月曜日、14月2011 20:48

人間工学的設計原則の無視: チェルノブイリ

このアイテムを評価
(2票)

1986 年のチェルノブイリ事故の原因は、運転要員、発電所の管理者、原子炉の設計、およびソ連の原子力産業における適切な安全情報の欠如にさまざまに起因しています。 この記事では、事故に結びついた多くの設計上の欠陥、運用上の欠点、および人的ミスについて考察します。 事故に至る一連の出来事、原子炉と冷却棒の設計上の問題、および事故自体の過程を調べます。 人間工学の側面を考慮し、事故の主な原因はユーザーとマシンの不適切な相互作用であるという見解を表明しています。 最後に、不備が続いていることを強調し、人間工学の教訓を十分に学ばない限り、同様の災害が依然として発生する可能性があることを強調しています。

チェルノブイリ事故の全貌はまだ明らかにされていません。 率直に言えば、真実は依然として利己的な寡黙、半分の真実、秘密主義、さらには虚偽によって覆い隠されています。 事故の原因を包括的に調査することは、非常に困難な作業のようです。 捜査官が直面する主な問題は、調査に利用できるようになったわずかな情報に基づいて、事故とその事故における人的要因の役割を再構築する必要があることです。 チェルノブイリの事故は重大な技術的事故以上のものであり、災害の原因の一部は行政と官僚機構にもある。 ただし、この記事の主な目的は、チェルノブイリ事故で組み合わされた設計上の欠陥、運用上の欠点、および人的ミスを検討することです。

誰が悪いのか?

1989 年、チェルノブイリ原子力発電所 (NPP) で使用された圧力管型大出力沸騰水型原子炉 (RBMK) の主任設計者は、チェルノブイリ事故の原因についての見解を示しました。 彼は、災害の原因は、職員が正しい手順、つまり「生産規律」を守らなかったことにあると考えています。 彼は、事故を調査している弁護士も同じ結論に達したと指摘した. 彼の見解によれば、「設計や製造の失敗ではなく、担当者に問題がある」とのことです。 RBMK 開発の研究責任者は、この見解を支持しました。 原因としての人間工学的不備の可能性は考慮されていません。

オペレーター自身が異なる意見を表明しました。 第 1,500 部隊の当直監督者である AF アキモフは、事故で短期間に XNUMX ラド (R) を超える放射線を浴びて病院で死亡したとき、両親に自分の行動を伝え続けました。彼は何が間違っていたのか理解できませんでした。 彼の粘り強さは、完全に安全であるはずの原子炉に対する絶対的な信頼を反映していました。 アキモフはまた、乗組員を責める理由は何もないと述べた。 オペレーターは自分たちの行動が規制に準拠していることを確信しており、後者は爆発の可能性についてはまったく言及していませんでした。 (驚くべきことに、原子炉が特定の条件下で危険になる可能性が安全規則に導入されたのは、チェルノブイリ事故の後でした。)しかし、その後明らかになった設計上の問題を考えると、運転員がなぜ棒を炉に挿入するのかを理解できなかったことは重要です。コアは、設計どおりに核反応を即座に停止させる代わりに、そのような恐ろしい爆発を引き起こしました. 言い換えれば、この場合、彼らはメンテナンスの指示と原子炉システムのメンタル モデルに従って正しく行動しましたが、システムの設計はそのモデルに対応していませんでした。

爆発の可能性のある施設の安全規則に違反したという理由で、人的損失を考慮して、プラント管理者のみを代表する XNUMX 人が有罪判決を受けました。 裁判長は、「プラント設計の改善策を怠った者」について、調査を進める旨の発言をした。 彼はまた、部門職員、地方自治体、および医療サービスの責任についても言及しました。 しかし、実際には、事件が終結したことは明らかでした。 原子力技術の歴史における最大の災害の責任を問われたのは、他の誰でもありませんでした。

しかし、原子力発電所の将来の安全な運用のために重要な教訓を学ぶために、災害に組み合わされたすべての原因となる要因を調査する必要があります。

秘密主義: 研究と産業における情報の独占

「チェルノブイリ-86」の原因となったユーザーとマシンの関係の失敗は、ある意味で、ソビエトの原子力施設における技術的コミュニケーションを支配していた秘密主義の政策、つまり情報独占の実施に起因している可能性があります。 科学者と研究者の小さなグループには、原子力の基本原則と手順を定義する完全な権利が与えられました。これは、秘密主義のポリシーによって確実に保護された独占です。 その結果、NPP の絶対的な安全性に関するソビエトの科学者による安心感は 35 年間揺るぎないものであり、秘密主義は民間の原子力指導者の無能さを隠していた。 ちなみに、この秘密がスリーマイル島の事故に関する情報にも及んでいることが最近判明した。 ソ連の原子力発電所の運転要員は、この事故について十分に知らされていませんでした。原子力発電所の安全性に関する公式見解と矛盾しない、選択された情報項目だけが知らされました。 この論文の著者が 1985 年に発表した、スリーマイル島事故の人間工学的側面に関するレポートは、NPP の安全性と信頼性に関係する人々には配布されませんでした。

アルメニアとチェルノブイリ (1982 年) の原子力発電所での事故を除いて、ソビエトの原子力事故はこれまで公にされたことはありませんでした。 プラウダ. 事態の真相を隠すことによって (したがって、事故分析に基づく教訓を利用することができなかった)、原子力産業の指導者たちは、チェルノブイリ 86 への道を真っ直ぐに設定していた。オペレーター活動の単純化された考えが植え付けられ、原子力発電所を運転するリスクは過小評価されていました。

チェルノブイリ事故の影響に関する国家専門家委員会のメンバーは、1990 年に次のように述べています。 どのエラーが私たちの経験不足によるもので、どのエラーが実際に真実を隠蔽するための意図的な試みであったかを判断することが不可欠です。」

1986年のチェルノブイリ事故

テスト計画の誤り

25 年 1986 月 4 日、チェルノブイリ NPP の XNUMX 基目 (チェルノブイリ XNUMX) は、定期保守の準備が行われていました。 計画は、ユニットをシャットダウンし、通常の電源から完全に電力を奪われた、作動しない安全システムを含む実験を行うことでした. このテストは実施されるべきだった 最初のチェルノブイリ 4 起動。 しかし、国家委員会はユニットの立ち上げを急いでいたため、いくつかの「重要でない」テストを無期限に延期することにしました。 受入証明書は 1982 年末に署名されました。したがって、副主任技術者は、完全に非アクティブなユニットを前提とした以前の計画に従って行動していました。 彼のテストの計画とタイミングは、この暗黙の仮定に従って進められました。 このテストは決して彼自身のイニシアチブで実施されたものではありません。

テストのプログラムは、チーフ エンジニアによって承認されました。 テスト中の出力は、タービン ローターのランダウン エネルギー (慣性誘導回転中) から生成されると想定されていました。 回転中のローターは、非常時に使用できる発電を提供します。 原子力発電所で電力が完全に失われると、炉心内の冷却材循環を提供するポンプを含むすべての機構が停止し、炉心メルトダウンという重大な事故につながります。 上記の実験は、他の利用可能な手段 (タービンの慣性回転) を使用して発電する可能性をテストすることを目的としていました。 適切な手順が開発され、追加の安全対策が講じられている場合、稼働中のプラントでそのようなテストを実行することは禁止されていません。 プログラムは、テスト期間全体のバックアップ電源が提供されることを保証する必要があります。 言い換えれば、電力の損失は暗示されるだけで、決して実現されません。 試験は、原子炉が停止した後、つまり、「スクラム」ボタンが押され、吸収棒が炉心に挿入されたときにのみ実行できます。 これに先立って、原子炉は、少なくとも 28 ~ 30 本の吸収棒が炉心に挿入された状態で、操作手順で指定された反応度余裕で安定した制御状態にある必要があります。

チェルノブイリ発電所の主任技術者によって承認されたプログラムは、上記の要件のいずれも満たしていませんでした。 さらに、非常用炉心冷却系(ECCS)の停止を要求したため、試験期間全体(約1986時間)にわたってプラントの安全が脅かされました。 プログラムを開発する際、イニシエーターは ECCS をトリガーする可能性を考慮に入れました。 タービンが蒸気を必要としなくなったため、ブリードオフ方法はプログラムで指定されませんでした。 明らかに、関係者は原子炉物理学について完全に無知でした。 原子力発電の指導者たちには、明らかに同様に資格のない人々も含まれており、これは、上記の計画が XNUMX 年 XNUMX 月に責任ある当局に承認のために提出されたとき、彼らからまったくコメントされなかったという事実を説明するものです。 鈍い危機感も一因でした。 原子力技術を取り巻く秘密主義の政策により、原子力発電所は安全で信頼性が高く、その運転には事故がなかったという意見が形成されました。 しかし、このプログラムに対する公式の反応がなかったことは、チェルノブイリ原発の所長に危険の可能性を警告するものではありませんでした。 彼は、許可されていないにもかかわらず、認定されていないプログラムを使用してテストを続行することにしました。

