火曜日、15 March 2011 15:01

赤外線放射

このアイテムを評価
(11票)

赤外線は、マイクロ波と可視光の間に位置する非電離放射線スペクトルの一部です。 それは人間の環境の自然な部分であるため、人々は日常生活のあらゆる分野で少量ですが、例えば、家庭や太陽の下でのレクリエーション活動中にさらされています. しかし、非常に強いばく露は、職場での特定の技術的プロセスに起因する可能性があります。

多くの産業プロセスには、さまざまな種類の材料の熱硬化が含まれます。 使用される熱源または加熱された材料自体は、通常、非常に高レベルの赤外線放射を放出するため、多数の作業員がさらされる危険にさらされる可能性があります。

コンセプトと量

赤外線 (IR) の波長範囲は 780 nm から 1 mm です。 国際照明委員会 (CIE) による分類に従って、このバンドは IRA (780 nm から 1.4 μm まで)、IRB (1.4 μm から 3 μm まで)、および IRC (3 μm から 1 mm まで) に細分されます。 この細分化は、組織内の IR の波長依存吸収特性と、その結果生じるさまざまな生物学的効果にほぼ従います。

赤外線放射の量と時間的および空間的分布は、さまざまな放射量と単位で表されます。 特に目の光学的および生理学的特性により、通常、小さな「点」光源と「拡張」光源が区別されます。 この区別の基準は、光源によって定められた目で測定された角度 (α) の値 (ラジアン) です。 この角度は商、光源の寸法として計算できます。 DL 視聴距離で割った値 r. 拡張光源とは、目の視野角が α より大きいものです。、通常は 11 ミリラジアンです。 すべての拡張光源には、α が等しい視距離があります。 α; 距離が離れていれば、光源を点光源のように扱うことができます。 光放射線防護において、拡張光源に関する最も重要な量は、 輝き (L、Wmで表される-2sr-1)と 時間積分放射輝度 (Lp Jmで-2sr-1)、ソースの「明るさ」を表します。 健康リスク評価の場合、α< α となるような線源からの距離における点線源または曝露に関する最も関連性の高い量放射照度 (E、Wmで表される-2)、これは被ばく線量率の概念に相当し、 放射露光 (H、Jm-2)、被ばく線量の概念に相当します。

スペクトルの一部の帯域では、曝露による生物学的影響は波長に大きく依存します。 したがって、追加の分光放射量を使用する必要があります (たとえば、分光放射輝度、 Ll、Wmで表される-2 sr-1 nm-1) 生物学的影響に関連する適用可能な作用スペクトルに対して、発生源の物理的放出値を比較検討する。

 

発生源と職業被ばく

IR への暴露は、さまざまな自然および人工の発生源に起因します。 これらの光源からのスペクトル放射は、単一の波長 (レーザー) に限定されるか、または広い波長帯域に分布する可能性があります。

一般的な光放射の生成メカニズムには、次のようなものがあります。

  • 熱励起 (黒体放射)
  • ガス排出
  • 誘導放射 (レーザー) による光増幅。ガス放電のメカニズムは IR バンドではあまり重要ではありません。

 

多くの産業プロセスで使用される最も重要なソースからの放射は、熱励起の結果であり、ソースの絶対温度がわかっている場合は、黒体放射の物理法則を使用して概算できます。 総排出量 (M、Wm 単位)-2) は、ステファン・ボルツマンの法則によって記述されます (図 1)。

M(T) = 5.67 × 10-8T4

温度の 4 乗に依存します (T、K) 放射体の。 放射輝度のスペクトル分布は、プランクの放射法則によって記述されます。

および最大発光の波長 (λマックス) は、ウィーンの法則に従って次のように記述されます。

λマックス =(2.898 x 10-8)/ T

図 1. 分光放射輝度 λマックス各曲線にケルビン度で示される絶対温度での黒体ラジエーターの

ELF040F1

産業および医療プロセスで使用される多くのレーザーは、非常に高レベルの IR を放出します。 一般に、他の放射線源と比較して、レーザー放射線には、非常に短いパルス持続時間や非常に高い放射照度など、曝露後のリスクに影響を与える可能性のあるいくつかの異常な特徴があります。 したがって、レーザー放射については、この章の別の場所で詳しく説明します。

