金曜日、2月11 2011 20:11

小規模企業における産業保健サービス

このアイテムを評価
(0票)

小規模企業 (SSE) の労働者をカバーすることは、おそらく、産業保健サービスを提供するシステムにとって最も困難な課題です。 ほとんどの国で、SSE はビジネスおよび産業事業の大部分を占めており、一部の発展途上国や新興工業国では 90% に達し、経済のあらゆる分野で見られます。 彼らは平均して、経済協力開発機構に属する先進国の労働力の約 40% を雇用し、発展途上国および新興工業国の労働力の最大 60% を雇用しています。 彼らの労働者は、大企業の労働者よりもおそらくさらに広範囲の危険にさらされているが (Reverente 1992; Hasle et al. 1986)、通常、現代の労働安全衛生サービスへのアクセスは、あったとしてもほとんどない。

小規模企業の定義

小規模企業は、設備投資額、年間収益額、従業員数などの特徴に基づいて分類されます。 コンテキストに応じて、最後のカテゴリの従業員数は 500 人から XNUMX 人の範囲です。 この記事では、用語 SSE 最も広く受け入れられている定義である、従業員数が 50 人以下の企業に適用されます (ILO 1986)。

SSE は、国家経済において重要性を増しています。 彼らは雇用集約的で、急速に変化する市場状況に柔軟に適応し、そうでなければ失業していたであろう多くの人々に雇用機会を提供します。 多くの場合、資本要件は低く、消費者やクライアントの近くで商品やサービスを生産できます。

また、欠点もあります。 彼らの寿命はしばしば短く、彼らの活動を監視することは困難であり、多くの場合、彼らのわずかな利益は、労働時間と作業負荷の強度、および職業上の危険にさらされるという点で、労働者 (しばしば彼らの所有者でもあります) を犠牲にしてのみ達成されます。健康リスク。

SSEの労働力

SSE の従業員は、その多様性によって特徴付けられます。 多くの場合、マネージャーとその家族のメンバーで構成されます。 SSE は、若者に仕事の世界への入り口を提供し、大企業から離れた高齢者や余剰労働者に有意義な活動を提供します。 その結果、子供、妊婦、高齢者などの脆弱なグループを職業上の健康リスクにさらすことがよくあります。 さらに、多くの SSE は家の中または近くで行われるため、家族や隣人を職場の物理的および化学的危険にさらすことが多く、空気や水、または施設の近くで栽培された食品の汚染によって公衆衛生上の問題を引き起こします。

SSE 労働者の教育レベルと社会経済的地位は大きく異なりますが、多くの場合、労働力全体の平均よりも低くなっています。 特に関連するのは、それらの所有者/管理者が運用と管理のトレーニングをほとんど受けておらず、職業上の健康リスクの認識、予防、および管理のトレーニングも受けていない可能性があるという事実です。 適切な教育リソースが利用できる場合でも、それらを利用するための時間、エネルギー、および財源が不足していることがよくあります。

SSEの労働災害と労働者の健康状態

SSE の他のすべての側面と同様に、SSE の労働条件は、企業の一般的な性質、生産の種類、所有権、場所によって大きく異なります。 一般に、労働安全衛生上の危険は、大企業で遭遇するものとほとんど同じですが、上記のように、それらへの曝露は大企業よりも大幅に高いことがよくあります。 しかし時折、SSE の労働条件は、同様のタイプの生産を行う大企業の労働条件よりもはるかに良い場合があります (Paoli 1992)。

非常に少数の研究が報告されていますが、フィンランド (Huuskonen and Rantala 1985) やドイツ (Hauss 1992) などの工業国における SSE の労働者の健康に関する調査で、健康問題の発生率が比較的高いことが明らかになったことは驚くべきことではありません。そのうちの 1992 つは、仕事の能力の低下に関連しているか、および/または元が仕事に関連していました。 開発途上国の SSE では、職業病および仕事関連の健康問題の有病率がさらに高いことが報告されています (Reverente XNUMX)。