テストプログラムの変更

テストを実行している間、担当者はプログラム自体に違反したため、事故の可能性がさらに高まりました。 チェルノブイリの人員は、1982 つの重大な誤りと違反を犯しました。 プログラムによると、ECCS は機能しなくなりました。これは、最も重大かつ致命的なエラーの XNUMX つです。 給水調節弁はあらかじめ切り離されてロックされていたため、手動で開くことさえできませんでした。 高温のコアに冷水が入ることによる熱衝撃を防ぐために、緊急冷却は意図的に停止されました。 この決定は、原子炉が持ちこたえるという確固たる信念に基づいていました。 原子炉への「信頼」は、比較的トラブルのない XNUMX 年間のプラント運転によって強化されました。 XNUMX 年 XNUMX 月に起きたチェルノブイリ原発の炉心部分メルトダウンという深刻な警告さえも無視されました。

テスト プログラムによると、ローターのランダウンは 700 ~ 1000 MW の出力レベルで実行されることになっていました。th (メガワットの火力)。 原子炉が停止していたので、そのようなランダウンが実行されるべきでしたが、別の悲惨な方法が選択されました: 原子炉がまだ稼働している状態でテストを続行することです。 これは、実験の「純度」を確保するために行われました。

特定の動作条件では、吸収ロッドのクラスターのローカル コントロールを変更またはオフにする必要があります。 これらのローカル システムの 30 つをオフにするとき (これを行う方法は、低出力操作の手順で指定されています)、上級原子炉制御エンジニアは、制御システムの不均衡を修正するのに時間がかかりました。 その結果、電力は XNUMX MW を下回りました。th 核分裂生成物原子炉中毒(キセノンとヨウ素による)につながった。 このような場合、テストを中断して中毒が治るまで 200 日待たずに正常な状態に戻すことはほぼ不可能です。 運用担当の副主任技術者は試験を中断したくなかったので、大声で制御室のオペレータに電力レベル(XNUMX MW で安定していた)を上げ始めるように強制しました。th)。 原子炉の被毒は続いたが、大出力の圧力管型原子炉 (RBMK) では 30 本の燃料棒しか使用できないため、これ以上の出力増加は許されなかった。 原子炉は、被毒を克服しようとして、反応度の安全マージンを維持するために必要な数本のロッドを引き抜いたため、実際には制御不能になり、爆発する可能性があり、スクラムシステムが無効になりました。 それにもかかわらず、テストを続行することが決定されました。 オペレーターの行動は、主にできるだけ早くテストを完了したいという願望によって動機付けられたようです。

反応器と吸収棒の不適切な設計による問題

事故の原因をよりよく理解するために、制御およびスクラムシステムの吸収棒の主な設計上の欠陥を指摘する必要があります。 コアの高さは 7 m で、ロッドの吸収長は 5 m で、その上下に 1 m の中空部分があります。 完全に挿入されたときにコアの下に入る吸収ロッドの下端は、グラファイトで満たされています。 このような設計では、制御棒が炉心に入り、続いて XNUMX メートルの中空部分が続き、最後に吸収部分が続きます。

チェルノブイリ 4 では、合計 211 本の吸収棒があり、そのうち 205 本が完全に引き出されました。 非常に多くのロッドを同時に再挿入すると、最初にグラファイトが終了し、中空部分がコアに入るため、最初は反応度のオーバーシュート (核分裂活動のピーク) が発生します。 安定した制御原子炉では、このようなバーストは心配する必要はありませんが、悪条件が組み合わさった場合、そのような追加は中性子原子炉の暴走を引き起こすため、致命的となる可能性があります。 初期の反応度増加の直接の原因は、炉心での水の沸騰の開始でした。 この初期の反応度の増加は、炉心設計に起因する正の蒸気ボイド係数という XNUMX つの特定の欠点を反映していました。 この設計上の欠陥は、オペレーターのエラーを引き起こす障害の XNUMX つです。

原子炉と吸収棒の重大な設計上の欠陥が、実際にチェルノブイリ事故を予見しました。 1975 年、レニングラード工場での事故の後、専門家は炉心設計の欠陥を考慮して、別の事故の可能性について警告しました。 チェルノブイリ事故の XNUMX か月前、クルスク発電所の安全検査官がモスクワに手紙を送り、主任研究者兼主任設計者に、原子炉と制御および保護システム ロッドの設計上の不備を指摘した。 しかし、国家原子力監督委員会は、彼の主張は根拠がないと述べた。

事故自体の経過

イベントの経過は次のとおりです。 原子炉冷却材ポンプのキャビテーションの開始により、炉心内の流量が減少し、圧力管内で冷却材が沸騰しました。 ちょうどその時、当直長がスクラムシステムのボタンを押した。 これにより、引き抜かれた制御棒とスクラム棒がすべて炉心に落下した。 しかし、最初にコアに入ったのはグラファイトとロッドの中空端であり、反応度の成長を引き起こしました。 そして、それらは集中的な蒸気生成の開始時にコアに入りました。 コア温度の上昇も同様の効果をもたらしました。 このように、コアにとって好ましくない XNUMX つの条件が組み合わされていました。 即座に原子炉の暴走が始まりました。 これは主に RBMK の全体的な設計上の欠陥によるものでした。 ここで、ECCS が機能しなくなり、施錠され、封印されていたことを思い出してください。

その後の出来事はよく知られています。 原子炉が損傷した。 燃料、グラファイト、およびその他の炉内コンポーネントの大部分が吹き飛ばされました。 損傷したユニットの近くの放射線レベルは 1,000 から 15,000 R/h に達しましたが、放射線レベルがかなり低い離れた場所や保護された場所がいくつかありました。

最初、職員は何が起こったのか理解できず、「ありえない!」と言い続けました。 すべてが適切に行われました。」

事故に関するソ連の報告に関連した人間工学的考察

1986 年夏の国際原子力協会 (IAEA) の会議でソ連の代表団が提出した報告書は、チェルノブイリの爆発に関する真実の情報を明らかに提供していたが、強調が適切な場所に置かれたかどうか、および設計が適切であったかどうかについては疑問が返ってきた。不備はあまり優しく扱われませんでした。 報告によると、職員の行動はできるだけ早くテストを完了したいという願望によって引き起こされました。 要員が試験の準備と実施の手順に違反し、試験プログラム自体に違反し、原子炉制御を行う際に不注意であったという事実から判断すると、運転員は原子炉内で行われているプロセスを十分に認識していなかったようです。そして危機感を完全に失った。 レポートによると:

原子炉の設計者は、設計された安全手段の意図的な停止と操作手順の違反が組み合わさった場合に事故を防ぐように設計された安全システムを提供することができませんでした。 したがって、事故の最初の原因は、プラントの人員による操作手順と条件の違反である可能性は非常に低いものでした。

報告書の最初のテキストでは、「プラントの人員」という言葉の後に「原子炉と制御および保護システムのロッドの設計上の欠陥を示した」というフレーズが続いていたことが判明しました。

設計者は、プラント制御に「賢い愚か者」が干渉する可能性は低いと考えたため、対応する設計された安全メカニズムを開発できませんでした。 設計者が実際の事象の組み合わせはありそうもないと考えたという報告書のフレーズを考えると、いくつかの疑問が生じます。 答えが肯定的である場合、それらはプラント設計でどのように考慮されましたか? 残念ながら、最初の質問に対する答えは否定的であり、ユーザーとマシンの相互作用の領域は未定のままです。 その結果、現場での緊急訓練と理論的および実践的な訓練は、主に基本的な制御アルゴリズム内で行われました。

原子力発電所のコンピュータ支援制御システムと制御室を設計するとき、人間工学は使用されませんでした。 特に重大な例として、炉心状態を示す重要なパラメータ、つまり炉心内の制御および保護システム棒の数が、認識および理解に不適切な方法でチェルノブイリ 4 の制御盤に表示されました。 この不十分さは、ディスプレイを解釈するオペレータの経験によってのみ克服されました。

プロジェクトの誤算と人的要因の無視により、遅延型爆弾が作成されました。 コアと制御システムの設計上の欠陥が、オペレーターによるさらなる誤動作の致命的な原因となったことを強調する必要があります。したがって、事故の主な原因は、ユーザーとマシンの相互作用の不適切な設計でした。 災害の調査官は、「チェルノブイリが私たちに教えてくれた教訓である、人間工学と人間と機械の相互作用への敬意」を求めました。 残念ながら、古いアプローチや固定観念を捨て去ることは困難です。

1976 年の早い時期に、アカデミックな PL Kapitza は、チェルノブイリの防止に関連する可能性のある理由から災害を予見していたようですが、彼の懸念が明らかになったのは 1989 年のことでした。1976 年 XNUMX 月、 米国のニュースと世界のレポート週刊ニュース誌は、カリフォルニア州のブラウンズ・フェリー原子力施設での火災に関するレポートを掲載しました。 カピッツァはこの事故を非常に懸念していたので、1976 年 XNUMX 月にストックホルムで発表された彼自身の報告書「地球規模の問題とエネルギー」で言及したほどです。カピッツァは特に次のように述べています。