多くの産業プロセスでは、高レベルの可視および赤外線放射を放出する放射源を使用する必要があるため、パン職人、ガラス吹き職人、キルン作業員、鋳造作業員、鍛冶屋、製錬所、消防士などの多数の作業員が潜在的に被ばくの危険にさらされています。 ランプに加えて、炎、ガストーチ、アセチレントーチ、溶融金属のプール、白熱金属棒などのソースを考慮する必要があります。 これらは、鋳造所、製鉄所、および他の多くの重工業プラントで見られます。 表 1 は、IR 光源とそのアプリケーションの例をまとめたものです。

表 1. IR のさまざまなソース、暴露された人口、おおよその暴露レベル

ソース

アプリケーションまたは暴露集団

暴露

日光

屋外作業員、農業従事者、建設作業員、船員、一般市民

500Wm-2

タングステンフィラメントランプ

一般人口と労働者
一般照明、インク、塗料の乾燥

105-106 Wm-2sr-1

タングステンハロゲンフィラメントランプ

(タングステン フィラメント ランプを参照)
複写機(定着)、一般工程(乾燥、焼き付け、収縮、軟化)

50~200Wm-2 (50cm時)

発光ダイオード(GaAsダイオードなど)

玩具、家電、データ伝送技術など

105 Wm-2sr-1

キセノンアークランプ

プロジェクター、ソーラーシミュレーター、サーチライト
印刷工場のカメラマン、光学実験室の作業員、芸能人

107 Wm-2sr-1

溶鉄

製鋼炉、製鉄所の労働者

105 Wm-2sr-1

赤外線ランプアレイ

工業用加熱および乾燥

103 8へ.103 Wm-2

病院の赤外線ランプ

インキュベーター

100~300Wm-2

 

生物学的効果

一般に、光放射は生体組織に深く浸透しません。 したがって、赤外線暴露の主なターゲットは皮膚と目です。 ほとんどの暴露条件下では、IR の主な相互作用メカニズムは熱です。 レーザーが生成する非常に短いパルスのみが、ここでは考慮されていませんが、メカノサーマル効果を引き起こす可能性があります。 イオン化または化学結合の切断による影響は、約 1.6 eV 未満である粒子エネルギーが低すぎてそのような影響を引き起こすことができないため、IR 放射では発生しないと予想されます。 同じ理由で、光化学反応は視覚および紫外領域のより短い波長でのみ重要になります。 IR のさまざまな波長に依存する健康への影響は、主に、組織の波長に依存する光学的特性 (たとえば、眼球媒体のスペクトル吸収) から生じます (図 2)。

図 2. 眼媒質のスペクトル吸収

ELF040F2

目への影響

一般に、目は自然環境からの光放射から身を守るように適応しています。 さらに、眼は太陽や高輝度ランプなどの明るい光源からの損傷から、露出時間を数分の 0.25 秒 (約 XNUMX 秒) に制限する嫌悪反応によって生理学的に保護されています。

IRA は、眼の媒質が透明であるため、主に網膜に影響を与えます。 点光源またはレーザー ビームを直接見ると、IRA 領域の集束特性により、網膜は体の他のどの部分よりも損傷を受けやすくなります。 短時間の暴露では、可視または近赤外線の吸収による虹彩の加熱が、レンズの混濁の発生に関与すると考えられています。

波長が長くなるにつれて、約 1 μm を超えると、眼球媒質による吸収が増加します。 したがって、水晶体と色素性虹彩の両方による IRA 放射の吸収は、レンズ状の不透明度の形成に役割を果たすと考えられます。 レンズの損傷は、3 μm 未満の波長 (IRA および IRB) に起因します。 波長が 1.4 μm を超える赤外線は、房水と水晶体が特に強く吸収します。

