水曜日、2月23 2011 01:02

技術移転と技術選択

このアイテムを評価
(0票)

最近の急速な移行期

先進国から開発途上国への産業の移動は、通常、労働コストの低下によって説明されます。 企業はまた、海外市場で生産することによって輸送コストを削減し、貿易障壁を克服し、通貨市場の変動を回避するために、海外での事業を確立します。 しかし、一部の企業は、国内での職業上および環境上の規制や施行から逃れるために発展途上国に移住しています。 多くの国にとって、そのような投資は新しい雇用の主な源です。

外国企業と投資家は、過去 60 年間、発展途上国におけるすべての産業投資の 1980% 以上を担ってきました。 4 年代に、グローバルな金融市場が出現し始めました。 44 年間で、主要先進国による国際銀行融資は GDP の 1986% から 1990% に増加しました。 27 年から 1,700 年にかけて、米国、日本、西ドイツ、フランス、英国による外国からの投資は年率 1995% で増加しました。 世界の国境を越えた投資は現在、35,000 兆 147,000 億ドルと推定されています (LaDou and Levy 350)。 約 XNUMX の多国籍企業と、XNUMX の外国関連会社があります。 発展途上国への投資の多くは、これらの企業からのものです。 XNUMX の最大多国籍企業の年間総売上高は、産業界の国内総生産を合わせたものの XNUMX 分の XNUMX に等しく、発展途上国のそれをはるかに上回っています。

開発途上国への投資のほとんどはアジアに向けられています。 1986 年から 1990 年の間に、東アジアと東南アジアは 14 億ドル、ラテンアメリカは 9 億ドル、アフリカは 3 億ドルを受け取りました。 中央ヨーロッパは現在、世界の投資シェアをめぐって公然と競争しています。 インド、ベトナム、エジプト、ニカラグア、ウズベキスタンは最近、投資家にとっての魅力を高めるために所有規則を自由化しました。

日本の企業と投資は、世界のほぼすべての国で見られます。 国土が限られており、人口密度が高い日本では、廃棄物を生み出す産業を輸出することが急務となっています。 ヨーロッパ諸国は、危険で環境的に時代遅れの産業をアフリカと中東に輸出しており、現在、それらを中央ヨーロッパに輸出し始めています. バングラデシュ、インド、パキスタン、シンガポール、スリランカでは、西ヨーロッパの企業が最大の投資家です。

世界最大の人口を有する中国とインドは、近年劇的な政策転換を遂げ、その結果、多くの国の産業を歓迎してきました。 米国企業は、中国、インドネシア、フィリピン、タイ、香港、台湾(中国)で優勢です。 米国企業は 1995 年にシンガポールに 31 億ドルの投資を行うと予想されており、これは 1994 年から XNUMX% 増加しています。

先進国の動機

先進国では、産業界が雇用を提供し、社会サービスを支援する税金を支払い、環境法および労働衛生法の対象となります。 先進国が多くの産業活動に関連する環境への危険を制限する法律を制定すると、生産コストが上昇し、競争上の優位性が損なわれます。 この問題を相殺するために、メーカーは危険な作業の多くを新興工業国に移しています。 多くの発展途上国におけるインフラの構築は、外国人による産業拡大に依存しているため、彼らは歓迎されています。

産業が発展途上国に移転すると、企業は低賃金を利用するだけでなく、下水道、水処理施設、学校、公共交通機関などにあまり支出していないコミュニティの低税率からも恩恵を受けます。 企業が発展途上国に工場を設立する場合、その税負担はほとんどの先進国に比べてごくわずかです。

移行を支持する事例証拠

カリフォルニア大学、ジョンズ・ホプキンス大学、マサチューセッツ大学はすべて、最近、アメリカの半導体労働者の健康を調査しました。 これらの研究は、女性が半導体工場で働くと流産のリスクが大幅に高まることを示しています。 これらの研究に参加している研究者は、企業が非常に急速に労働者を解雇し、工場を閉鎖しているため、これらの研究はおそらく、米国の労働者で実施される調査結果に信頼性を与えるのに十分な規模の最後のものになるだろうと述べています.