この事故は、そのような事象の確率を計算するために使用される数学的方法の不十分さを浮き彫りにしました。これらの方法は、人的エラーによる確率を考慮していないからです。 この問題を解決するためには、原発事故を未然に防ぐための対策が必要です。

カピッツァは自分の論文を雑誌に掲載しようとした ナウカ・イ・ジズン (Science and Life) でしたが、「大衆を怖がらせる」ことは望ましくないという理由で論文は却下されました。 スウェーデンの雑誌 アンビオ 彼は Kapitza に論文を依頼しましたが、長期的にはそれも出版しませんでした。

科学アカデミーは、ソ連ではそのような事故はあり得ないことをカピツァに保証し、最終的な「証拠」として、出版されたばかりの原子力発電所の安全規則を彼に与えました。 これらのルールには、たとえば「8.1. 原子力事故の場合の人員の行動は、事故の影響に対処するための手順によって決定されます。」

チェルノブイリ後

チェルノブイリ事故の直接的または間接的な結果として、現在の原子力発電所の安全な運転を確保し、将来の原子力発電所の設計と建設を改善するための対策が開発され、実施されています。 特に、スクラムシステムの動作をより速くし、職員が故意に停止する可能性を排除するための措置が講じられました。 吸収棒のデザインが変更され、より多くのものが作られました。

さらに、異常状態に対するチェルノブイリ前の手順では、原子炉を運転し続けるようオペレータに指示していましたが、現在の手順では、原子炉を停止する必要があります。 基本的に言えば、実際には本質的に安全な新しい原子炉が開発されています。 確率論的安全分析や実験的安全ベンチ試験など、チェルノブイリ以前は無視されていたか存在しなかった新しい研究分野が出現しました。

しかし、元ソ連原子力産業大臣 V. Konovalov によると、原子力発電所の故障、停止、事故の数は依然として多い。 調査によると、これは主に、納入されたコンポーネントの品質の低さ、人的ミス、および設計およびエンジニアリング機関による不十分なソリューションによるものです。 建設と設置作業の品質も同様に望まれるものです。

さまざまな修正や設計変更が一般的になっています。 その結果、不十分なトレーニングと相まって、操作担当者の資格は低くなります。 職員は、プラント運転の経験に基づいて、仕事の過程で知識とスキルを向上させる必要があります。

人間工学の教訓はまだ学ぶべきです

最も効果的で洗練された安全制御システムでさえ、人的要因が考慮されていなければ、プラントの信頼性を提供することはできません。 原子力発電所の全連合科学研究所の職員の職業訓練のための作業が準備されており、この努力を大幅に拡大する計画があります。 ただし、ヒューマン エンジニアリングは、プラントの設計、建設、試験、および運用の不可欠な部分ではないことを認めておく必要があります。

旧ソ連原子力省は 1988 年に、1990 年から 2000 年にかけて、原子力発電所や企業からの人間工学の専門家に対する要求がなかったため、中等教育以上の教育を受けた人間工学の専門家は不要であるとの公式の調査に回答した。

この記事で言及されている問題の多くを解決するには、物理​​学者、設計者、産業技術者、操作担当者、人間工学、心理学、その他の分野の専門家が関与する共同研究開発を実施する必要があります。 このような共同作業の組織化には大きな困難が伴います。特に困難な点の XNUMX つは、原子力分野の「真実」に関する一部の科学者および科学者グループの独占が残っていることと、原子力発電所の運転に関する情報を運転担当者が独占していることです。 利用可能な包括的な情報がなければ、原子力発電所の人間工学的診断を行うことは不可能であり、必要に応じて、その欠点を排除する方法を提案し、事故を防止するための対策システムを開発することは不可能です。

旧ソビエト連邦の原子力発電所では、現在の診断、制御、コンピューター化の手段は、認められた国際基準からかけ離れています。 植物の制御方法は不必要に複雑で混乱を招きます。 人材育成の高度なプログラムはありません。 設計者によるプラント操作のサポートが不十分であり、操作マニュアルのフォーマットが非常に時代遅れです。

結論

1990 年 XNUMX 月、さらなる調査の後、XNUMX 人の元チェルノブイリ職員が任期満了前に刑務所から釈放されました。 しばらくして、投獄されていたすべての運用担当者が、指定された時間前に解放されました。 NPP の信頼性と安全性に携わる多くの人々は、たとえその正しい行動が爆発を引き起こしたとしても、今では人員が正しく行動したと信じています。 チェルノブイリの人員は、事故の予想外の規模に対して責任を負うことはできません。

災害の責任者を特定する試みにおいて、裁判所は主に、この場合、チェルノブイリ原子力発電所の設計者であった技術専門家の意見に依存しました。 このチェルノブイリ事故の結果として、もう XNUMX つの重要な教訓が学ばれます。NPP のような複雑な施設での災害に対する責任を特定するために使用される主要な法的文書が、これらの施設の設計者のみによって作成および変更された保守手順書のようなものである限り、災害の本当の理由を見つけたり、それらを回避するために必要なすべての予防措置を講じたりすることは、技術的に難しすぎます。

さらに、運用担当者は、災害時に保守手順を厳密に実行する必要があるのか​​、それとも、指示と矛盾したり、無意識のうちに災害の脅威に関連付けられたりする可能性がある知識、経験、または直感に従って行動する必要があるのか​​ 、という疑問が残ります。厳罰。

残念なことに、「チェルノブイリ事故の責任は誰にあるのか?」という質問は、 清算されていません。 責任者は、開発エンジニアだけでなく、政治家、物理学者、管理者、オペレーターの中から探す必要があります。 チェルノブイリ事件のように単なる「スイッチマン」に有罪判決を下したり、1991 年にスモレンスクで事件に悩まされたユニットで行われたように、聖職者に NPP を聖水で聖化させたりすることは、NPP の安全で信頼できる運用を確保するための正しい手段ではありません。

チェルノブイリ事故は、二度と起こらないような不運な出来事にすぎないと考えている人は、人間の基本的な特徴の XNUMX つは、運転員だけでなく科学者やエンジニアも間違いを犯すということを認識しなければなりません。 技術的または産業的な分野でユーザーとマシンの相互作用に関する人間工学の原則を無視すると、より頻繁で深刻なエラーが発生します。

したがって、原子力発電所などの技術的設備は、重大な事故が発生する前にエラーの可能性を発見できるように設計する必要があります。 多くの人間工学的原則は、例えばインジケーターやコントロールの設計において、そもそもエラーを防止しようとして導き出されてきました。 しかし、今日でも世界中の多くの技術施設でこれらの原則が守られていません。

複雑な施設の運用担当者は、通常の運用だけでなく、通常の状態から逸脱した場合に必要な手順についても、高度な資格を持っている必要があります。 関連する物理学と技術を正しく理解することは、要員が危機的な状況下でより適切に対応するのに役立ちます。 このような資格は、集中的なトレーニングによってのみ取得できます。

あらゆる種類の技術的アプリケーションにおけるユーザーとマシンのインターフェースの絶え間ない改善は、多くの場合、軽微または重大な事故の結果として、ヒューマン エラーの問題、つまりユーザーとマシンの相互作用の問題が解決されていないことを示しています。 特に原子力などの非常に破壊力のある技術では、ユーザーとマシンの相互作用の信頼性を高めることを目的とした継続的な人間工学的研究と、得られた結果の結果としての適用が必要です。 チェルノブイリ事故は、科学者や技術者、管理者や政治家が、複雑な技術施設の設計と運用の過程で人間工学を取り入れる必要性を無視した場合に起こりうる重大な警告です。

IAEA 事務局長の Hans Blix は、この問題を重要な比較で強調しています。 戦争の問題は将軍だけに任せるには深刻すぎると言われてきました。 ブリックス氏は、「原子力の問題は、原子力の専門家だけに任せるには深刻すぎる」と付け加えた。

 

戻る

読む 7273 <font style="vertical-align: inherit;">回数</font> 最終更新日 13 年 2011 月 20 日木曜日 29:XNUMX

免責事項: ILO は、この Web ポータルに掲載されているコンテンツが英語以外の言語で提示されていることについて責任を負いません。英語は、オリジナル コンテンツの最初の制作およびピア レビューに使用される言語です。その後、特定の統計が更新されていません。百科事典の第 4 版 (1998 年) の作成。

内容

人間工学に関する参考文献

Abeysekera、JDA、H Shahnavaz、LJ Chapman。 1990年。発展途上国における人間工学。 産業用人間工学と安全性の進歩、B Das 編。 ロンドン:テイラー&フランシス。

Ahonen、M、M Launis、T Kuorinka。 1989.人間工学的職場分析。 ヘルシンキ: フィンランド産業衛生研究所。

Alvares, C. 1980. Homo Faber: 1500 年から現在までのインド、中国、西洋の技術と文化。 ハーグ:マルティヌス・ナイホフ。

Amalberti, R. 1991. Savoir-faire de l'opérateur: 側面の理論と実践の人間工学。 R Amalberti、M de Montmollin、および J Thereau によって編集された、Model en analyze du travail で。 リエージュ: マルダガ。

