染 (Q 熱)。 J Am Vet Med Assoc 194:764-767。

              ベルリン、JA、GA コルディッツ。 1990. 冠動脈疾患の予防における身体活動のメタ分析。 Am J Epidemiol 132:612-628。

              ベルンハルト、JH. 1986. 静磁場および超低周波磁場の生物学的影響。 ミュンヘン: MMV Medizin Verlag.

              —。 1988. 電界および磁界の周波数依存限界の確立と間接効果の評価。 Radiat Environ Biophys 27: 1-27。

              Beschorner、WE、K Baughman、RP Turnicky、GM Hutchins、SA Rowe、AL Kavanaugh-McHugh、DL Suresch、および A Herskowitz。 1990年。HIV関連心筋炎の病理学および免疫病理学。 Am J Pathol 137(6):1365-1371。

              ブラン、P、P ホフマン、JF マイケルズ、E バーナード、H ヴィンティ、P モラン、R ルビエール。 1990. ヒト免疫不全ウイルスのキャリアにおける心臓の関与。 38件の報告。 Annales de cardiologie et d'angiologie 39(9):519-525。

              ブシャール、C、RJ シェパード、T スティーブンス。 1994. 身体活動、フィットネス、健康。 シャンペーン、病気: ヒューマン キネティクス。

              Bovenzi、M. 1990。手腕振動症候群における自律神経刺激と心血管反射活動。 久留米医学会 37:85-94.

              Briazgounov、IP。 1988. 非感染性疾患の予防と治療における身体活動の役割。 世界保健統計 Q 41:242-250。

              Brouqui, P, HT Dupont, M Drancourt, Y Berland, J Etienne, C Leport, F Goldstein, P Massip, M Micoud, A Bertrand 1993. 慢性 Q 熱。 心内膜炎のない 27 例を含む、フランスからの 153 例。 Arch Int Med 5(642):648-XNUMX.

              Brusis、OA および H Weber-Falkensammer (eds)。 1986. Handbuch der Koronargruppenbetreuung
              [冠動脈グループケアハンドブック]。 エアランゲン: ペリメッド。

              カーター、NL。 1988 年。中型砲兵隊員の心拍数と血圧の反応。 Med J Austral 149:185-189。

              疾病管理予防センター。 1993. 公衆衛生の焦点: 身体活動と冠状動脈性心臓病の予防。 Morb Mortal Weekly Rep 42:669-672.

              クラーク、RP、OG エドホルム。 1985年。人間と彼の熱環境。 ロンドン:エドワード・アーノルド。

              コノリー、JH、PV コイル、AA アジー、HJ オニール、DM シンプソン。 1990. 1962-1989 年の北アイルランドにおける臨床 Q 熱。 Ulster Med J 59(2):137-144。

              Curwen, M. 1991. 過剰な冬の死亡率: イギリスの現象? 健康トレンド 22:169-175。
              カーウィン、M および T デビス。 1988. 冬の死亡率、気温、およびインフルエンザ: 近年、関係は変化していますか? 人口動向 54:17-20。

              DeBacker、G、M Kornitzer、H Peters、および M Dramaix。 1984年。作業リズムと冠状動脈の危険因子との関係。 Eur Heart J 5 Suppl。 1:307。

              DeBacker、G、M Kornitzer、M Dramix、H Peeters、および F Kittel。 1987. 不規則な労働時間と男性の脂質レベル。 G Schlierf と H Mörl によって編集された、アテローム性動脈硬化研究における視野の拡大。 ベルリン: スプリンガー。

              Dökert, B. 1981. Grundlagen der Infektionskrankheiten für medizinische Berufe [医療専門職のための感染症の基礎]。 ベルリン: Volk und Wissen.