SSEのための産業保健サービスへの障壁

SSE への産業保健サービスの提供には、構造的、経済的、心理的な大きな障壁があります。 それらには次のものが含まれます。

    1. 伝統的に、ほとんどの国の労働安全衛生法は SSE を免除しており、一般に製造業にのみ適用されます。 「インフォーマル セクター」(自営業者などを含む)と農業は対象外でした。 法律の対象範囲が広かったとしても、従業員数が少ない企業には適用されませんでした。通常、500 人の従業員が下限でした。 最近、一部の国(フランス、ベルギー、北欧諸国など)では、経済の規模や部門に関係なく、すべての企業に労働衛生サービスの提供を義務付ける法律が制定されました(Rantanen 1990)。
    2. この記事で定義されているように、SSE は小さすぎて工場内の労働衛生サービスを正当化できません。 産業の種類や生産方法、組織や運営のスタイルが多様であり、地理的にも広い地域に分散しているため、すべてのニーズを満たす産業保健サービスを組織することは困難です。
    3. 経済的障壁はかなりのものです。 多くの SSE は存続の危機に瀕しており、将来的に大幅な節約が約束されていても、運用コストを追加する余裕はありません。 さらに、彼らは、所有者/管理者、ましてや従業員に対して、危険の認識、防止、管理に関する教育や訓練を受ける余裕がないかもしれません。 一部の国は、政府機関または社会保障機関からの補助金を提供することによって経済問題に対処したり (Rantanen 1994)、SSE の一般的な経済的および社会的発展を促進するプログラムに産業保健サービスを含めたりしています (Kogi, Phoon and Thurman 1988)。
    4. 財政的な制約が妨げにならない場合でも、SSE の所有者/管理者は、仕事と健康の関係について必要な基本的な理解を得るために必要な時間とエネルギーを費やすことをためらうことがよくあります。 しかし、いったん習得すると、SSE は職場で情報と能力を適用することに非常に成功する可能性があります (Niemi and Notkola 1991; Niemi et al. 1991)。
    5. 非公式部門や小規模農業の企業はめったに登録されておらず、公的機関との正式なつながりが弱いか存在しない可能性があります。 ビジネスとして行われる活動は、個人の家庭や家族が関与するものと区別するのが難しい場合があります。 その結果、プライバシーに関する懸念や、「部外者」による介入への抵抗が生じる可能性があります。 SSE は、業界団体やコミュニティ組織に関与することに抵抗することが多く、おそらくほとんどの場合、従業員は組合員ではありません。 このような障壁を克服するために、一部の国では、情報の配布、公式の労働安全衛生機関による SSE 向けの特別なトレーニングの機会の作成、および労働衛生サービスの提供のためのプライマリ ケア モデルの採用のために普及組織を使用しています (ジェヤラトナム 1992)。
    6. 多くの SSE はコミュニティに配置されており、緊急およびプライマリ ケア サービスにすぐにアクセスできます。 しかし、医師や看護師は、職業上の危険とその影響に関する知識と経験が不足しているため、職業病を認識できないことが多く、さらに重要なこととして、必要な予防と管理の手段を講じる機会が失われています。

               

              労働安全衛生サービスをカバーする国際文書

              一部の国では、労働安全衛生活動は労働省の管轄下にあり、特別な労働安全衛生当局によって規制されています。 他の国では、この責任は労働省、保健省、および/または社会問題省によって分担されています。 イタリアなど一部の国では、産業保健サービスに関する規制が保健法に組み込まれているか、フィンランドのように特別法に組み込まれています。 米国と英国では、産業保健サービスの提供は自発的に行われていますが、スウェーデンなどでは、かつて労働協約によって規制されていました。

              ILO 労働安全衛生条約 (第 155 号) (ILO 1981a) は、各国政府に対し、所轄官庁が実施する経済のすべての部門のすべての企業に適用される労働安全衛生に関する政策を組織することを要求しています。 この条約は、当局、使用者、および労働者の責任を規定し、付随する勧告第 164 号によって補足されて、国および地方レベルの両方で、すべての関係者の主要な労働安全衛生活動を定義しています。

              ILO は、1985 年に労働衛生サービスに関する国際条約第 161 号および第 171 号勧告によってこれらを補足しました。 これらには、労働衛生サービスの政策設計、管理、検査および協力、労働安全衛生チームによる活動、運営条件、および雇用主と労働者の責任に関する規定が含まれており、さらに、労働衛生サービスを次のレベルで組織化するためのガイドラインを提供しています。企業。 それらは SSE を特定していませんが、産業保健サービスには規模の制限が設定されておらず、組織に必要な柔軟性が強調されているため、これらを念頭に置いて開発されました。

              残念ながら、これらの ILO 文書の批准は、特に発展途上国では限定的です。 先進国の経験に基づくと、政府当局による特別な行動と支援がなければ、SSE で ILO 原則の実施は行われない可能性があります。