スペクトルの IRB および IRC 領域では、眼の媒質は、それらの構成水による強い吸収の結果として不透明になります。 この領域での吸収は、主に角膜と房水で行われます。 1.9 μm を超えると、角膜が実質的に唯一の吸収体になります。 角膜による長波長赤外線放射の吸収は、熱伝導により目の温度を上昇させる可能性があります。 表面の角膜細胞のターンオーバー速度が速いため、角膜外層に限定された損傷は一時的なものであると予想できます。 IRC バンドでは、曝露によって角膜に皮膚と同様の火傷が生じる可能性があります。 しかし、角膜熱傷は、強い暴露による痛みを伴う嫌悪反応のため、発生する可能性はあまり高くありません。

皮膚への影響

赤外線は皮膚の奥まで浸透しません。 したがって、非常に強い赤外線に皮膚をさらすと、さまざまな程度の局所的な熱影響、さらには重度の火傷を引き起こす可能性があります。 皮膚への影響は、波長に依存する浸透の深さなど、皮膚の光学特性によって異なります (図 3 )。 特により長い波長では、広範囲にさらされると、局所的な温度上昇や火傷を引き起こす可能性があります。 これらの効果のしきい値は、皮膚の熱輸送プロセスの物理的特性のため、時間に依存します。 10kWmの照射-2たとえば、5 kWm のばく露では 2 秒以内に痛みを感じることがあります。-2 約 50 秒より短い時間内に同じ反応を起こすことはありません。

図 3. 異なる波長の皮膚への浸透の深さ

ELF040F3

暴露が非常に長期間にわたって続く場合、たとえ痛みの閾値をはるかに下回る値であっても、人体への熱の負担は大きくなる可能性があります。 特に、溶鋼の前など、露出が全身を覆っている場合はなおさらです。 その結果、生理学的にバランスのとれた体温調節システムの不均衡が生じる可能性があります。 このような暴露に耐えるための閾値は、体温調節システムの個々の能力、暴露中の実際の身体代謝、または環境温度、湿度、空気の動き (風速) など、さまざまな個人および環境条件によって異なります。 物理的な作業なしで、最大 300 Wm の露出-2 特定の環境条件下では 140 時間以上許容される場合がありますが、この値は約 XNUMX Wm に減少します。-2 激しい肉体労働中。

暴露基準

波長と照射時間に依存する IR 照射の生物学的影響は、特定のしきい値強度または線量値を超えた場合にのみ許容できなくなります。 このような耐え難い被ばく条件から保護するために、世界保健機関 (WHO)、国際労働局 (ILO)、国際放射線防護協会の非電離放射線国際委員会 (INIRC/IRPA) などの国際機関、およびその後継者である国際非電離放射線防護委員会 (ICNIRP) と米国政府産業衛生士会議 (ACGIH) は、コヒーレント光源とインコヒーレント光源の両方からの赤外線放射に対する曝露限界を提案しました。 赤外線放射への人間の曝露を制限するためのガイドラインに関する国内および国際的な提案のほとんどは、ACGIH (1993/1994) によって公開された提案された限界値 (TLV) に基づいているか、または同じです。 これらの制限は広く認識されており、職業上の状況で頻繁に使用されています。 それらは現在の科学的知識に基づいており、網膜と角膜の熱損傷を防ぎ、眼の水晶体への遅延効果の可能性を回避することを目的としています.

ACGIH 曝露限界の 1994 年改訂は次のとおりです。

1. 可視光にさらされた場合 (たとえば、強力な光源の場合) に網膜を熱損傷から保護するために、分光放射輝度 Lλ 網膜熱ハザード関数に対して重み付けされた W/(m² sr nm) で Rλ (表 2 を参照) 波長間隔 Δλ 波長 400 ~ 1400 nm の範囲で合計すると、次の値を超えてはなりません。

コラボレー t 10からの間隔に制限された視聴期間です-3 から 10 秒 (つまり、凝視ではなく偶発的な表示条件の場合)、および α は、α = ソースの最大延長/ソースまでの距離によって計算されるラジアン単位のソースの角度サブテンスです。 Rλ  (表 2)。

2. 強い視覚刺激が存在しない赤外線加熱ランプまたは近赤外線源の曝露の危険から網膜を保護するために、目で見たときの波長範囲 770 ~ 1400 nm の赤外線放射輝度 (7 mm の瞳孔に基づく)直径) 長時間の観察条件では、以下に制限する必要があります。