              ダグラス、AS、TM アラン、JM ロールズ。 1991年。病気の季節性の構成。 Scott Med J 36:76-82。

              Dukes-Dobos、FN。 1981. 熱暴露の危険。 Scand J Work Environ Health 7:73。

              デュプイ、H および W キリスト。 1966.正弦波および確率論的振動の影響下での胃の振動挙動について。 Int J Appl Physiol Occup Physiol 22:149-166。

              デュピュイ、H および G Zerlett。 1986.全身振動の影響。 ベルリン: スプリンガー。

              Dupuis、H、E Christ、DJ Sandover、W Taylor、A Okada。 1993. 手腕振動に関する第 6 回国際会議議事録、ボン、ドイツ連邦共和国、19 年 22 月 1992 ~ XNUMX 日。Essen: Druckzentrum Sutter & Partner.

              エドワーズ、FC、RI マッカラム、PJ テイラー。 1988. 仕事のためのフィットネス: 医学的側面。 オックスフォード: オックスフォード大学プレス。

              Eiff, AW v. 1993. 急性ストレスに対する心血管反応の選択された側面。 Lärm und Krankheit [ノイズと病気]、H Ising と B Kruppa が編集。 シュトゥットガルト:グスタフ・フィッシャー。

              ファジェン、J、B オルブライト、SS レフィングウェル。 1981 年。二硫化炭素にさらされた労働者の横断的な医療および産業衛生調査。 Scand J Work Environ Health 7 Suppl。 4:20-27。

              Färkkilä、M、I Pyykkö、E Heinonen。 1990.振動ストレスと自律神経系。 久留米医学会 37:53-60.

              フィッシャー、LD、DC タッカー。 1991. エア ジェット ノイズにさらされると、若い境界線高血圧ラットの血圧が急速に上昇します。 J 高血圧 9:275-282。

              Frauendorf、H、U Kobryn、および W Gelbrich。 1992. [産業医学に関連する騒音効果の身体的ひずみに対する循環反応 (ドイツ語)]。 Arbeitsmedizinische Aspekte der Arbeits (-zeit) 組織 [職場と労働時間の組織の職業医学的側面]、R Kreutz と C Piekarski によって編集されました。 シュトゥットガルト: ゲントナー。

              Frauendorf、H、U Kobryn、W Gelbrich、B Hoffman、および U Erdmann。 1986. [さまざまな筋肉群のエルゴメトリック検査と心拍数と血圧への影響 (ドイツ語)] Zeitschrift für klinische Medizin 41:343-346.

              Frauendorf、H、G Caffier、G Kaul、および M Wawrzinoszek。 1995. Modelluntersuchung zur Erfassung und Bewertung der Wirkung kombinierterphyscher und psychischer Belastungen auf Funktionen des Herz-Kreislauf-Systems (Schlußbericht) [心血管系の機能に対する複合的な物理的および精神的ストレスの影響の考察と評価に関するモデル研究
              (最終報告書)]。 Bremerhaven: Wirtschaftsverlag NW.

              フリッツ、E、KM ミュラー。 1995年。 Versicherungsmedizin 47:143-147。

              Gamberale, F. 1990. 超低周波および磁場への暴露が人間に及ぼす生理学的および心理的影響。 Scand J Work Environ Health 16 Suppl。 1:51-54。

              Gemne, G. 1992. ハンドヘルド振動ツールを使用する労働者の障害の病態生理学と病因。 In Hand-Arm Vibration: A Comprehensive Guide for Occupational Health Professionals, PL Pelmear、W Taylor、および DE Wasserman によって編集されました。 ニューヨーク:ヴァン・ノストランド・ラインホールド。
              —。 1994. 手腕振動の研究最前線はどこですか? Scand J Work Environ Health 20、特集:90-99。

              Gemne、G、および W テイラー。 1983. 手腕の振動と中枢自律神経系。 国際シンポジウム議事録、ロンドン、1983 年。J Low Freq Noise Vib 特別号。

              Gierke、HE、および CS Harris。 1990. 騒音曝露と心血管疾患との潜在的な関連性について。 In Noise As a Public Health Problem、B Berglund と T Lindvall によって編集されました。 ストックホルム: スウェーデン建築研究評議会。

              Glantz、SA および WW Parmley。 1995年。受動喫煙と心臓病。 JAMA 273:1047-1053。

              グラスゴー、RE、JR Terborg、JF Hollis、HH Severson、および MB Shawn。 1995. Take Heart: 職場の健康プログラムの初期段階からの成果。 アム J 公衆衛生 85: 209-216。