              WHO は、産業保健サービスの開発を積極的に推進してきました。 法的要件の調査は 1989 年の協議で行われ (WHO 1989a)、労働衛生サービスのさまざまな側面に関する一連の約 20 の技術文書が WHO 本部によって発行されました。 1985 年と 1992 年に、ヨーロッパの WHO 地域事務局は、ヨーロッパにおける労働衛生サービスの調査を実施し、報告しました。一方、汎アメリカ保健機構は、一般的な労働衛生活動を促進し、調査を実施することにより、1992 年を労働衛生の特別な年として指定しました。中南米での特別プログラム。

              欧州連合は、労働安全衛生に関する 16 の指令を発行しました。その中で最も重要なものは、「フレームワーク指令」(CEC 391) と呼ばれる指令 1989/1989 です。 これらには、雇用主にさまざまな技術施設の健康リスク評価を組織することや、特別な危険にさらされている労働者の健康診断を提供することを要求するなど、特定の措置に関する規定が含まれています。 また、重い荷物の取り扱いやビデオ ディスプレイ ユニットでの作業など、物理的、化学的、生物学的危険から労働者を保護することもカバーしています。

              これらの国際的な文書や取り組みはすべて、SSE を念頭に置いて開発されたものですが、実際には、その規定のほとんどは大企業に対してのみ実用的です。 SSE に対して同様のレベルの労働衛生サービスを組織するための効果的なモデルは、まだ開発されていません。

              SSEのための労働衛生サービスの組織化

              前述のように、SSE の規模が小さく、地理的に分散しており、仕事の種類と条件が多様であり、経済的および人的資源に大きな制限があるため、SSE 向けの産業保健サービスを効率的に組織することは困難です。 この章で詳細に説明されている産業保健サービスを提供するためのさまざまなモデルのうち、SSE に適応できるのはごくわずかです。

              おそらく唯一の例外は、大企業の分散した事業単位である SSE です。 これらは通常、組織全体のために確立されたポリシーによって管理され、全社的な教育およびトレーニング活動に参加し、通常は中央労働衛生サービスに配置された産業衛生の専門家の学際的なチームにアクセスできます。企業。 このモデルの成功の主な要因は、労働安全衛生活動のすべての費用が中央労働衛生部門または一般的な企業予算によって賄われていることです。 ますます一般的になっているように、コストが SSE の運営予算に割り当てられる場合、その特定の企業の収益性に基づいて業績が判断される可能性がある現地マネージャーの完全な協力を得ることが難しい場合があります。

              いくつかの中小企業が共同で組織したグループ サービスは、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、オランダ、フランスなど、ヨーロッパのいくつかの国で成功裏に実施されています。 他のいくつかの国では、政府の補助金や民間財団の助けを借りて実験されていますが、補助金の終了後は生き残っていません.

              グループ・サービス・モデルの興味深い変更は、ブランチ指向のサービスです。これは、建設、林業、農業、食品産業など、すべて同じタイプの産業で活動する多数の企業にサービスを提供します。 このモデルにより、サービス ユニットは支部に典型的な問題に特化できるため、サービスを提供する部門で高い能力を蓄積できます。 そのようなモデルの有名な例は、建設業界にサービスを提供するスウェーデンのビグガルサンです。

              注目すべき例外は、労働組合によって組織された取り決めであり、その組合員は、単一の産業 (例えば、医療従事者、食肉加工業者、オフィス ワーカー、および衣料品労働者) の広く散在する SSE で雇用されています。 通常は労働協約に基づいて組織され、使用者の拠出金によって賄われますが、通常は使用者と労働者の両方の代表者で構成される理事会によって管理されます。 一部の企業は、地域の保健センターを運営しており、労働者だけでなく、多くの場合、その扶養家族にも幅広い一次および専門の臨床サービスを提供しています。

              場合によっては、産業保健サービスは、病院の外来診療所、民間の保健センター、地域のプライマリ ケア センターによって提供されています。 彼らは、仕事に関連した急性の怪我や病気の治療に焦点を当てる傾向があり、おそらく定期的な健康診断を除いて、予防サービスを提供することはほとんどありません. 彼らのスタッフは、多くの場合、労働安全衛生についての知識が乏しく、通常、サービスごとに料金が支払われるという事実は、職場の危険の監視、防止、および管理に関与する大きなインセンティブを提供しません。

              これらの「外部サービス」協定の特に不利な点は、顧客またはクライアントとそれらを使用する顧客との関係が、ILO条約およびその他の国際協定で規定されているこれらのサービスの計画と監視への雇用主と労働者の参加と協力を一般的に妨げていることです。労働安全衛生サービスを導くために作成された手段。