Amalberti、R、M Bataille、G Deblon、A Guengant、JM Paquay、C Valot、および JP メニュー。 1989年. パイロットの知的補助者の開発: 形式化心理学と情報伝達モデルのコンポートメント・デュ・ポロガージュ・デ・コンバット・エンガージ・エン・ミッション・デ・ペネトレーション. パリ:ラポートCERMA。

Åstrand, I. 1960. 年齢に特に関連する男性と女性の有酸素運動能力。 Acta Physiol Scand 49 Suppl。 169:1-92。

Bainbridge、L. 1981 年。Le contrôleur de processus。 B サイコル XXXIV:813-832。

—。 1986. 質問をして知識にアクセスする. Future Comput Sys 1:143-149。

Baitsch, C. 1985. Kompetenzentwicklung und partizipative Arbeitsgestaltung. ベルン: ヒューバー。

バンクス、MH、RL ミラー。 1984 年。ジョブ コンポーネント インベントリの信頼性と収束妥当性。 J Occup Psychol 57:181-184。

Baranson, J. 1969. 経済発展のための産業技術。 ニューヨーク:プレーガー。

Bartenwerfer, H. 1970. Psychische Beanspruchung und Erdmüdung. Handbuch der Psychologie で、A Mayer と B Herwig によって編集されました。 ゲッティンゲン: ホグレフェ。

バートルム、CS、E ロック。 1981. Coch とフランスの研究: 批評と再解釈。 Hum Relat 34:555-566.

Blumberg, M. 1988. 仕事設計の新しい理論に向けて。 ハイブリッド自動化システムのエルゴノミクス、W Karwowski、HR Parsaei、および MR Wilhelm によって編集されました。 アムステルダム:エルゼビア。

ブルドン、F と A ヴェイル ファシーナ。 1994. Réseau et processus de coopération dans la gestion du trafic ferroviaire. トラベイル ハム。 Numéro spécial consacré au travail collectif.

Brehmer、B. 1990。マイクロワールドの分類法に向けて。 作業ドメインの分析のための分類法。 B Brehmer、M de Montmollin、および J Leplat によって編集された、最初の MOHAWC ワークショップの議事録。 ロスキレ: リソ国立研究所。

ブラウン DA と R ミッチェル。 1986. ポケット エルゴノミスト。 シドニー: グループ職業健康センター。

ブルーダー。 1993. Entwicklung eines wissensbusierten Systems zur belastungsanalytisch unterscheidbaren Erholungszeit デュッセルドルフ: VDI-Verlag.

カベルニ、JP。 1988年. La verbalisation comme source d'observables pour l'étude du fonctionnnement cognitif. 認知心理学: モデルと方法、JP 編集
カヴェルニ、C バスティエン、P メンデルソン、G ティベルギエン。 グルノーブル: Presss Univ. ド・グルノーブル。

カンピオン、マサチューセッツ州。 1988年。ジョブデザインへの学際的アプローチ:拡張機能を備えた建設的な複製。 J Appl Psychol 73:467-481。

カンピオン、マサチューセッツ州、PW セイヤー。 1985年。ジョブデザインの学際的尺度の開発と現場評価。 J Appl Psychol 70:29-43。

カーター、RC、RJ ビアスナー。 1987. 職位分析質問票から導き出された職務要件と、軍の適性検査のスコアを使用した妥当性。 J Occup Psychol 60:311-321.

チャフィン、DB。 1969.コンピューター化された生体力学的モデルの開発と、身体全体の動作の研究における使用。 J Biomech 2:429-441。

チャフィン、DB、G アンダーソン。 1984.職業バイオメカニクス。 ニューヨーク: ワイリー。

Chapanis, A. 1975. 人間工学における民族変数。 ボルチモア: ジョンズ・ホプキンス大学。

Coch、L、JRP フレンチ。 1948年。変化への抵抗を克服。 Hum Relat 1:512-532.

コーレット、ENおよびRPビショップ。 1976. 姿勢の不快感を評価するための技術。 人間工学 19:175-182。

Corlett, N. 1988. 仕事と職場の調査と評価。 人間工学 31:727-734。

Costa、G、G Cesana、K Kogi、A Wedderburn。 1990 年。交替勤務: 健康、睡眠、パフォーマンス。 フランクフルト: ピーター・ラングです。

Cotton、JL、DA Vollrath、KL Froggatt、ML Lengnick-Hall、および KR Jennings。 1988. 従業員の参加: 多様な形態とさまざまな成果。 Acad 管理改訂 13:8-22。

クッシュマン、WH、DJ ローゼンバーグ。 1991. 製品設計におけるヒューマン ファクター。 アムステルダム:エルゼビア。

Dachler、HP、B Wilpert。 1978. 組織への参加の概念的次元と境界: 批判的評価。 Adm Sci Q 23:1-39。

Daftuar、CN。 1975 年。発展途上国における人的要因の役割、特にインドを参照。 人間工学における民族変数、チャパニス編。 ボルチモア: ジョンズ・ホプキンス大学。

Das、B、RM Grady。 1983a。 工業用職場のレイアウト設計。 工学人体測定の応用。 人間工学 26:433-447。

—。 1983b. 水平面における通常の作業領域。 ファーリーとスクワイアの概念の比較研究。 人間工学 26:449-459。

デシ、エル。 1975年。内因性動機。 ニューヨーク:プレナムプレス。

デコルティス、F、PC カッチャブエ。 1990 年。 R Amalberti、M Montmollin、および J Theureau によって編集された Modèles et pratiques de l'analyse du travail。 ブリュッセル: マルダガ。

DeGreve、TB、MM Ayoub。 1987 年。ワークプレイス デザイン エキスパート システム。 Int J Ind Erg 2:37-48。

De Keyser, V. 1986. De l'évolution des métiers. C Levy-Leboyer と JC Sperandio が編集した Traité de Psychologie du travail で。 パリ: Presses Universitaires de France.

—。 1992. 生産ラインの男。 第 25 回 Brite-EuRam 会議の議事録、27 月 XNUMX ~ XNUMX 日、スペイン、セビリア。 ブリュッセル: EEC.

De Keyser、V、A Housiaux。 1989.人間の専門知識の性質。 Rapport Intermédiaire Politique Scientifique。 リエージュ: リエージュ大学。

De Keyser、V、AS Nyssen。 1993. Les erreurs humanes en anesthésie. Travail Hum 56:243-266.

De Lisi、PS。 1990. 鋼の斧からの教訓: 文化、技術、組織の変化。 Sloan Manage Rev 32:83-93.

Dillon, A. 1992. 紙とスクリーンから読む: 経験的文献の批判的レビュー。 人間工学 35:1297-1326。

ディンゲス、DF. 1992. 機能的能力の限界を探る: 短期間のタスクに対する睡眠不足の影響。 RJ Broughton と RD Ogilvie が編集した「Sleep、Arousal、および Performance」。 ボストン:ビルクホイザー。

ドゥルーリー、CG. 1987. 産業職の反復動作傷害の可能性に関する生体力学的評価。 Sem Occup Med 2:41-49.

Edholm、OG。 1966. 習慣的活動の評価。 K Evang と K Lange-Andersen が編集した「健康と病気における身体活動」。 オスロ: Universitetterlaget.

Eilers、K、F Nachreiner、K Hänicke。 1986. Entwicklung und Überprüfung einer Skala zur Erfassung subjektiv erlebter Anstrengung. Zeitschrift für Arbeitswissenschaft 40:215-224。

Elias, R. 1978. ワークロードに対する医学生物学的アプローチ。 Cahiers De Notes Documentaires—Sécurité Et Hygiène Du Travail の注記番号 1118-9178。 パリ:INRS。

エルジンガ、A、A ジャミソン。 1981年 自然に対する科学的態度における文化的要素:東洋と西洋のモード。 ディスカッション ペーパー No. 146。Lund: Univ. ルンド、研究政策研究所。

エメリー、FE。 1959年。社会技術システムの特徴。 文書番号 527。ロンドン: タヴィストック。

エンプソン、J. 1993年。睡眠と夢。 ニューヨーク:ハーベスターウィートシーフ。

エリクソン、KA および HA サイモン。 1984. プロトコル分析: データとしての口頭報告。 マサチューセッツ州ケンブリッジ: MIT Press.

欧州標準化委員会 (CEN)。 1990. 作業システム設計の人間工学的原則。 EEC 理事会指令 90/269/EEC、荷を手作業で取り扱うための最低限の健康と安全の要件。 ブリュッセル: CEN.

—。 1991. CEN Catalog 1991: 欧州規格のカタログ。 ブリュッセル: CEN.

—。 1994 年。機械の安全性: 人間工学的設計の原則。 パート 1: 用語と一般原則。 ブリュッセル: CEN.