              Gomel、M、B Oldenberg、JM Sumpson、N Owen。 1993. 職場での心血管リスク低減: 健康リスク評価、教育、カウンセリング、インセンティブの無作為化試験。 アム J 公衆衛生 83:1231-1238。

              ゴードン、DJ、J ハイド、DC トロスト。 1988年。血漿脂質およびリポタンパク質レベルの周期的な季節変動:脂質研究クリニックの冠動脈一次予防試験プラセボグループ。 J Clin Epidemiol 41:679-689。

              グリフィン、MJ、1990年。人間の振動のハンドブック。 ロンドン:アカデミック。

              Gross、R、D Jahn、および P Schölmerich (eds)。 1970. Lehrbuch der Inneren Medizin [内科の教科書]。 シュトゥットガルト: シャタウアー。

              グロス、D、H ウィレンズ、セント ゼルディス。 1981. レジオネラ症における心筋炎。 チェスト 79(2):232-234.

              Halhuber、C および K Traencker (eds)。 1986. Die Koronare Herzkrankheit—eine Herausforderung an Politik und Gesellschaft [冠状動脈性心臓病—政治的および社会的課題]。 エアランゲン: ペリメッド。

              Härenstam、A、T Theorell、K Orth-Gomer、UB Palm、および AL Unden。 1987. 交替勤務、意思決定の自由度、心室異所性活動: スウェーデンの刑務所職員の 24 時間心電図の研究。 仕事のストレス 1:341-350。

              ハリス、JS. 1994. 職場での健康増進。 産業医学では、C Zenz によって編集されました。 セントルイス: モスビー。

              ハリソン、DW、PL ケリー。 1989. 騒音条件下での心血管および認知能力の年齢差。 知覚と運動能力 69:547-554.

              Heinemann, L. 1993. MONICA 東ドイツ データブック。 ベルリン: ZEG.

              Helmert、U、S Shea、および U Maschewsky-Schneider。 1995年。1984年から1991年までの西ドイツにおける社会階級と心血管疾患の危険因子の変化。 Eur J Pub Health 5:103-108。

              Heuchert、G、G Enderlein。 1994.ドイツの職業登録簿—アプローチと設定の多様性。 労働衛生サービスの品質保証。 Bremerhaven: Wirtschaftsverlag NW.
              樋口、M de L、CF DeMorais、NV Sambiase、AC Pereira-Barretto、G Bellotti、F Pileggi。 1990. 心筋炎の組織病理学的基準 - 正常な心臓、混血心および拡張型心筋症に基づく研究Japan Circul J 54(4):391-400.

              Hinderliter、AL、AF Adams、CJ Price、MC Herbst、G Koch、および DS Sheps。 1989年。低レベルの一酸化炭素暴露が、冠動脈疾患を有し、ベースライン異所性がない患者における安静時および運動誘発性心室性不整脈に対する影響。 Arch Environ Health 44(2):89-93.

              ホフマン、F (ed)。 1993. Infektiologie—Diagnostik Therapie Prophylaxe—Handbuch und Atlas für Klinik und Praxis [Infectology—Diagnostic Therapy Prophylaxis—Handbook and Atlas for Clinic and Practice]. ランツベルク: エコメッド。

              Ilmarinen, J. 1989. 仕事と心血管の健康: 職業生理学の視点。 アン・メッド 21:209-214.

              Ising、H、B Kruppa。 1993. Lärm und Krankheit [ノイズと病気]。 26 年 28 月 1991 ~ XNUMX 日にベルリンで開催された国際シンポジウム「ノイズと病気」の議事録。シュトゥットガルト: グスタフ フィッシャー。

              Janssen, H. 1991. Zur Frage der Effektivität und Effizienz betrieblicher Gesundheitsförderung—Ergebnisse einer Literatur recherche [企業の健康調査の有効性と効率性の問題について—文献検索の結果]。 Zeitschrift für Präventivmedizin und Gesundheitsförderung 3:1-7.