労働衛生研究の減少予測

アメリカと日本の半導体企業の東南アジアへの進出は、新興工業国のマレーシアで劇的に実証されています。 1970 年代半ば以降、マレーシアは世界第 XNUMX 位の半導体メーカーであり、世界最大の半導体輸出国となっています。 外国企業が、外国人労働者がいる遠く離れた国での職業上および環境上の健康に関する研究に資金を提供し続ける可能性は非常に低い. 半導体の外国製造によって実現される節約は、これらの企業が国際的な競争相手と同様に健康と安全を無視する能力によって強化される. 半導体労働者の流産率は、新興工業国の政府や産業界によって無視されるでしょう。 ほとんどの労働者は、仕事と流産の関連性を認識していません。

開発途上国の環境および労働衛生の低下

開発途上国には、強制力のある職業上および環境上の規制がほとんどありません。 彼らは、失業、栄養失調、感染症などの圧倒的な問題に関心を持っており、多くの場合、環境への危険は排除されています。 新興工業国は、外国企業や外国投資家がもたらす経済的利益を切望しています。 しかし、これらの利点には、社会的および生態学的問題が伴います。

発展途上国における産業活動の経済的および社会的プラスの結果は、深刻な環境悪化を伴います。 発展途上国の主要都市は現在、大気汚染の影響、下水処理と水浄化の欠如、土壌に埋められたり放置されたり、川や海に投棄されたりする有害廃棄物の量の増加に苦しんでいます。 世界の多くの国では、環境規制が存在しないか、存在するとしてもほとんどまたはまったく施行されていません。

発展途上国の労働力は、小さな産業環境で働くことに慣れています。 一般に、業界が小さいほど、職場での怪我や病気の割合が高くなります。 これらの職場は、危険な建物やその他の構造物、古い機械、不十分な換気、騒音、および限られた教育、スキル、トレーニングしか受けていない労働者、限られた財源しか持たない雇用主によって特徴付けられます。 防護服、呼吸用保護具、手袋、聴覚保護具、安全メガネはほとんど入手できません。 企業は、政府の健康と安全の執行機関による検査にアクセスできないことがよくあります。 多くの場合、彼らは税務目的で政府に登録さえしていない企業の「地下産業」として運営されています。

オフショア産業の一般的な認識は、主要な多国籍企業の認識です。 これらの産業の巨大企業よりもはるかに一般的なのは、外国企業が所有し、地元の管理者によって運営または監督されている何千もの小規模企業です。 ほとんどの外国政府が産業を規制したり、商品や材料の通過を監視したりする能力は非常に限られています。 移住産業は、一般に受入国の環境および労働安全衛生基準に準拠しています。 その結果、労働者の死亡率は先進国よりも新興工業国ではるかに高く、産業革命の初期には先進国と共通の割合で職場での負傷が発生しています。 この点で、産業革命が再び起こっていますが、労働人口ははるかに多く、より多くの国で発生しています。

世界の人口増加のほぼすべてが発展途上国で起こっています。 現在、開発途上国の労働力は合計で約 1.76 億 3.1 万人ですが、2025 年には 38 億人を超える見込みです。これは、毎年 40 万から 1993 万の新しい雇用が必要であることを意味しています (Kennedy XNUMX)。 この場合、より良い労働条件に対する労働者の要求は起こりそうにありません。

職業上の病気やけがの発展途上国への移動

職業病の発生率は、今日ほど高くなったことはありません。 国連は、世界中で毎年 6 万件の職業病が発生していると推定しています。 職業病は、開発途上国で被ばくした労働者当たりの頻度が高く、さらに重要なことに、より深刻な状態で発生します。 一部の開発途上国では、鉱山労働者、建設労働者、アスベスト労働者の間で、アスベストが身体障害や健康障害の主な原因であり、いくつかの統計では死亡の主な原因となっています。 アスベスト製品によって引き起こされる職業上および環境上の危険性は、低コストの建材に対する需要が健康上の懸念を上回っている発展途上国において、アスベスト産業がアスベストを推進することを思いとどまらせるものではありません。

鉛の製錬は、先進国から発展途上国に移行しています。 鉛製品のリサイクルは、先進国から、鉛によって引き起こされる職業上および環境上の危険に対処する準備が整っていない貧困国にも渡されます。 今日、先進国には鉛製錬所がほとんどなく、この産業活動は新興工業国に引き継がれています。 発展途上国における多くの鉛製錬活動は、XNUMX 世紀前から変わっていない技術を使用して行われています。 先進国が鉛リサイクルの分野で実績を誇る場合、ほとんどの場合、鉛は発展途上国でリサイクルされ、最終製品として先進国に戻されます。

開発途上国では、政府や産業界は、妥当な曝露レベルが法制化または強制される可能性が低いことを知って、有害物質を受け入れています。 有鉛ガソリン、塗料、インク、染料、バッテリー、およびその他の多くの鉛含有製品は、開発途上国で、通常は外資系企業によって生産され、その後、支配権によって国際的に販売されています。