              もう XNUMX つのバリエーションは「社会保障モデル」です。このモデルでは、職業上の病気やけがの補償費用を負担するのと同じ組織によって職業上の健康サービスが提供されます。 これにより、サービスに資金を提供するためのリソースの可用性が容易になります。このサービスでは、治療およびリハビリテーション サービスが取り上げられますが、予防サービスが優先されることがよくあります。

              フィンランドで実施された大規模な研究 (Kalimo et al. 1989) は、産業保健サービスを評価するための数少ない試みの 70 つであり、地方自治体の保健センターと民間の保健センターが SSE への産業保健サービスの主要な提供者であり、その後、グループまたは共有センター。 企業が小規模であるほど、自治体の保健センターを利用する可能性が高くなります。 従業員が 1 人から 2 人の SSE の最大 XNUMX% が、地方自治体の保健センターからサービスを受けていました。 この調査の重要な調査結果には、(XNUMX) 顧客企業の労働条件と特定の職業上の健康問題、および (XNUMX) 必要性についての知識を得るために、SSE にサービスを提供するセンターの職員による職場訪問の価値の検証が含まれていました。サービスの提供に着手する前に、労働安全衛生に関する特別なトレーニングを提供すること。

              SSEのための産業保健サービスの活動の種類

              SSE 向けに設計された労働衛生サービスは、国内の法律と慣行、関連する作業と作業環境の種類、労働者の特徴と健康状態、およびリソースの利用可能性 (SSE が支払う能力の両方の観点から) によって大きく異なります。労働衛生サービス、および地域の医療施設と人員の利用可能性)。 上で引用した国際文書と地域のセミナーと協議に基づいて、包括的な産業保健サービスのための活動のリストが作成された (Rantanen 1989; WHO 1989a, 1989b)。 労働衛生サービス プログラムに常に含まれている必要があり、SSE に関連するいくつかの重要な活動は、これらのレポートからピックアップできます。 たとえば、次のようなものがあります。

              企業の労働衛生ニーズの評価

              • 企業の活動の予備分析と、そのような職場に共通する健康と安全の危険の特定
              • 特定の企業に実際に存在する危険を特定および定量化するための職場の検査および監視
              • それらが提示するリスクの程度を評価し、緊急性と優先度の順にランク付けする
              • 生産方法、設備、材料に変更があった場合はいつでも、ハザード評価を繰り返します。

               

              職場における予防および管理活動

              • 所有者/管理者および労働者の代表者への評価結果の伝達
              • 緊急性と実現可能性の観点から、それらに相対的な優先順位を割り当て、必要かつ利用可能な予防と制御の手段を特定する
              • それらのインストールと実装を監督する
              • それらの継続的な有効性を監視します。

               

              働く人のための予防活動

              • 配置前、スクリーニング、および定期検査による労働者の健康状態の評価と監視。これは一般的なものであると同時に、労働者がさらされた可能性のある特定の危険の生物学的影響に焦点を当てたものでもあります。
              • 非常に若い人、高齢者、後天的な病気や障害を持つ人々などの脆弱なグループに特に注意を払いながら、労働者の継続的な健康と安全を促進するための仕事、職場、職場環境の適応
              • 適切な作業慣行に関する健康教育とトレーニングを労働者に提供する
              • 所有者/管理者および監督者に教育とトレーニングを提供し、労働者の健康ニーズの認識と、適切な予防および管理措置を開始する動機付けを教え込みます。

               

              治癒活動

              • 職業上の怪我や病気に対する適切な診断、治療、リハビリサービスの提供または手配
              • 回避可能な障害を未然に防ぐための早期リハビリテーションを提供または手配し、早期の職場復帰を可能にする仕事の調整を奨励および監督する
              • 応急処置と緊急時の手順に関する教育とトレーニング (および定期的な再トレーニング) を提供する
              • 流出、火災、爆発などの重大な緊急事態に対処するための手順を確立し、訓練訓練を実施する
              • 一般的な健康と福利を促進するプログラムへの労働者の関与を提供または手配する。

               

              記録管理と評価

              • 労働災害、負傷、疾病、および可能であれば被ばくに関する適切な記録を作成し、保持する。 そのようなデータに基づいて、企業の全体的な健康と安全の状態を評価する
              • 危険防止および管理手段の有効性を監視する。

               

              上記の主要な活動のリストに暗示されているのは、労働衛生、人間工学、労働生理学、安全工学、労働精神医学および心理学などの労働安全衛生の専門分野におけるアドバイスと相談を適切に利用できることです。 そのような専門家は、SSE に産業保健サービスを提供する施設の職員として代表されることはほとんどありませんが、必要に応じて、通常は政府機関、大学、および民間のコンサルティング リソースによって提供されます。