              Jegaden、D、C LeFuart、Y Marie、P Piquemal。 1986. Contribution à l'étude de la relationship bruit-hypertension artérielle à propos de 455 marins de commerce agés de 40 à 55 ans. Arch mal prof (Paris) 47:15-20.

              梶、H、本間、碓氷、安野、齋藤。 1993. 振動にさらされた労働者に観察された小指球ハンマー症候群の 24 例の分析。 手腕振動に関する第 6 回国際会議の議事録、H Dupuis、E Christ、DJ Sandover、W Taylor、および A Okade が編集。 エッセン: Druckzentrum Sutter.

              Kannel、WB、A Belanger、R D'Agostino、I Israel。 1986.仕事上の身体活動と身体的要求、および心血管疾患と死亡のリスク: フラミンガム研究。 Am Heart J 112:820-825.

              Karasek、RAおよびT Theorell。 1990年。ヘルシーワーク。 ニューヨーク:ベーシックブック。

              Karnaukh、NG、GA Petrow、CG Mazai、MN Zubko、および ER Doroklin。 1990. [循環器の病気による冶金産業のホットショップの労働者の一時的な仕事能力の喪失 (ロシア語)]。 Vracebnoe delo 7:103-106。

              カウフマン、AF および ME ポッター。 1986.オウム病。 JAマーチャント編集の職業性呼吸器疾患。 刊行物番号 86-102。 ワシントンDC:NIOSH。

              川原、J、佐野 H、福崎 H、斎藤 H、広内 J。 1989. ヒトの血圧、血小板機能、および交感神経活動に対する寒冷暴露の急性影響。 Am J 高血圧症 2:724-726。

              Keatinge、WR、SRW Coleshaw、JC Eaton 他。 1986. 熱ストレス時の血小板数と赤血球数の増加、血液粘度と血漿コレステロール値の増加、および冠状動脈と脳の血栓症による死亡率。 Am J Med 81: 795-800.

              ハウ、KT。 1995年。体温と心血管死亡率。 ランセット 345: 337-338.

              Kleinman、MT、DM Davidson、RB Vandagriff、VJ Caiozzo、JL Whittenberger。 1989年。冠動脈疾患のある被験者における一酸化炭素への短期暴露の影響。 Arch Environ Health 44(6):361-369.

              Kloetzel、K、AE deAndrale、J Falleiros、JC Pacheco。 1973. 高血圧と長時間の熱曝露との関係。 J Occup Med 15: 878-880.

              Knave, B. 1994. 電界および磁界と健康転帰—概要。 Scand J Work Environ Health 20、特別号: 78-89。

              Knutsson, A. 1989. シフト労働者および日雇労働者における血清トリグリセリドとガンマグルタミルトランスフェラーゼとの関係。 J Int Med 226:337-339。

              Knutsson、A、T Åkerstedt、BG Jonsson、K Orth-Gomer。 1986 年。交替勤務者における虚血性心疾患のリスクの増加。 ランセット 2:89-92。

              コーンフーバー、HH、G リッソン。 1981. Bluthochdruck—sind Industriestressoren, Lärm oder Akkordarbeit wichtige Ursachen? Deutsche medizinische Wochenschrift 106:1733-1736.

              クリステンセン、TS。 1989年。心血管疾患と労働環境。 Scand J Work Environ Health 15:245-264。

              —。 1994年。心血管疾患と労働環境。 環境制御技術百科事典、PN Cheremisinoff 編。 ヒューストン: 湾岸。

              —。 1995. デマンド コントロール サポート モデル: 将来の研究のための方法論的課題。 ストレス医学 11:17-26。

              Kunst、AE、CWN Looman、および JP Mackenbach。 1993. オランダにおける外気温度と死亡率: 時系列分析。 Am J Epidemiol 137:331-341。

              Landsbergis、PA、SJ Schurman、BA Israel、PL Schnall、MK Hugentobler、J Cahill、および D Baker。 1993年。仕事のストレスと心臓病:予防のための証拠と戦略。 新しいソリューション:42-58.

              Lavie、P、N Chillag、R Epstein、O Tzischinsky、R Givon、S Fuchs、B Shahal。 1989. 交替勤務者の睡眠障害: 不適応症候群のマーカーとして。 仕事のストレス 3:33-40.