Fadier, E. 1990. Fiabilité humane: method d'analyse et domaines d'application. Les facteurs humains de la fiabilité dans les systèmes complexes では、J Leplat と G De Terssac が編集しました。 マルセイユ: オクタール。

Falzon, P. 1991. 協力的な対話。 分散型意思決定において。 J Rasmussen、B Brehmer、および J Leplat によって編集された共同作業の認知モデル。 チチェスター: ワイリー。

ファベルジュ、JM. 1972年。労苦の分析。 In Traité de Psychologie appliqueé、M Reuchlin 編。 パリ: Presses Universitaires de France.

フィッシャー、S. 1986年。ストレスと戦略。 ロンドン:アールバウム。

フラナガン、JL. 1954. クリティカル インシデント テクニック。 サイコル ブル 51:327-358。

Fleishman、EA、MK Quaintance。 1984. 人間のパフォーマンスの分類法: 人間のタスクの説明。 ニューヨーク:アカデミックプレス。

フリューゲル、B、H グレイル、K ゾンマー。 1986年。人類学者アトラス。 グルンドラーゲンとダテン。 ドイツ民主共和国。 ベルリン: Verlag tribune.

フォルカード、SおよびT Akerstedt。 1992. 覚醒眠気の調節の XNUMX プロセス モデル。 RJ Broughton と BD Ogilvie が編集した「睡眠、覚醒、パフォーマンス」。 ボストン:ビルクホイザー。

フォルカード、S、TH モンク。 1985. 労働時間: 作業スケジューリングにおける時間的要因 . チチェスター: ワイリー。

フォルカード、S、TH モンク、MC ロバン。 1978.「常勤」夜間看護師における概日リズムの短期および長期調整。 人間工学 21:785-799。

フォルカード、S、P トッターデル、D マイナー、J ウォーターハウス。 1993. 概日パフォーマンス リズムの分析: 交替勤務への影響。 人間工学 36(1-3):283-88。

Fröberg、JE。 1985. 睡眠不足と長時間労働。 In Hours of Work: Temporal Factors in Work Scheduling、S Folkard と TH Monk が編集。 チチェスター: ワイリー。

Fuglesang, A. 1982. 異文化に関する考えと観察の理解について
コミュニケーション。 ウプサラ: ダグ・ハマーショルド財団。

Geertz、C. 1973。文化の解釈。 ニューヨーク:ベーシックブック。

Gilad, I. 1993. 反復操作の人間工学的機能評価の方法論。 ニールセンとヨルゲンセンが編集した産業経済学と安全性の進歩。 ロンドン:テイラー&フランシス。

Gilad、I、E Messer。 1992. ダイヤモンド研磨におけるバイオメカニクスの考察と人間工学的設計。 産業用人間工学と安全性の進歩、Kumar 編。 ロンドン:テイラー&フランシス。

グレン、ES および CG グレン。 1981.人と人類:文化間の紛争とコミュニケーション。 ニュージャージー州ノーウッド:エイブレックス。

Gopher、D、E ドンチン。 1986 年。ワークロード - 概念の検討。 K Boff、L Kaufman、および JP Thomas によって編集された、知覚と人間のパフォーマンスのハンドブック。 ニューヨーク: ワイリー。

グールド、JD. 1988. 使えるシステムの設計方法。 ヒューマン コンピュータ インタラクションのハンドブック、M Helander 編。 アムステルダム:エルゼビア。

グールド、JD、C・ルイス。 1985 年。ユーザビリティのための設計: 重要な原則と設計者の考え。 Commun ACM 28:300-311。

Gould、JD、SJ Boies、S Levy、JT Richards、および J Schoonard。 1987. 1984 年のオリンピック メッセージ システム: デザインの動作原理のテスト。 Commun ACM 30:758-769。

ガウラー、D、Kレッグ。 1978. コンテキストへの参加: 組織変革の理論と実践の統合に向けて、パート I. J Manage Stud 16:150-175.

Grady、JK、J de Vries。 1994. RAM: 統合製品評価のベースとしてのリハビリテーション技術受容モデル。 Instituut voor Research, Ontwikkeling en Nascholing in de Gezondheidszorg (IRON) および University Twente, Department of Biomedical Engineering.

Grandjean、E. 1988。タスクを男に合わせる。 ロンドン:テイラー&フランシス。

グラント、S および T メイズ。 1991. 認知課題分析? GS Weir と J Alty が編集した Human-Computer Interactionand Complex Systems で。 ロンドン:アカデミックプレス。

グリーンバウム、J および M キング。 1991. Design At Work: コンピュータ システムの共同設計。 ニュージャージー州ヒルズデール:ローレンス・エルバウム。

グルター、マサチューセッツ州、JA アルジェラ。 1989年。基準の開発と仕事の分析。 組織における評価と選択、P Herlot 編集。 チチェスター: ワイリー。

Grote, G. 1994. 高度に自動化された作業システムの補完的な設計への参加型アプローチ。 組織の設計と管理における人的要因、G Bradley と HW Hendrick によって編集されました。 アムステルダム:エルゼビア。

Guelaud、F、MN Beauchesne、J Gautrat、および G Roustang。 1977 年。起業家の労働者の状況を分析してください。 パリ: A. コリン。

Guillerm、R、E Radziszewski、および A Reinberg。 1975 年。4 時間ごとの夜間作業と 48% の CO2 雰囲気での 2 週間にわたる XNUMX 人の健康な若い男性の概日リズム。 P Colquhoun、S Folkard、P Knauth、および J Rutenfranz によって編集されたシフトワークの実験的研究。 Opladen: Westdeutscher Werlag.

Hacker, W. 1986. Arbeitspsychologie. Schriften zur Arbeitpsychologie、E Ulich 編集。 ベルン: ヒューバー。

ハッカー、W および P リヒター。 1994. Psychische Fehlbeanspruchung。 Ermüdung、単調、Sättigung、ストレス。 ハイデルベルク: スプリンガー。

ハックマン、JR、GR オールダム。 1975年 職業診断調査の開発。 J Appl Psychol 60:159-170。

ペンシルベニア州ハンコックと MH チグネル。 1986. 精神作業負荷の理論に向けて: ヒューマンマシン システムにおけるストレスと適応性。 システム、人間、およびサイバネティックスに関する IEEE 国際会議の議事録。 ニューヨーク: IEEE ソサエティ。

ペンシルベニア州ハンコックと N メシュカティ。 1988年。ヒューマン メンタル ワークロード。 アムステルダム: 北オランダ。

ハンナ、A(編)。 1990 年。年次デザイン レビュー ID。 37 (4)。

Härmä, M. 1993. 交替勤務に対する耐性の個人差: レビュー。 人間工学 36:101-109。

ハート、S および LE ステーブランド。 1988. NASA-TLX (タスク負荷指数) の開発: 実証的および理論的研究の結果。 PA Hancock と N Meshkati によって編集された Human Mental Work Load で。 アムステルダム: 北オランダ。

Hirschheim、R および HK Klein。 1989 年。情報システム開発の 32 つのパラダイム。 Commun ACM 1199:1216-XNUMX。

ホック、JM。 1989. プロセス制御への認知的アプローチ。 認知科学の進歩、G Tiberghein 編。 チチェスター: ホーウッド。

Hofstede, G. 1980. 文化の帰結: 仕事に関連する価値観の国際的な違い。 カリフォルニア州ビバリーヒルズ:セージ大学プレス。

—。 1983. 組織の実践と理論の文化的相対性。 J Intスタッド:75-89。

Hornby、P および C Clegg。 1992. コンテキストへのユーザー参加: 英国の銀行での事例研究。 Behav Inf Technol 11:293-307。

ホスニ、DE。 1988. 第三世界へのマイクロエレクトロニクス技術の移転。 Tech Manage Pub TM 1:391-3997。

Hsu、SH、Y Peng。 1993. 四口コンロの制御・表示関係の再検討. ハムファクター 35:745-749.

国際労働機関 (ILO)。 1990.私たちが働く時間: ポリシーと実践における新しい勤務スケジュール. コンドワーディグ 9.

国際標準化機構 (ISO)。 1980. 人体測定測定のコア リストの草案案 ISO/TC 159/SC 3 N 28 DP 7250. ジュネーブ: ISO.

—。 1996. ISO/DIS 7250 技術設計のための基本的な人体測定。 ジュネーブ: ISO。
日本インダストリアルデザイン振興会(JIDPO)。 1990. グッドデザインプロダクツ 1989. 東京: JIDPO.

Jastrzebowski、W. 1857。Rys ergonomiji czyli Nauki o Pracy、opartej naprawdach poczerpnietych z Nauki Przyrody。 プジョダ・イ・プシェミシル 29:227-231。

ジャヌレ、PR。 1980. 職位分析アンケートによる公正な職務評価と分類。 Rev 1:32-42 を補正します。

Jürgens、HW、IA Aune、および U Pieper。 1990年。人体測定に関する国際データ。 労働安全衛生シリーズ。 ジュネーブ: ILO.