              SSE の所有者/管理者は、洗練度と時間が不足しているため、製品の有効性と信頼性を安全装置の提供者に大きく依存せざるを得ず、完全で明確な情報を化学物質やその他の生産材料の供給者に依存することを余儀なくされています。それらがもたらす可能性のある危険性と、それらをどのように防止または制御できるかについての情報 (例: データシート)。 したがって、適切なラベリング、製品の品質と信頼性、および製品の使用と保管だけでなく、機器の使用と保守に関するわかりやすい情報 (現地の言語で) の提供をカバーする国内法および規制が存在することが重要です。 バックアップとして、SSE が多くの場合メンバーである貿易およびコミュニティ組織は、ニュースレターやその他の通信で、潜在的に危険な曝露の防止と管理に関する情報を取り上げるべきです。

              結論

              国民経済にとって重要であり、国の労働力の大部分の雇用者としての役割にもかかわらず、SSE、自営業者、および農業は、通常、産業保健サービスのサービスが十分に提供されていない部門です。 ILO 第 161 号条約と第 171 号勧告は、SSE 向けのそのようなサービスの開発に関する関連ガイドラインを提供しており、すべての国によって批准され、実施されるべきです。 各国政府は、すべての職場に労働安全衛生サービスを提供するために必要な法的、行政的、財政的メカニズムを開発する必要があります。これにより、潜在的な危険への暴露を効果的に特定、防止、制御し、最適なレベルの健康状態、幸福の向上と維持を促進します。そしてすべての労働者の生産能力。 情報と経験の交換、適切な基準とガイドラインの開発、および関連する訓練と研究プログラムの実施を促進するために、ILO と WHO によって提供されるような、国際、地域、および準地域レベルでの協力が奨励されるべきである。

              SSE は、多くの場合、産業保健部門のサービスを積極的に利用することに消極的である可能性があります。 これを考慮して、一部の政府や機関、特に北欧諸国では、サービスの確立または開発のための大規模な介入を開始することにより、新しい戦略を採用しています。 たとえば、フィンランド産業衛生研究所は現在、600 人の労働者を雇用する 16,000 の SSE に対して、労働衛生サービスの開発、作業能力の維持、近隣の環境災害の防止、および職業上の SSE の能力の向上を目的としたアクション プログラムを実施しています。健康と安全。

               

              戻る

              読む 8560 <font style="vertical-align: inherit;">回数</font> 最終更新日: 23 年 2022 月 20 日 (土) 24:XNUMX

              免責事項: ILO は、この Web ポータルに掲載されているコンテンツが英語以外の言語で提示されていることについて責任を負いません。英語は、オリジナル コンテンツの最初の制作およびピア レビューに使用される言語です。その後、特定の統計が更新されていません。百科事典の第 4 版 (1998 年) の作成。

              内容

              労働衛生サービスの参考文献

              職業環境クリニック協会(AOEC)。 1995. メンバーシップ ディレクトリ。 ワシントン DC: AOEC。

              労働保護基本法。 1993. Rossijskaja Gazeta (モスクワ)、1 月 XNUMX 日。

              Bencko、V および G Ungváry。 1994. 工業化のリスク評価と環境問題: 中央ヨーロッパの経験。 J Jeyaratnam と KS Chia によって編集された職業上の健康と国家開発。 シンガポール: 世界科学。

              バード、FE、GL ジェルマン。 1990. 実践的損失管理リーダーシップ。 ジョージア: International Loss Control Institute の Institute Publishing Division。

              バン、WB。 1985.産業用医療監視プログラム。 アトランタ: 疾病管理センター (CDC)。

              —。 1995. 国際職業医療行為の範囲。 占領中。 印刷中。

              国務省(BNA)。 1991 年。労災補償報告書。 巻。 2. ワシントン DC: BNA。

              —。 1994 年。労災補償報告書。 巻。 5. ワシントン DC: BNA。
              中国日報。 1994a。 外国からの投資を呼び込むために、新しいセクターが開かれました。 18月XNUMX日。

              —。 1994b. 外国人投資家は政策変更の恩恵を受けます。 18月XNUMX日。

              欧州共同体評議会 (CEC)。 1989. 職場での労働者の安全と健康の改善を奨励するための措置の導入に関する理事会指令。 ブリュッセル: CEC.