              レベデバ、ネバダ州、ST アリモバ、FB エフェンディエフ。 1991. [暖房の微気候にさらされた労働者の死亡率に関する研究 (ロシア語)]。 Gigiena truda i professionalnye zabolevanija 10:12-15.

              Lennernäs、M、T Åkerstedt、および L Hambraeus。 1994 年。20 交替勤務者の夜食と血清コレステロール。 Scand J Work Environ Health 401:406-XNUMX。

              Levi, L. 1972. 心理社会的刺激に対するストレスと苦痛。 Acta Med Scand Suppl。 528。

              —。 1983. ストレスと冠状動脈性心臓病 - 原因、メカニズム、および予防。 Act Nerv Super 25:122-128.

              ロイド、エル。 1991. 虚血性心疾患における風邪の役割: レビュー。 公衆衛生 105:205-215。

              Mannebach、H. 1989。 (ドイツ語で)]。 J Prev Med Health Res 10:1-41。

              マーモット、M および T セオレル。 1991年。社会階級と心血管疾患:仕事の貢献。 The Psychosocial Work Environment、TV Johnson および G Johannson 編集。 アミティビル: ベイウッド。

              マーシャル、M および P Bilderling。 1984. [Hypothenar-Hammer 症候群、および振動関連白指病の重要な鑑別診断 (ドイツ語)]。 Neurotoxizität von Arbeitsstoffen で。 Kausalitätsprobleme beim Berufskrebs。 振動。 [職場の物質による神経毒性。 職業がんの因果関係の問題]、H Konietzko および F Schuckmann によって編集されました。 シュトゥットガルト: ゲントナー。

              Michalak、R、H Ising、および E Rebentisch。 1990. 軍用低空飛行騒音による循環器への急性影響。 Int Arch Occup Environ Health 62:365-372.

              Mielck, A. 1994. Krankheit und soziale Ungleichheit. オプラデン:レスケ&ブドリッチ。

              ミラー、K、MJ スティールズ。 1990. 継続的な激しい騒音下での作業中の末梢血管収縮の持続. Aviat Space Environ Med 61:695-698。

              Mittleman、MA、M Maclure、GH Tofler、JB Sherwood、RJ Goldberg、および JE Muller。 1993. 激しい運動による急性心筋梗塞の誘発。 New Engl J Med 329:1677-1683。
              モリス、JN、JA ヘディ、PAB ラッフル。 1956.ロンドンのバスマンの体格:制服の疫学。 ランセット 2:569-570。

              Morris、JN、A Kagan、DC Pattison、MJ Gardner、および PAB Raffle。 1966 年。ロンドンのバスマンにおける虚血性心疾患の発生率と予測。 ランセット 2:553-559。

              Moulin、JJ、P Wild、B Mantout、M Fournier-Betz、JM Mur、G Smagghe。 1993. ステンレス鋼生産労働者の肺がんおよび心血管疾患による死亡率。 癌は制御を引き起こす 4:75-81。

              Mrowietz、U. 1991. Klinik und Therapie der Lyme-Borreliose。 Informationen über Infektionen [ライム ボレリア症のクリニックと治療。 感染に関する情報—科学会議、ボン、28 年 29 月 1990 ~ XNUMX 日]。 バーゼル: Editiones Roches.

              ムルザ、G、U レーザー。 1990 年、1992 年。 Gesundheitsförderung [健康研究]。 巻。 2 および 4. ビーレフェルト: IDIS。

              国立心臓、肺、血液研究所。 1981.ミシガン大学、職場環境における血圧の管理。 ワシントン DC: 米国政府印刷局。

              Neild、PJ、P Syndercombe-Court、WR Keatinge、GC Donaldson、M Mattock、M Caunce。 1994. プロテイン C または第 X 因子の同等の上昇を伴わない高齢者の赤血球数、血漿コレステロール、および血漿フィブリノーゲンの寒冷誘発増加. Clin Sci Mol Med 86:43-48.