Kadefors, R. 1993. 手動溶接作業場の評価と設計のためのモデル。 手作業の人間工学、WS Marras、W Karwowski、および L Pacholski によって編集されました。 ロンドン:テイラー&フランシス。

カーネマン、D. 1973。注意と努力。 ニュージャージー州エングルウッドクリフ:プレンティスホール。

Karhu、O、P Kansi、I Kuorinka。 1977. 産業界における作業姿勢の修正: 分析のための実用的な方法. Appl Ergon 8:199-201。

Karhu、O、R Harkonen、P Sorvali、および P Vepsalainen。 1981. 産業界での作業姿勢の観察: OWAS の適用例。 Appl Ergon 12:13-17。

Kedia、BL、RS Bhagat。 1988. 国を超えた技術移転に関する文化的制約: 国際的および比較管理における研究への影響。 Acad Manage Rev 13:559-571。

キーシング、RM。 1974年。文化の理論。 Annu Rev Anthropol 3:73-79。

Kepenne, P. 1984. La charge de travail dans une unité de soins de medecine. メモワール。 リエージュ: リエージュ大学。

Kerguelen, A. 1986. L'observation systématique en ergonomy: Élaboration d'un logiciel d'aide au recueil et à l'analyse des données. 人間工学論文の卒業証書、パリ国立芸術・メティエ音楽院。

Ketchum, L. 1984. 第三世界の国における社会技術的設計: スーダンの Sennar にある鉄道整備基地。 Hum Relat 37:135-154.

Keyserling、WM。 1986. 職場での姿勢ストレスを評価するコンピューター支援システム。 Am Ind Hyg Assoc J 47:641-649。

キングスレー、PR。 1983. 技術開発: 社会心理学の問題、役割、方向性。 社会心理学と発展途上国では、ブラッカーによって編集されました。 ニューヨーク: ワイリー。

キニー、JS、BM ヒューイ。 1990年。多色ディスプレイの適用原則。 ワシントン DC: ナショナル アカデミー プレス。

キビ、P、M マティラ。 1991. 建築業界における作業姿勢の分析と改善: コンピュータ化された OWAS 手法の適用. Appl Ergon 22:43-48。

Knauth、P、W Rohmert および J Rutenfranz。 1979年。作業生理学的基準を利用した連続生産のためのシフト計画の体系的な選択。 Appl Ergon 10(1):9-15。

Knauth、P.およびJ Rutenfranz。 1981 年。A Reinberg、N Vieux、および P Andlauer によって編集された、夜間および交替勤務: 生物学的および社会的側面における交替勤務の種類に関連する睡眠時間。 オックスフォード・ペルガモン・プレス。

Kogi, K. 1982. 夜間および交替勤務における睡眠障害。 Ⅱ. Shiftwork: その実践と改善。 J ハム エルゴル: 217-231.

—。 1981. 夜間および交替勤務における産業労働者のさまざまなシフト ローテーション システム間の休憩条件の比較。 A Reinberg、N Vieux、および P Andlauer が編集した生物学的および社会的側面。 オックスフォード:ペルガモン。

—。 1985年。交替勤務の問題の紹介。 In Hours of Work: Temporal Factors in Work-Scheduling、S Folkard および TH Monk によって編集されました。 チチェスター: ワイリー。

—。 1991.仕事内容と勤務時間:共同変更の範囲。 人間工学 34:757-773。

Kogi、K および JE サーマン。 1993年、夜勤・交替勤務への取り組みと新しい国際基準の動向。 人間工学 36:3-13。

Köhler、C、M von Behr、H Hirsch-Kreinsen、B Lutz、C Nuber、および R Schultz-Wild。 1989. Alternativen der Gestaltung von Arbeits- und Personalstrukturen bei rechnerintegrierter Fertigung. Institut für Sozialwissenschaftliche Forschung 編集の Strategische Optionen der Organisations- und Personalentwicklung bei CIM Forschungsbericht KfK-PFT 148。 Karlsruhe: Projektträgerschaft Fertigungstechnik.

Koller, M. 1983. 交替勤務に関連する健康リスク。 長期ストレスの時間依存効果の例。 Int Arch Occ Env Health 53:59-75。

Konz, S. 1990. ワークステーションの構成と設計。 人間工学 32:795-811。

Kroeber、AL および C Kluckhohn。 1952年。文化、概念と定義の批判的レビュー。 ピーボディ博物館の論文。 ボストン:ハーバード大学。

Kroemer、KHE。 1993. 5 和音キーの操作。 Int J Hum Comput Interact 267:288-XNUMX。

—。 1994a。 コンピュータ画面の位置: どのくらいの高さですか? 人間工学のデザイン (40 月):XNUMX。

—。 1994b. 代替キーボード。 第 94 回国際科学会議 WWDU 'XNUMX の議事録。 ミラノ: 大学。 ミラノの。

—。 1995. 人間工学。 産業衛生の基礎、BA Ploog 編。 シカゴ:国家安全評議会。

Kroemer、KHE、HB Kroemer、KE Kroemer-Elbert。 1994. 人間工学: 使いやすさと効率を高める設計方法。 ニュージャージー州エングルウッドクリフ:プレンティスホール。

クォン、KS、SY リー、BH アン。 1993. 製品のカラー デザインのためのファジー エキスパート システムへのアプローチ。 Maras、Karwowski、Smith、および Pacholski によって編集された手作業の人間工学。 ロンドン:テイラー&フランシス。

Lacoste, M. 1983. Des states de parole aux activités interprétives. Psychol Franc 28:231-238。

Landau、K および W Rohmert。 1981. AET-A 新しいジョブ分析方法。 ミシガン州デトロイト: AIIE 年次会議。

ローリグ、W. 1970 年。 ベルリン: ベート。

—。 1974 年。 ベルリン: ベート。

—。 1981. Belastung, Beanspruchung und Erholungszeit bei energetisch-muskulärer Arbeit—Literatureexpertise. Forschungsbericht Nr。 272 der Bundesanstalt für Arbeitsschutz und Unfallforschung Dortmund. Bremerhaven: Wirtschaftsverlag NW.

—。 1992. Grundzüge der Ergonomy. Erkenntnisse und Prinzipien。 ベルリン、ケルン: Beuth Verlag.

ローリグ、W および V ロンバッハ。 1989. 人間工学のエキスパート システム: 要件とアプローチ。 人間工学 32:795-811。

リーチ、ER。 1965年。文化と社会的結束:人類学者の見解。 科学と文化では、ホルテンによって編集されました。 ボストン:ホートン・ミフリン。

Leana、CR、EA Locke、DM Schweiger。 1990. 参加型意思決定に関する研究の分析における事実とフィクション: コットン、ヴォルラス、フロガット、レングニック ホール、およびジェニングスの批評。 Acad Manage Rev 15:137-146。

Lewin、K. 1951. 社会科学における場の理論。 ニューヨーク: ハーパー。

Liker、JK、M Nagamachi、YR Lifshitz。 1988. 米国と日本の製造工場における参加型プログラムの比較分析。 ミシガン州アナーバー:大学。 ミシガン州、エルゴノミクス、産業および運用工学センター。

Lillrank、B、N カノ。 1989. 継続的改善: 日本の産業における品質管理サークル。 ミシガン州アナーバー:大学。 ミシガン州日本研究センター。

Locke、EA、DM Schweiger。 1979. 意思決定への参加: もう XNUMX 度見る。 組織行動の研究、BM Staw 編集。 コネチカット州グリニッジ: JAI Press.

Louhevaara、V、T Hakola、H Ollila。 1990 年。郵便小包の手作業による仕分けに伴う肉体労働と負担。 人間工学 33:1115-1130。

Luczak, H. 1982 年。 Forschungsbericht der Bundesanstalt für Arbeitsschutz und Unfallforschung Dortmund . Bremerhaven: Wirtschaftsverlag NW.

—。 1983年。 W Rohmert と J Rutenfranz によって編集された Praktische Arbeitsphysiologie で。 シュトゥットガルト: Georg Thieme Verlag.

—。 1993.アルバイトスイスシャフト。 ベルリン: スプリンガー出版社。

Majchrzak, A. 1988. ファクトリー オートメーションの人間的側面。 サンフランシスコ: Jossey-Bass.