              ロシア連邦の憲法。 1993. Izvestija (モスクワ)、No. 215、10 月 XNUMX 日。

              チェコとスロバキア連邦共和国。 1991a。 保健セクター: 問題と優先事項。 中央および東ヨーロッパ部門の人事部。 ヨーロッパ、中東、北アフリカ地域、世界銀行。

              —。 1991b. 共同環境調査。

              雇用機会均等委員会 (EEOC) および司法省。 1991. Americans with Disabilities Act Handbook。 EEOC-BK-19、P.1。 1月2日、XNUMX日。

              欧州委員会 (EC)。 1994. 職場の安全と健康のためのヨーロッパ。 ルクセンブルグ: EC.

              フェルトン、JS。 1976 年。米国における 200 年の産業医学。 J Occup Med 18:800。

              Goelzer, B. 1993. 小規模産業における化学的および物理的危険の管理に関するガイドライン。 小規模企業の労働者の健康保護と健康増進に関する地域間タスク グループの作業文書、1 月 3 ~ XNUMX 日、タイ、バンコク。 バンコク: ILO.

              Hasle、P、S Samathakorn、C Veeradejkriengkrai、C Chavalitnitikul、および J Takala。 1986. タイの小規模企業の労働条件と環境に関する調査、NICE プロジェクト。 テクニカル レポート、No. 12。バンコク: NICE/UNDP/ILO。

              Hauss, F. 1992. 工芸品の健康増進。 ドルトムント: Forschung FB 656.

              彼、JS. 1993. 全国労働衛生に関する作業報告書。 全国産業衛生会議でのスピーチ。 中国、北京: 公衆衛生省 (MOPH)。

              健康基準局.1993。 国家診断基準の議事録および職業病の管理の原則。 北京、中国: 中国標準化プレス。

              Huuskonen、MおよびK Rantala。 1985 年。1981 年に小規模企業の労働環境。ヘルシンキ: Kansaneläkelaitos。

              労働条件と環境の改善: 国際プログラム (PIACT)。 労働条件と環境の改善のための国際プログラム (PIACT) の評価。 1984 年。第 70 回国際労働会議に報告。 ジュネーブ: ILO.

              医学研究所 (IOM)。 1993. 環境医学と医学部のカリキュラム。 ワシントン DC: ナショナル アカデミー プレス。

              産業衛生研究所 (IOH)。 1979. 産業保健法および国務院令第 1009 号、フィンランドの翻訳。 フィンランド: IOH.

              産業医学研究所.1987. 職場の空気中の化学的危険を監視および分析する方法。 北京、中国: People's Health Press。

              国際労働衛生委員会 (ICOH)。 1992 年。産業保健専門家のための国際倫理規定。 ジュネーブ: ICOH。

              国際労働機関 (ILO)。 1959 年労働衛生サービス勧告、1959 年 (第 112 号)。 ジュネーブ: ILO.

              —。 1964 年。1964 年の業務災害給付条約(第 121 号)。 ジュネーブ: ILO.

              —。 1981a。 労働安全衛生条約、1981 年 (第 155 号)。 ジュネーブ: ILO.

              —。 1981b. 労働安全衛生勧告、1981 年 (第 164 号)。 ジュネーブ: ILO.

              —。 1984. 労働条件および環境の改善に関する決議。 ジュネーブ: ILO.

              —。 1985a。 1985 年の労働衛生サービス条約(第 161 号)。 ジュネーブ: ILO

              —。 1985b. 職業保健サービス勧告、1985 年 (第 171 号)。 ジュネーブ: ILO.

              —。 1986. 中小企業の振興。 国際労働会議、第 72 セッション。 Ⅵを報告する。 ジュネーブ: ILO.

              国際社会保障協会 (ISSA)。 1995. 防止コンセプト「Safety Worldwide」。 ジュネーブ: ILO.

              Jeyaratnam, J. 1992. 産業保健サービスと発展途上国。 J Jeyaratnam が編集した、発展途上国における職業上の健康。 オックスフォード: OUP.

              —。 および KS Chia (eds.)。 1994年。労働衛生と国家開発。 シンガポール: 世界科学。

              労働衛生に関する ILO/WHO 合同委員会。 1950. 28 年 2 月 1950 日~XNUMX 月 XNUMX 日の第 XNUMX 回会合の報告書。ジュネーブ: ILO。

              —。 1992 年。第 254 セッション、文書番号 GB.11/11/XNUMX。 ジュネーブ: ILO.

              —。 1995a。 労働衛生の定義。 ジュネーブ: ILO.