              Nurminen、M および S Hernberg。 1985 年。二硫化炭素にさらされた労働者の心血管死亡率に対する介入の影響: 15 年間の追跡調査。 Brit J Ind Med 42:32-35。

              Olsen, N. 1990. 振動誘発性白指における中枢交感神経系の過敏性。 久留米医学会 37:109-116.

              オルセン、N、TS クリステンセン。 1991年。デンマークにおける心血管疾患に対する作業環境の影響。 J Epidemiol Community Health 45:4-10。

              Orth-Gomer, K. 1983. 交替勤務スケジュールを生物学的リズムに適合させることによる冠状動脈危険因子への介入。 Psychosom Med 45:407-415。

              パフェンバーガー、RS、ME ラフリン、AS ジーマ、RA ブラック。 1970年。冠状動脈性心臓病および脳卒中による死亡に関連する港湾労働者の労働活動。 New Engl J Med 282:1109-1114。

              パン、WH、LA リー、MJ ツァイ。 1995 年。高齢の中国人における極端な気温と冠状動脈性心疾患および脳梗塞による死亡率。 ランセット 345:353-355。

              Parrot、J、JC Petiot、JP Lobreau、HJ Smolik。 1992. インパルス ノイズ、道路交通騒音、LAeq=75 dB での断続的なピンク ノイズの心臓血管への影響、性別、年齢、不安レベルの関数として: 比較研究。 Int Arch Occup Environ Health 63:477-484;485-493.

              ペイト、RR、M プラット、SN ブレア、WL ハスケルなど。 1995. 身体活動と公衆衛生。 Centers for Disease Control and Prevention および American College of Sports Medicine からの推奨事項。 JAMA 273:402-407。

              Pelmear、PL、W Taylor、および DE Wasserman (eds)。 1992. Hand-Arm Vibration: 産業保健専門家のための総合ガイド。 ニューヨーク:ヴァン・ノストランド・ラインホールド。

              Petiot、JC、J Parrot、JP Lobreau、JH Smolik。 1988. 人間の女性における断続的なノイズに対する心血管反応の個人差。 Int J Psychophysiol 6:99-109;111-123。

              ピルスバーグ、HC。 1986. 高血圧、高リポタンパク血症、慢性的な騒音曝露: 蝸牛の病理学に相乗効果はあるか? 喉頭鏡 96:1112-1138。

              パウエル、KE、PD トンプソン、CJ キャスパーセン、JS ケンドリック。 1987. 身体活動と冠動脈疾患の発生率。 Ann Rev Pub Health 8:253-287。

              Rebentisch、E、H Lange-Asschenfeld、H Ising (eds)。 1994. Gesundheitsgefahren durch Lärm: Kenntnisstand der Wirkungen von arbeitslärm, Umweltlärm und lanter Musik [騒音による健康被害: 職場の騒音、環境騒音、大音量の音楽の影響に関する知識の現状]。 ミュンヘン: MMV、Medizin Verlag。

              レドモンド、CK、J ガスティン、E カモン。 1975. 鉄鋼労働者の長期死亡経験: VIII. 平炉鉄鋼労働者の死亡パターン。 J Occup Med 17:40-43.

              レドモンド、CK、JJ エメス、S マズムダー、PC マギー、E カモン。 1979 年。ホットな仕事に従事する鉄鋼労働者の死亡率。 J Environ Pathol Toxicol 2:75-96。

              Reindell、H および H Roskamm (eds)。 1977. Herzkrankheiten: 病態生理学、診断、治療
              [心臓病: 病態生理学、診断、治療]。 ベルリン:スプリンガー。

              Riecker、G(編)。 1988. Therapie innerer Krankheiten [内科疾患の治療]。 ベルリン: スプリンガー。

              ロゴット、E および SJ パジェット。 1976年。1962年から1966年までの米国の選択された地域における気温および降雪量と冠状動脈および脳卒中死亡率の関連。 Am J Epidemiol 103:565-575。

              Romon、M、MC Nuttens、C Fievet、P Pot、JM Bard、D Furon、および JC Fruchart。 1992 年。交替勤務者のトリグリセリド レベルの上昇。 アム J メッド 93:259-262。