労働者の大部分が農業に従事している発展途上国では、農薬はしばしば手作業で散布されます。 東南アジアでは、毎年 1992 万件の農薬中毒が発生しています (Jeyaratnam XNUMX)。 開発途上国でのほとんどの農薬製造は、外国資本の企業または外国人が投資した地元企業によって行われています。 発展途上国における農薬の使用は、そのような化学物質が農業産業に提供する利点を学び、自国で農薬を生産する能力を獲得するにつれて、急速に増加しています. ほとんどの先進国で禁止されている DDT やジブロモクロロプロパン (DBCP) などの農薬は、発展途上国では制限なく広く販売され、使用されています。 健康被害により先進国の市場から農薬が取り除かれると、発展途上国の規制されていない市場に向かうことがよくあります。

化学産業は、新興の世界経済において最も急速に成長している産業部門の 1970 つです。 先進国の化学会社は世界中にあります。 多くの小規模な化学会社が発展途上国に移住し、化学産業が環境汚染の主要な原因となっています。 世界の貧しい地域全体で人口増加と工業化が続くにつれて、農薬、化学肥料、工業用化学物質の需要も増加しています。 この問題をさらに悪化させるのは、先進国で禁止されている化学物質が、新興工業国で大量に製造されることが多いことです。 DDT は説得力のある例です。 その世界的な生産量は記録的なレベルにありますが、XNUMX 年代以降、ほとんどの先進国では DDT の生産または使用が違法でした.

開発途上国にシフトするコスト

労働安全と環境プログラムのコストを伴う先進国の経験は、非常に大きな財政的負担が新興工業国に転嫁されているということです。 ボパールのような将来の事故のコスト、環境被害の緩和、および公衆衛生への影響は、発展途上国では率直に議論されることはあまりありません。 産業移住の長期的な経済的現実がより明らかになると、グローバルな産業の結果は、広範な国際紛争の根源になる可能性があります。

発展途上国の難問

開発途上国が先進国の環境基準の採用を支持することはめったにありません。 場合によっては、反対派は、各国が独自の基準を開発できるようにするのは国家主権の問題であると主張します。 他のケースでは、外国の影響、特に現在規制されている産業活動によって生活水準をすでに向上させている国からの長年の憤りがあります。 開発途上国は、先進国の生活水準を手に入れた後、より厳しい規制政策を採用するという立場をとっています。 先進国が発展途上国に環境にやさしい技術を持つ産業を提供するように求められると、産業移転への関心は劇的に低下します。

国際介入の必要性

国際機関は、技術移転の承認と調整において、より強力な主導権を握る必要があります。 これらのプロセスが先進国の環境基準をもはや満たすことができなくなったときに、時代遅れで危険な技術を開発途上国に輸出するという恥ずべき慣行は止めなければなりません。 国際協定は、世界の環境を脅かすひねくれたインセンティブに取って代わらなければなりません。

産業界の行動を制御するための多くの努力がなされてきました。 経済協力開発機構 (OECD) 多国籍企業のためのガイドライン、国連(UN) 多国籍企業行動規範 国際労働機関(ILO) 多国籍企業と社会政策に関する原則の三者宣言 倫理的行動の枠組みを提供しようとする。 有害廃棄物の越境移動およびその処分の規制に関するバーゼル条約は、1994 年 XNUMX 月に採択されました。この条約は、ほとんどの有害廃棄物の国境を越えることを阻止しますが、政治的妥協の必要性を反映したリサイクル可能な廃棄物の取引を制度化するのにも役立ちます。

ホスト国がこのタスクを実行できない場合、一部の国際融資機関は現在、環境影響評価 (EIA) を作成しています。 少なくとも特定の危険な産業用地の局所的な影響の可能性を評価することを義務付けるべきであり、労働安全衛生基準を工場の立地評価に追加することができます。

国際標準化機構 (ISO) は、環境管理の国際規格になる可能性が高い ISO 14000 シリーズの自主規格の開発に着手しました。 これらには、環境管理システム、環境監査、エコラベル、環境性能評価、ライフサイクル評価、および製品規格における環境側面が含まれます (Casto and Ellison, 1996)。

多くの先進国は、規制や法的措置なしでは超えられない労働者の推奨曝露レベルを確立しています。 しかし発展途上国では、ばく露基準が存在しないか、施行されていないか、または緩すぎて役に立たないことがよくあります。 国際基準は策定可能であり、策定すべきです。 開発途上国、特にそこで製造する外国企業には、先進国のほとんどで施行されている基準に準拠するための妥当な期間が与えられます。 これが行われない場合、これらの国の一部の労働者は、工業化の費用の法外な部分を支払うことになります。