              —。 1995b. 第 264 セッション、文書番号 GB.11/STM/XNUMX。 ジュネーブ: ILO.

              カリモ、E、カリスト、T クラウクラ、R レートネン、K ナイマン、R ライタサロ。 1989. 1980 年代半ばのフィンランドの労働衛生サービス。 ヘルシンキ: Kansaneläkelaitos。

              Kogi、K、WO Phoon、JE Thurman。 1988. 労働条件を改善する低コストの方法: アジアからの 100 の例。 ジュネーブ: ILO.

              Kroon、PJ、MA Overeynder。 1991. EC の XNUMX つの加盟国における労働衛生サービス。 アムステルダム: Studiecentrum Arbeid & Gezonheid, Univ. アムステルダムの。

              ロシア連邦の労働法。 1993. ザコン、補遺。 Izvestija (モスクワ) へ、5 月: 41-XNUMX。

              マッカニー、RJ. 1994. 産業医療サービス。 RJ McCunneyによって編集された職業および環境医学の実践ガイド。 ボストン:Little, Brown & Co.

              —。 1995. 産業保健サービスのマネージャー向けガイド。 ボストン: OEM Press とアメリカ職業環境医学会。

              チェコ共和国保健省。 1992. チェコ共和国における健康の回復と促進の国家プログラム。 プラハ: 国立健康増進センター。

              公衆衛生省 (MOPH)。 1957. 産業企業における医療および健康機関の設立と人員配置に関する勧告。 中国、北京:MOPH。

              —。 1979. 国家建設委員会、国家計画委員会、国家経済委員会、労働省: 工業施設の設計に関する衛生基準。 中国、北京:MOPH。

              —。 1984.職業病診断の管理規則。 文書番号 16。中国、北京: MOPH。

              —。 1985. 職場の空中浮遊粉塵測定方法。 文書番号 GB5748-85。 中国、北京:MOPH。

              —。 1987. 公衆衛生部、労働部、財政部、中華人民共和国総工会: 職業病リストの管理規則と患者のケア。 文書番号60。 中国、北京:MOPH。

              —。 1991a。 健康検査統計管理規程文書番号 25。中国、北京: MOPH。

              —。 1991b. 産業保健サービスと検査のガイドライン。 中国、北京:MOPH。

              —。 1992年。じん肺に関する全国調査の議事録。 北京、中国: 北京医科大学出版局。

              —。 1994 年 1988 年から 1994 年にかけての健康検査統計年報。 北京、中国: 健康検査局、MOPH。

              社会問題および雇用省。 1994 年。病気休暇を減らし、労働条件を改善するための措置。 デンハーグ、オランダ: 社会問題および雇用省。

              国立労働衛生報告センター (NCOHR)。 1994 年。1987 年から 1994 年の労働衛生状況の年次報告書。 北京、中国: NCOHR。

              国民健康保険制度。 1992. 市場および実現可能性調査。 イリノイ州オークブルック: 国民保健システム。

              国家統計局。 1993 年。中華人民共和国国家統計年鑑。 中国、北京:国家統計局。

              ニール、AC、FB ライト。 1992. 欧州共同体の健康と安全に関する法律。 ロンドン:チャップマン&ホール。

              ニューカーク、WL。 1993. 産業保健サービス。 シカゴ: アメリカン ホスピタル パブリッシング。

              Niemi、J、V Notkola。 1991. 小規模企業における労働安全衛生: 起業家の態度、知識、および行動。 Työ ja ihminen 5:345-360.

              Niemi、J、J Heikkonen、V Notkola、K Husman。 1991. 小規模企業における作業環境の改善を促進するための介入プログラム: 介入モデルの機能的妥当性と有効性。 Työ ja ihminen 5:361-379.

              パオリ、P. 労働環境に関する最初のヨーロッパ調査、1991-1992。 ダブリン: 生活と労働条件の改善のための欧州財団。

              Pelclová、D、CH Weinstein、J Vejlupková。 1994. チェコ共和国の労働衛生: 古いソリューションと新しいソリューション。

              ポクロフスキー、VI。 1993 年。環境、職業条件、およびロシア国民の健康への影響。 1993 年 XNUMX 月、プラハで開催された東ヨーロッパおよび中央ヨーロッパの人間の健康と環境に関する国際会議で発表されました。

              Rantanen, J. 1989. 職業保健サービスの組織と運営に関するガイドライン。 論文は、2 月 5 日から XNUMX 日までマニラで開催された産業保健サービス機構に関する ILO アジア準地域セミナーで発表されました。