              Rutenfranz、J、P Knauth、および D Angersbach。 1981年。シフト勤務の研究問題。 LC Johnson、DI Tepas、WP Colquhoun、および MJ Colligan が編集した Biological Rhythms、Sleep and Shift Work。 ニューヨーク:スペクトラム。

              Saltin, B. 1992. 座りがちなライフスタイル: 過小評価されている健康リスク. J Int Med 232:467-469。
              Schnall、PL、PA Landsbergis、および D Baker。 1994.仕事の緊張と心血管疾患。 Ann Rev Pub Health 15:381-411。

              Schulz、FHおよびH Stobbe(eds)。 1981. Grundlagen und Klinik innerer Erkrankungen [内科疾患の基礎と臨床]。 巻。 III. ベルリン: Volk と Gesundheit。

              Schwarze、S、および SJ トンプソン。 1993. 1988 年以降のノイズの非聴覚生理学的影響に関する研究: レビューと展望。 Bruit et Santé [Noise and Man '93: Noise As a Public Health Problem]、M Vallet 編集。 アルクイユ:インスト。 National de recherche sur les transports et leur securité.

              Siegrist, J. 1995. 社会的危機と健康 (ドイツ語)。 ゲッティンゲン: ホグレフェ。

              Shadick、NA、CB Phillips、EL Logigian、AC Steere、RF Kaplan、VP Berardi、PH Duray、MG Larson、EA Wright、KS Ginsburg、JN Katz、および MH Liang。 1994. ライム病の長期臨床転帰—集団ベースのレトロスペクティブ コホート研究。 アンインターン医学 121:560-567.

              Stern、FB、WE Halperin、RW Hornung、VL Ringenburg、および CS McCammon。 1988 年。一酸化炭素にさらされた橋とトンネルの職員の心臓病死亡率。 Am J Epidemiol 128(6):1276-1288。

              スタウト、RW、V グラウフォード。 1991. 高齢者のフィブリノーゲン濃度の季節変動。 ランセット 338:9-13。

              Sundermann、A(編)。 1987. Lehrbuch der Inneren Medizin [内科の教科書]。 イエナ:グスタフ・フィッシャー。

              Suurnäkki、T、J Ilmarinen、G Wägar、E Järvinen、K Landau。 1987. フィンランドにおける市職員の心血管疾患と職業上のストレス要因。 Int Arch Occup Environ Health 59:107-114.

              Talbott、E、PC Findlay、LH Kuller、LA L​​enkner、KA Matthews、RA Day、EK Ishii。 1990. 騒音による難聴: 騒音にさらされた高齢者集団における高血圧の可能性のあるマーカー。 J Occup Med 32:690-697.

              田中 誠、紺野 優、橋本 優。 1989. 高血圧の進行に対する低温の影響: 疫学研究。 J 高血圧 7 Suppl。 1:549-551。

              Theorell, T. 1993. 職業介入の医学的および心理的側面。 Int Rev Ind Organ Psychol 8: 173-192。

              Theorell、T、G Ahlberg-Hulten、L Alfredsson、A Perski、および F Sigala。 1987. Bullers Effekter Pa Människor. ストレス研究レポート、No. 195。 ストックホルム: 心理社会的要因と健康の国立研究所。

              Theorell、T、A Perski、K Orth-Gomér、U deFaire。 1991. 45 歳前の最初の心筋梗塞後の心臓死のリスクに対する職場復帰の緊張の影響. Int J Cardiol 30: 61-67.

              トンプソン、SJ. 1993. 総説: 人間の慢性的な騒音曝露の耳外健康への影響。 Lärm und Krankheit [Noise and Disease]、H Ising および B Kruppa 編集。 シュトゥットガルト:グスタフ・フィッシャー。

              Tüchsen, F. 1993. デンマーク人男性の労働時間と虚血性心疾患: 入院に関する 4 年間のコホート研究。 Int J Epidemiol 22:215-221。

              国連環境計画 (UNEP)、世界保健機関 (WHO)、および国際放射線防護協会 (IRPA)。 1984. 超低周波 (ELF) フィールド。 環境衛生基準、第 35 号。ジュネーブ: WHO。

              —。 1987年。磁場。 環境衛生基準、No. 69。ジュネーブ: WHO。

              ファン・ダイク、FJH。 1990年。職業上の騒音曝露の非聴覚的影響に関する疫学的研究。 Environ Int 16 (特別号):405-409.

              van Dijk、FJH、JHA Verbeek、FF de Vries。 1987.産業における職業騒音の非聴覚的影響。 V. 造船所での実地調査。 Int Arch Occup Environ Health 59:55-62;133-145.