Martin、T、J Kivinen、JE Rijnsdorp、MG Rodd、および WB Rouse。 1991. 技術的、人的、組織的、経済的、文化的要因を統合する適切な自動化。 Automatica 27:901-917。

松本、K、原田。 1994 年。夜勤後の疲労回復に対する昼寝の効果。 人間工学 37:899-907。

Matthews, R. 1982. インドと日本の技術開発における条件の相違。 技術と文化に関するルンドの手紙、第 4 号。 ルンド、研究政策研究所。

マコーミック、EJ。 1979. 仕事の分析: 方法および適用。 ニューヨーク:アメリカ経営協会。

マッキントッシュ、DJ. 1994. 米国のオフィス環境への VDU の統合。 第 94 回国際科学会議 WWDU 'XNUMX の議事録。 ミラノ: 大学。 ミラノの。

マクウィニー。 1990. 計画と組織変更における神話の力、1989 年 IEEE Technics, Culture and Consequences。 カリフォルニア州トーレンス: IEEE ロサンゼルス カウンシル。

Meshkati、N. 1989. ボパール災害におけるミクロおよびマクロエルゴノミクス要因の病因調査: 先進国と発展途上国の両方の産業への教訓。 Int J Ind Erg 4:161-175。

未成年者、DS および JM ウォーターハウス。 1981.異常なルーチンのリズムのシンクロナイザーとしてのアンカー睡眠。 Int J Chronobiology : 165-188。

ミタル、A および W Karwowski。 1991. 人間工学/人間工学の進歩。 アムステルダム:エルゼビア。

モンク、TH。 1991. 睡眠、眠気とパフォーマンス。 チチェスター: ワイリー。

Moray、N、PM Sanderson、K Vincente。 1989. 複雑な作業領域におけるチームの認知課題分析: ケーススタディ。 プロセス制御への認知科学アプローチに関する第 XNUMX 回ヨーロッパ会議の議事録、シエナ、イタリア。

Morgan、CT、A Chapanis、JS III Cork、および MW Lund。 1963年。機器設計の人間工学ガイド。 ニューヨーク: マグロウヒル。

Mossholder、KW、および RD Arvey。 1984. 総合的妥当性: 概念的および比較レビュー。 J Appl Psychol 69:322-333。

マンフォード、E、およびヘンシャル。 1979. コンピュータ システム設計への参加型アプローチ。 ロンドン:Associated Business Press.

永町美知子 1992. 快感と感性工学. 測定基準で。 韓国、テジョン: 韓国標準科学研究院出版。

国立労働安全衛生研究所 (NIOSH)。 1981 年。手作業による持ち上げの作業実施ガイド。 オハイオ州シンシナティ: 米国保健社会福祉省。

—。 1990. OSHA 命令 CPL 2.85: 順守プログラム局: 付録 C、上肢累積外傷障害のワークステーションのビデオテープ評価について NIOSH によって承認されたガイドライン。 ワシントン DC: 米国保健社会福祉省。

Navarro, C. 1990. バス交通規制タスクにおける機能的コミュニケーションと問題解決。 Psychol Rep 67:403-409。

ネガンジー、アート。 1975. 現代の組織行動。 ケント: ケント大学..

ニスベット、RE および TD デ キャンプ ウィルソン。 1977 年。私たちが知っている以上のことを語る。 Psychol Rev 84:231-259。

ノーマン、DA。 1993.私たちを賢くするもの。 読み方:アディソン・ウェズリー。

野呂、K、AS今田。 1991. 参加型人間工学。 ロンドン:テイラー&フランシス。

O'Donnell、RD および FT Eggemeier。 1986 年。作業負荷評価方法論。 知覚と人間のパフォーマンスのハンドブック。 K Boff、L Kaufman、および JP Thomas によって編集された認知プロセスとパフォーマンス。 ニューヨーク: ワイリー。

Pagels、HR。 1984. コンピューター文化: コンピューターの科学的、知的、社会的影響。 Ann NY Acad Sci :426.

Persson、JおよびÅKilbom。 1983. VIRA—エンケル Videofilmteknik För Registrering OchAnalys Av Arbetsställningar Och—Rörelser. ソルナ、スウェーデン: Undersökningsrapport,Arbetraskyddsstyrelsen.

ファム、DT、HH オンダー。 1992. 遺伝的アルゴリズムを使用して職場レイアウトを最適化するための知識ベースのシステム。 人間工学 35:1479-1487。

Pheasant, S. 1986. Bodyspace、Anthropometry、Ergonomics and Design。 ロンドン:テイラー&フランシス。

プール、CJM。 1993年。仕立て屋の指。 Brit J Ind Med 50:668-669。

Putz-Anderson, V. 1988. 累積性外傷性障害。 上肢の筋骨格疾患のマニュアル。 ロンドン:テイラー&フランシス。

Rasmussen, J. 1983. Skills, rules, and knowledge: 人間のパフォーマンス モデルにおける罪、記号、記号、およびその他の区別。 IEEE T Syst Man Cyb 13:257-266。

—。 1986. システム設計における認知タスク分析のフレームワーク。 E Hollnagel、G Mancini、および DD Woods によって編集された、Process Environments における Intelligent Decision Support。 ベルリン: スプリンガー。

Rasmussen、J、A Pejtersen、および K Schmidts。 1990. 作業ドメインの分析のための分類法。 B Brehmer、M de Montmollin、および J Leplat によって編集された、最初の MOHAWC ワークショップの議事録。 ロスキレ: リソ国立研究所。

Reason, J. 1989. ヒューマン エラー。 ケンブリッジ:カップ。

Rebiffé、R、O Zayana、C Tarrière。 1969. ゾーン最適化の決定は、l'emplacement des commandes manuelles dans l'espace de travail を使用します。 人間工学 12:913-924。

Régie nationale des usines Renault (RNUR)。 1976. Les profils de poste: Methode d'analyse des conditions de travail. パリ:マッソン・シルト。

Rogalski, J. 1991. 緊急事態管理における分散型意思決定: 共同作業を分析するためのフレームワークおよび意思決定支援としての方法の使用。 分散型意思決定において。 J Rasmussen、B Brehmer、および J Leplat による共同作業の認知モデル。 チチェスター: ワイリー。

Rohmert, W. 1962. Untersuchungen über Muskelermüdung und Arbeitsgestaltung. ベルン: Beuth-Vertrieb.

—。 1973. 休憩手当の決定に関する問題。 パート I: 静的な筋肉作業におけるストレスと緊張を評価するための最新の方法の使用。 Appl Ergon 4(2):91-95。

—。 1984. Das Belastungs-Beanspruchungs-Konzept。 Z Arb wiss 38:193-200。

Rohmert、WおよびK Landau。 1985. 仕事分析の新しい技術。 ロンドン:テイラー&フランシス。

Rolland, C. 1986. Introduction à la conception des systèmes d'information et panorama des method disponibles. Génie Logiciel 4:6-11。

ロス、EM、DD ウッズ。 1988. 人間のパフォーマンスを支援。 I.認知分析。 Travail Hum 51:39-54.

ルドルフ、E、E シェーンフェルダー、W ハッカー。 1987. Tätigkeitsbewertungssystem für geistige arbeit mit und ohne Rechnerunterstützung (TBS-GA)。 ベルリン: Psychodiagnostisches Zentrum der Humboldt-Universität.

Rutenfranz、J. 1982年。 Ⅱ. Shiftwork: その実践と改善。 J ハム エルゴル: 67-86.

ルテンフランツ、J、J イルマリネン、F クリマー、H キリアン。 1990年。さまざまな産業労働条件下での作業負荷と要求される身体能力。 高齢者、障害者、および産業労働者のフィットネス、金子 M 編。 シャンペーン、イリノイ: ヒューマン キネティクスの本。

Rutenfranz、J、P Knauth、D Angersbach。 1981年。シフト勤務の研究問題。 LC Johnson、DI Tepas、WP Colquhoun、および MJ Colligan が編集した Biological Rhythms、Sleep and Shift Work。 ニューヨーク:Spectrum Publications の医学および科学書。

齋藤祐一、松本浩一。 1988. 生理機能のバリエーションと心理的対策、および睡眠時間のシフトの遅れに対するそれらの関係。 Jap J Ind Health 30:196-205。

酒井、K、渡辺、大西、進藤、肝付、齊藤、K Kogl. 1984. 夜勤疲労回復に有効な昼寝の条件. J Sci Lab 60: 451-478.

サベージ、CM、D アップルトン。 1988. CIM および第 XNUMX 世代管理。 ディアボーン: CASA/SME テクニカル カウンシル。

Savoyant、A および J Leplat。 1983. Statut et fonction des communication dans l'activité des equipes de travail. Psychol Franc 28:247-253。

スカブロー、H および JM コーベット。 1992. テクノロジーと組織。 ロンドン: ルートレッジ。

Schmidtke, H. 1965. Die Ermüdung. ベルン: ヒューバー。

—。 1971 年。 ベルリン:Beuth-Vertrieb。

セン、RN。 1984年。産業発展途上国への人間工学の応用。 人間工学 27:1021-1032。

Sergean, R. 1971. 交替勤務の管理。 ロンドン:ガワープレス。

Sethi、AA、DHJ Caro、RS Schuler。 1987. 情報社会におけるテクノストレスの戦略的管理。 ルイストン: ホグレフ。

Shackel, B. 1986. ユーザビリティのための設計における人間工学。 MD Harrison と AF Monk が編集した People and Computer: Design for Usability の中で。 ケンブリッジ: ケンブリッジ大学プレス。

Shahnavaz, H. 1991. 工業発展途上国への技術移転と人的要因の考察 TULEÅ 1991: 22, 23024. ルレオ大学、ルレオ、スウェーデン: 発展途上国の人間工学センター。

Shahnavaz、H、J Abeysekera、および A Johansson。 1993. 参加型人間工学による多要素作業環境問題の解決: ケーススタディ: VDT オペレーター。 E Williams、S Marrs、W Karwowski、JL Smith、および L Pacholski によって編集された手作業の人間工学。 ロンドン:テイラー&フランシス。

Shaw、JB、JH Riskind。 1983. 職位分析アンケート (PAQ) のデータを使用した仕事のストレスの予測。 J Appl Psychol 68:253-261。

Shugaar, A. 1990. Ecodesign: より環境に優しい文化のための新製品。 Int Herald Trib、17歳。

シナイコ、WH。 1975. 人間工学における言語的要因: いくつかの文化的および心理的データ。 人間工学における民族変数、A Chapanis 編。 ボルチモア: Johns Hopkins Univ..