結論

労働安全衛生の最も論理的な国際基準は、国際労災保険制度の開発です。 すべての国の労働者は、労働者補償法の基本的な給付を受ける権利があります。 労災保険が提供する健康的で安全な職場環境を雇用主が提供するインセンティブは、会社の所有者に関係なく、すべての国の労働者に利益をもたらすようなものであるべきです。

環境に対処するための国際的な法制度が必要であり、最も犯罪的な汚染者でさえ思いとどまらせるのに十分強力な執行能力が必要です。 1972 年、OECD の加盟国は、「汚染者負担」の原則に基づいて環境政策を行うことに合意しました (OECD 1987)。 その意図は、業界が環境コストを内部化し、それを製品の価格に反映するよう奨励することでした。 原則を拡張すると、すべての国の法律に、財産と第三者の損害の両方に対する厳格な責任規定が作成される可能性があります。 したがって、廃棄物発生者は、廃棄物の製造から廃棄までの管理について、厳格責任の国際システムを通じて責任を負うことになります。

開発途上国には、先進国に存在するような大規模で十分な資金のある環境保護団体はありません。 施行には、職員の訓練と政府の支援が必要となるだろう。政府は最近まで、産業の拡大を非常に重視していたため、環境保護の問題は考慮されていなかった.

 

戻る

読む 5308 <font style="vertical-align: inherit;">回数</font> 17:先週の金曜日、6月2011 14 49に行わ

免責事項: ILO は、この Web ポータルに掲載されているコンテンツが英語以外の言語で提示されていることについて責任を負いません。英語は、オリジナル コンテンツの最初の制作およびピア レビューに使用される言語です。その後、特定の統計が更新されていません。百科事典の第 4 版 (1998 年) の作成。

内容

開発、技術、取引に関する参考資料

Aksoy、M、S Erdem、および G Dincol。 1974. ベンゼンに慢性的にさらされた靴職人の白血病。 血 44:837。

Bruno, K. 1994. 開発途上国によって評価された産業プロジェクトの環境レビューのガイドライン。 外国投資のスクリーニング、K Bruno 編。 ペナン、マレーシア: グリーンピース、第三世界ネットワーク。

キャッスルマン、B アンド V ナバロ。 1987. 危険な製品、産業、廃棄物の国際移動。 アン Rev 公衆衛生 8:1-19。

キャッスルマン、BL、P・プルカヤスタ。 1985年。二重基準のケーススタディとしてのボパール災害。 The Export of Hazard の付録、JH Ives 編。 ボストン:Routledge & Kegan Paul。

カスト、KM、EP エリソン。 1996. ISO 14000: 起源、構造、および実装に対する潜在的な障壁。 Int J Occup Environ Health 2 (2):99-124.

チェン、YB。 1993. 中国の郷鎮企業の発展と展望。 世界中小企業大会スピーチ集。 北京: 中国国際貿易促進委員会。

中国日報。 1993 年。農村部の工業生産高が 5 兆元を突破。 XNUMX月XNUMX日。

—.1993. 市は余剰の農村部の職場を取り上げることを計画しました。 25 月 XNUMX 日。

—.1993. 女性に対する差別は依然として蔓延しています。 26 月 XNUMX 日。

—.1993. 農村改革への新しい道筋を描く。 7 月 XNUMX 日。

—.1994. 国営企業を活性化させるためのヒント。 7月XNUMX日。

—.1994. 外国人投資家は政策費用の恩恵を受けます。 18月XNUMX日。

—.1994. 地方移住の波及効果。 21月XNUMX日。

—.1994. ユニオンは、より多くの女性に階級を下げるよう促しています。 6月XNUMX日。

発展途上国における労働衛生に関するコロンボ声明。 1986. J Occup Safety, Austr NZ 2 (6):437-441.

大連市職業病予防治療院。 1992a。 大連経済技術開発区の職業衛生調査。 中国遼寧省大連市:大連市職業病予防治療院。

—。 1992b. 外資系企業における労働者の非原因疾病発生状況に関する調査
会社。 中国遼寧省大連市:大連市職業病予防治療院。

デイリー、HE、JB コブ。 1994. 共通の利益のために: 経済を地域社会、環境、持続可能な未来に向け直す。 第2版​​。 ボストン:ビーコンプレス。

ネバダ州デイビスと P Teasdale。 1994. 英国の労働経済へのコストは、健康に関連していません。 ロンドン: 女王陛下の文房具オフィスの健康と安全の責任者。

地域保健学科。 1980 年。ニューマーケット地域の軽工業が利用できる医療サービスの調査。 医学部XNUMX年生のプロジェクト。 オークランド: オークランド医科大学。

ドラモンド、MF、GL ストッダート、GW トーランス。 1987. ヘルスケア プログラムの経済評価の方法。 オックスフォード: OUP.