              Virokannas, H. 1990. 手腕の振動にさらされた労働者の心血管反射。 久留米医学会 37:101-107.

              ウィアー、FW、VL ファビアーノ。 1982. 心血管疾患プロセスの生成または悪化における一酸化炭素の役割の再評価。 J Occup Med 24(7):519-525

              ウェルズ、AJ. 1994年。心臓病の原因としての受動喫煙。 JAMA 24:546-554。

              Wielgosz、AT。 1993. 発展途上国における心臓血管の健康状態の悪化。 世界保健統計 Q 46:90-150。

              Wikström、BO、A Kjellberg、および U Landström。 1994. 全身振動への長期職業暴露の健康影響: レビュー。 Int J Ind Erg 14:273-292。

              ワイルド、P、JJ ムーラン、FX レイ、P シェイファー。 1995. 熱にさらされたカリ鉱山労働者の心血管疾患による死亡率。 疫学 6:243-247。

              Willich、SN、M Lewis、H Löwel、HR Arntz、F Schubert、R Schröder。 1993. 急性心筋梗塞の引き金としての運動。 New Engl J Med 329:1684-1690。

              Wojtczak-Jaroszowa、JおよびD Jarosz。 1986. 高温環境下で雇用された労働者の健康上の苦情、病気、事故。 Canad J Pub Health 77:132-135。

              ウッドハウス、PR、KT カウ、M プラマー。 1993a。 高齢の男性と女性の温度に関連した血圧の季節変動。 J 高血圧 11:1267-1274。

              —。 1993b. 高齢者集団における脂質の季節変動。 エイジエイジング 22:273-278.

              ウッドハウス、PR、KT カウ、TW ミード、Y スターリング、M プラマー。 1994. 高齢者における血漿フィブリノーゲンと第 VII 因子活性の季節変動: 冬の感染症と心血管疾患による死亡。 ランセット 343:435-439。

              世界保健機関のMONICAプロジェクト。 1988. 35 歳から 64 歳の男性と女性における冠状動脈性心臓病の主要な危険因子の地理的変動。 世界保健統計 Q 41:115-140。

              —。 1994. 世界保健機関の MONICA プロジェクトにおける心筋梗塞と冠状動脈死亡。 38 大陸 21 か国の 90 集団における登録手順、イベント発生率、および致死率。 回覧 583:612-XNUMX。

              世界保健機関 (WHO)。 1973 年。労働衛生における環境および健康モニタリングに関する WHO 専門家委員会の報告書。 テクニカル レポート シリーズ、No. 535。ジュネーブ: WHO。

              —。 1975 年。国際疾病分類、第 9 回改訂。 ジュネーブ:WHO

              —。 1985 年。職業関連疾患の特定と管理。 テクニカル レポート シリーズ、No. 714。ジュネーブ: WHO。

              —。 1994a。 心血管疾患の危険因子: 新しい研究分野。 テクニカル レポート シリーズ、No. 841.ジュネーブ: WHO。

              —。 1994b. World Health Statistics Annual 1993. ジュネーブ: WHO。

              ウィンダム、CH、SA フェリンガム。 1978年。気候と病気。 S Afr Med J 53:1051-1061。

              Zhao、Y、S Liu、および S Zhang。 1994. 雄ラットの心拍数および ECG ST セグメントに対する短期ノイズ曝露の影響。 In Health Hazards from Noise: State of the Knowledge of the Effects of Workplace Noise, Environmental Noise, and Loud Music, edit by E Rebentisch, H Lange-Asschenfeld, and H Ising. ミュンヘン: MMV、Medizin Verlag。