              —。 1990. 産業保健サービス。 ヨーロピアン シリーズ、No. 26。コペンハーゲン: WHO 地域刊行物

              —。 1991. ILO 職業保健サービス条約第 161 号および勧告第 171 号に照らした産業保健サービスの組織および運営に関するガイドライン。モンバサ。

              —。 1992. 職場での行動のために工場レベルのコラボレーションを組織する方法。 Afr Newslttr Occup Health Safety 2 Suppl。 2:80-87。

              —。 1994. 小規模企業における健康保護と健康増進。 ヘルシンキ: フィンランド産業衛生研究所。

              —、S Lehtinen、およびM Mikheev。 1994. 小規模企業における健康増進と健康保護。 ジュネーブ: WHO.

              —、—、R カリモ、H ノードマン、E ヴァイニオ、ヴィイカリ ジュンチュラ。 1994. 労働衛生における新たな流行。 人と仕事。 調査報告書 No.l. ヘルシンキ: フィンランド産業衛生研究所。

              Resnick, R. 1992. 管理されたケアは労働者の補償に来る。 バスの健康状態 (34 月):XNUMX.

              Reverente、BR。 1992 年。小規模産業向けの産業保健サービス。 J Jeyaratnam が編集した開発途上国の職業上の健康。 オックスフォード: OUP.

              ローゼンストック、L、W ダニエル、S バーンハート。 1992. 学術関連の産業および環境医学クリニックでの 10 年間の経験。 ウェスタン J メッド 157:425-429。

              —。 そしてNヘイヤー。 1982. 職場外の産業医療サービスの出現。 Am J Ind Med 3:217-223。

              米国の統計抄録。 1994. 第 114 版:438.

              Tweed, V. 1994. 24 時間ケアへの移行。 バスの健康状態 (55 月):XNUMX。

              国連環境開発会議 (UNCED)。 1992年、リオデジャネイロ。

              アーバン、P、L Hamsová、および R. Nemecek。 1993. 1992 年にチェコ共和国で認められた職業病の概要. プラハ: 国立公衆衛生研究所.

              米国労働省。 1995年。雇用と収入。 42(1):214.

              世界保健機関 (WHO)。 1981 年。2000 年までに万人のための健康のためのグローバル戦略。
              すべての人の健康、第 3 位。ジュネーブ: WHO。

              —。 1982. 労働衛生および産業衛生サービスの評価。 ワーキンググループの報告。 EURO Reports and Studies No. 56. コペンハーゲン: WHO ヨーロッパ地域事務局。

              —。 1987 年。 みんなの健康、No.1990。 ジュネーブ: WHO.

              —。 1989a。 労働衛生サービスに関する協議、ヘルシンキ、22 年 24 月 1989 ~ XNUMX 日。ジュネーブ: WHO。

              —。 1989b. 22 年 24 月 1989 ~ 134 日、ヘルシンキ、労働衛生サービスに関する協議の最終報告書。発行番号 ICP/OCH XNUMX。コペンハーゲン: WHO ヨーロッパ地域事務局。

              —。 1989c。 職場でのプライマリーヘルスケアのためのサポートモデル立法の開発に関する WHO 計画会議の報告。 7 年 1989 月 XNUMX 日、フィンランド、ヘルシンキ。 ジュネーブ: WHO.

              —。 1990. 産業保健サービス。 カントリー レポート。 EUR/HFA ターゲット 25。コペンハーゲン: WHO ヨーロッパ地域事務所。

              —。 1992. 私たちの惑星: 私たちの健康。 ジュネーブ: WHO.

              —。 1993. 健康と環境のための WHO グローバル戦略。 ジュネーブ: WHO.

              —。 1995a。 ヨーロッパの明日への懸念。 チャプ。 労働衛生で15。 コペンハーゲン: WHO ヨーロッパ地域事務所。

              —。 1995b. すべての人のための労働衛生に関するグローバル戦略。 職場での健康への道:11 年 14 月 1994 ~ XNUMX 日、中国北京の WHO 労働衛生協力センターの第 XNUMX 回会合の勧告。 ジュネーブ: WHO.

              —。 1995c。 Health-For-All 戦略の見直し。 ジュネーブ: WHO.

              社会開発のための世界サミット。 1995 年。宣言と行動計画。 コペンハーゲン: 社会開発のための世界サミット。

              Zaldman, B. 1990. 工業用医薬品。 Jワーカーコンプ:21。
              Zhu, G. 1990. 新中国における予防医療実践の歴史的経験。 北京、中国: People's Health Press。