欧州化学産業協議会 (CEFIC)。 1991. 技術移転に関する CEFIC ガイドライン (安全、健康、環境面)。 ブリュッセル: CEFIC。

フリーマントル、N アンド A メイナード。 1994年。臨床的および経済的評価の状態で何かが腐っていますか? ヘルス・エコ 3:63-67。

フックス、V. 1974年。 ニューヨーク:ベーシックブック。

グラス、ウィスコンシン州。 1982年。発展途上国における労働衛生。 ニュージーランドのレッスン。 New Zealand Health Rev 2 (1):5-6.

広東省職業病予防治療病院。 1992. 珠海経済特区の XNUMX つの海外資金による玩具工場における急性職業中毒に関する報告。 中国広東省:広東省職業病予防治療研究所。

ハンター、WJ. 1992. 職場の安全と健康に関する EEC 法。 Ann Occup Hyg 36:337-47.

イルマン、DL. 1994. 環境にやさしい化学は、汚染しないプロセスを目指しています。 Chem Eng News (5 月 22 日):27-XNUMX。

国際労働機関 (ILO)。 1984 年。多国籍企業の安全衛生慣行。 ジュネーブ: ILO.

ジェイコック、マサチューセッツ州、L レビン。 1984 年。小さな車体修理工場での健康被害。 Am Occup Hyg 28 (1):19-29.

Jeyaratnam, J. 1992. 発展途上国における職業上の健康。 オックスフォード: OUP.

ジェヤラトナム、J、KS チア。 1994. 国家開発における労働衛生。 シンガポール: ワールド サイエンティフィック パブリッシング。

ケンドリック、M、D ディッシャー、D ホラデイ。 1968 年。大都市デンバーの産業衛生調査。 公衆衛生担当者 38:317-322。

Kennedy, P. 1993. XNUMX 世紀の準備。 ニューヨーク:ランダムハウス。

Klaber Moffett、J、G Richardson、TA Sheldon、および A Maynard。 1995. 背中の痛み: その管理と社会へのコスト。 ディスカッション・ペーパー、いいえ。 129. ヨーク、英国: 医療経済学センター、大学。 ヨークの。

LaDou、J、およびBS Levy(eds)。 1995. 特集: 労働衛生における国際問題。 Int J Occup Environ Health 1 (2)。

リーズ、レム、LP ザジャック。 1981 年。中小企業の労働安全衛生。 Occup Health Ontario 23:138-145.

メイソン、J、M ドラモンド。 1995. 費用対効果研究の DH 登録: 研究内容と品質のレビュー。 ディスカッション・ペーパー、いいえ。 128. ヨーク、英国: 医療経済学センター、大学。 ヨークの。

Maynard, A. 1990. 将来の費用便益研究の設計。 Am Heart J 3 (2):761-765.

マクドネル、R アンド A メイナード。 1985年。アルコール乱用の代償。 ブリット J アディクト 80 (1):27-35.

公衆衛生省 (MOPH) の健康検査部門。 1992. 公衆衛生省: タウンシップ産業の産業保健サービスのニーズと対策に関する一般報告。 労働衛生サービスのニーズと対策に関する研究の議事録、XG Kan が編集、北京: 健康検査の教育部門、MOPH。

国家統計局。 1993 年。中華人民共和国国家統計年鑑。 中国、北京:国家統計局。

Rantanan, J. 1993. 小規模企業における労働者の健康保護と昇進。 小規模企業の労働者の健康保護と健康増進に関する WHO 地域間タスク グループのワーキング ペーパーの草案。

国連多国籍企業センター (UNCTC)。 1985. 多国籍企業の活動の環境側面: 調査。 ニューヨーク:国連。

ヴィヒナ、T および M ヌルミネン。 1983. フィンランド南部の小規模産業における化学物質暴露の発生 1976. Publ Health Rep 27 (3):283-289.

Williams, A. 1974. 費用便益アプローチ。 ブリット・メッド・ブル 30 (3):252-256.

世界経済。 1992. エコノミスト 324 (7777):19-25.

世界銀行。 1993. 世界開発報告 1993: 健康への投資。 オックスフォード: OUP.

環境と開発に関する世界委員会 (WCED)。 1987年。私たちの共通の未来。 オックスフォード: OUP.

世界保健機関の健康と環境に関する委員会。 1992 年。業界に関するパネルのレポート。 ジュネーブ: WHO.

世界保健機関 (WHO)。 1995. すべての人のための職業上の健康に関するグローバル戦略。 ジュネーブ: WHO.