シングルトン、WT。 1982年。仕事で体。 ケンブリッジ:カップ。

スナイダー、HL。 1985a。 画質: 測定値とビジュアル パフォーマンス。 フラット パネル ディスプレイおよび CRT で、LE Tannas によって編集されました。 ニューヨーク:ヴァン・ノストランド・ラインホールド。

—。 1985b. 視覚システム: 機能と制限。 フラット パネル ディスプレイおよび CRT で、LE Tannas によって編集されました。 ニューヨーク:ヴァン・ノストランド・ラインホールド。

ソロモン、CM. 1989 年。労働力の多様性に対する企業の対応。 Pers J 68:42-53。

Sparke, P. 1987. 現代日本のデザイン。 ニューヨーク:EP ダットン。

スペランディオ、J.C. 1972. Charge de travail et régulation des processus opératoires. Travail Hum 35:85-98.

Sperling、L、S Dahlman、L Wikström、A Kilbom、R Kadefors。 1993年。ハンドツールを使用した作業の分類と機能要件の定式化のためのキューブモデル。 Appl Ergon 34:203-211。

Spinas, P. 1989. ユーザー指向のソフトウェア開発とダイアログの設計。 In Work With Computers: Organizational, Management, Stress and Health Aspects、MJ Smith および G Salvendy 編集。 アムステルダム:エルゼビア。

スタラムラー、JH. 1993. 人間工学辞典。 ボカラトン:CRCプレス。

ストローム、オー、JK クアーク、A シリング。 1993. Integrierte Produktion: Arbeitspsychologische Konzepte und empirische Befunde, Schriftenreihe Mensch, Technik, Organisation. In CIM—Herausforderung an Mensch, Technik, Organisation、G Cyranek および E Ulich 編集。 シュトゥットガルト、チューリッヒ: Verlag der Fachvereine.

ストローム、O、P トロクスラー、E ウリッヒ。 1994. Vorschlag für die Restrukturierung eines
プロダクションbetriebes。 チューリッヒ: Institut für Arbietspsychologie der ETH.

サリバン、LP。 1986. 品質機能展開: 顧客のニーズが製品設計と生産プロセスを推進することを保証するためのシステム。 品質プログラム:39-50。

Sundin、A、J Laring、J Bäck、G Nengtsson、R Kadefors。 1994. 手動溶接のための歩行可能な職場: 人間工学による生産性。 原稿。 ヨーテボリ: Lindholmen 開発。

タルデュー、H、D ナンシー、D パスコ。 1985年。情報システムの構想。 パリ: Editions d'Organisation。

Teiger、C、A Laville、および J Durafourg。 1974年。タッシュ・レペティティブ・スー・コントレイント・ド・テンプとチャージ・ド・トラベイル。 ラポート番号 39。Laboratoire dephysiologie du travail et d'ergonomy du CNAM。

Torsvall、L、T Akerstedt、および M. Gillberg。 1981 年。年齢、睡眠、および不規則な労働時間: EEG 記録、カテコールアミン排泄および自己評価によるフィールド調査。 Scand J Wor Env Health 7:196-203。

Ulich, E. 1994. Arbeitspsychologie 3. Auflage。 チューリッヒ: Verlag der Fachvereine と Schäffer-Poeschel。

Ulich、E、M Rauterberg、T Moll、T Greutmann、および O Strohm。 1991. タスク指向とユーザー指向の対話設計。 Int J Human-Computer Interaction 3:117-144。

国連教育科学文化機関 (UNESCO)。 1992. 社会に対する科学のエルゴノミクスの影響。 巻。 165. ロンドン:テイラー&フランシス。

Van Daele, A. 1988. L'écran de visuals ou la communication verbale? 使用率の比較を分析します。 Travail Hum 51(1):65-80.

—。 1992. La réduction de la complexité par les opérateurs dans le control de processus continus. コントリビューション・ア・レチュード・デュ・コントロール・パー・アンティシペーション・エ・デ・デス・コンディション・ド・ミズ・エン・ヴヴル。 リエージュ: リエージュ大学。

Van der Beek、AJ、LC Van Gaalen、および MHW Frings-Dresen。 1992. トラック運転手の作業姿勢と活動: 現場観察とポケコン記録の信頼性研究. Appl Ergon 23:331-336。

Vleeschdrager, E. 1986. 硬度 10: ダイヤモンド。 パリ。

Volpert, W. 1987. Psychische Regulation von Arbeitstätigkeiten. Arbeitspsychologie で。 Enzklopüdie der Psychologie、U Kleinbeck および J Rutenfranz によって編集されました。 ゲッティンゲン: ホグレフェ。

Wagner, R. 1985. ARBED での職務分析。 人間工学 28:255-273。

ワーグナー、JA、RZ グッディング。 1987年。参加研究に対する社会的傾向の影響。 Adm Sci Q 32:241-262。

Wall、TD、JA Lischeron。 1977. 労働者の参加: 文学といくつかの新鮮な証拠の批評。 ロンドン: マグロウヒル。

王、WM-Y。 1992. ヒューマン コンピュータ インタラクション (HCI) のユーザビリティ評価。 ルレオ、スウェーデン: ルレオ大学。 技術の。

ウォーターズ、TR、V プッツ アンダーソン、A ガーグ、LJ ファイン。 1993. 手動操作タスクの設計と評価のための NIOSH 式の改訂。 人間工学 36:749-776。

Wedderburn, A. 1991. 交替制労働者のためのガイドライン。 欧州シフトワーク トピックの速報 (BEST) No. 3. ダブリン: 生活および労働条件の改善のための欧州財団。

ウェルフォード、AT。 1986. 需要、能力、戦略、およびスキルの関数としての精神的負荷。 人間工学 21:151-176。

ホワイト、PA。 1988 年。10 年後の「内省的アクセス」と因果報告の正確さについて、私たちが語ることについてより多くのことを知る。 ブリット J サイコル 79:13-45。

Wickens, C. 1992. 工学心理学と人間のパフォーマンス。 ニューヨーク:ハーパー・コリンズ。

ウィッケンズ、CD、YY イェー。 1983. 主観的な作業負荷とパフォーマンスの分離: 複数のリソースによるアプローチ。 ヒューマン ファクター ソサイエティ第 27 回年次総会の議事録。 カリフォルニア州サンタモニカ:ヒューマンファクター協会。

Wieland-Eckelmann、R. 1992年。 ゲッティンゲン: ホグレフェ。

Wikström.L、S Byström、S Dahlman、C Fransson、R Kadefors、Å Kilbom、E Landervik、L Lieberg、L Sperling、J Öster。 1991.ハンドツールの選択と開発の基準。 ストックホルム: 国立産業衛生研究所。

ウィルキンソン、RT。 1964 年。最大 60 時間の睡眠不足がさまざまな種類の仕事に及ぼす影響。 人間工学 7:63-72。

Williams, R. 1976. Keywords: A Vocabulary of Culture and Society. グラスゴー: フォンタナ。

Wilpert, B. 1989. Mitbestimmung. Arbeits- und Organisationspsychologie で。 Schlüsselbegriffen の Internationales Handbuch、S Greif、H Holling、および N Nicholson によって編集されました。 ミュンヘン:Psychology Verlags Union。

ウィルソン、J. 1991. 参加: 人間工学のフレームワークと基礎。 J Occup Psychol 64:67-80.

ウィルソン、JR および EN コーレット。 1990. 人間の仕事の評価: 実用的な人間工学の方法論。 ロンドン:テイラー&フランシス。

Wisner, A. 1983. 人間工学または人類学: 技術移転における労働条件への限定的または広範なアプローチ。 Shahnavaz と Babri が編集した、発展途上国の人間工学に関する第 XNUMX 回国際会議の議事録。 ルレオ、スウェーデン: ルレオ大学。 技術の。

Womack、J、T Jones、および D Roos。 1990年 世界を変えた機械。 ニューヨーク:マクミラン。

Woodson、WE、B Tillman、および P Tillman。 1991.ヒューマンファクターデザインハンドブック。 ニューヨーク:マグロウヒル。

張、YK、JS タイラー。 1990. 開発途上国での近代的な電話ケーブル生産施設の設立。 ケーススタディ。 International Wire and Cable Symposium Proceedings で。 イリノイ。

ジンチェンコ、V、V ムニポフ。 1989.人間工学の基礎。 モスクワ: 進歩。