この制限は、7 mm の瞳孔径に基づいています。この場合、可視光がないために嫌悪反応 (目を閉じるなど) が存在しない可能性があるためです。

3. 遅発性白内障などの目の水晶体への遅延効果の可能性を回避し、角膜を過度の露出から保護するために、770 nm を超える波長の赤外線放射は、100 秒を超える期間で 1,000 W/m² に制限する必要があります。そしてへ:

またはより短い期間。

4. 無水晶体患者の場合、紫外光と可視光の波長範囲 (305 ~ 700 nm) について、個別の重み付け関数と結果の TLV が与えられます。

表 2. 網膜熱ハザード関数

波長 (nm)

Rλ

波長 (nm)

Rλ

400

1.0

460

8.0

405

2.0

465

7.0

410

4.0

470

6.2

415

8.0

475

5.5

420

9.0

480

4.5

425

9.5

485

4.0

430

9.8

490

2.2

435

10.0

495

1.6

440

10.0

500-700

1.0

445

9.7

700-1,050

10((700 - λ )/ 500)

450

9.4

1,050-1,400

0.2

455

9.0

   

出典: ACGIH 1996.

測定

光放射源への曝露による皮膚や眼へのリスクを分析できる、信頼性の高い放射測定技術と機器が利用可能です。 従来の光源を特徴付けるには、一般に放射輝度を測定することが非常に役立ちます。 光源からの危険な曝露条件を定義するには、放射照度と放射曝露がより重要になります。 広帯域光源の評価は、スペクトル特性と光源サイズを考慮する必要があるため、単一波長または非常に狭い帯域で放射する光源の評価よりも複雑です。 特定のランプのスペクトルは、広い波長帯域にわたる連続発光と、特定の単一波長 (線) の発光の両方で構成されています。 各ラインのエネルギーの一部が連続体に適切に追加されていない場合、これらのスペクトルの表現に重大なエラーが発生する可能性があります。

健康被害の評価では、曝露値は、曝露基準が指定されている制限アパーチャで測定する必要があります。 通常、1 mm の開口が実用的な最小の開口サイズであると考えられてきました。 波長が 0.1 mm を超えると、1 mm のアパーチャによって大きな回折効果が生じるため、問題が生じます。 この波長帯のホット スポットは短波長よりも大きいため、この波長帯では 1 cm² (直径 11 mm) の開口が受け入れられました。 網膜ハザードの評価では、開口部のサイズは平均瞳孔サイズによって決定され、したがって 7 mm の開口部が選択されました。

一般に、光学領域での測定は非常に複雑です。 訓練を受けていない担当者による測定は、無効な結論につながる可能性があります。 測定手順の詳細な要約は、Sliney と Wolbarsht (1980) に記載されています。

保護対策

光放射への暴露に対する最も効果的な標準的な保護は、放射源の完全なエンクロージャーと、放射源から出る可能性のあるすべての放射経路です。 このような手段により、ほとんどの場合、暴露限度の順守は容易に達成できるはずです。 そうでない場合は、個人保護が適用されます。 たとえば、適切なゴーグルやバイザー、または防護服の形で入手可能な目の保護具を使用する必要があります。 作業条件がそのような措置を適用できない場合、管理上の制御と非常に強い情報源へのアクセス制限が必要になる場合があります。 場合によっては、作業者を保護するために、電源の電力または作業時間 (熱ストレスから回復するために作業を一時停止する) のいずれか、またはその両方を減らすことが考えられる場合があります。

まとめ

一般に、ランプなどの最も一般的な光源やほとんどの産業用途からの赤外線放射は、作業者に危険を及ぼすことはありません。 ただし、一部の職場では、IR が労働者の健康リスクを引き起こす可能性があります。 さらに、特殊用途のランプの適用と使用、および工業、科学、および医療における高温プロセスが急速に増加しています。 これらのアプリケーションからの暴露が十分に高い場合、有害な影響 (主に目だけでなく皮膚への影響) を除外することはできません。 国際的に認められた光放射曝露基準の重要性が高まることが予想されます。 労働者を過度の被ばくから保護するために、シールド (アイシールド) や防護服などの保護手段を必須にする必要があります。

赤外線放射に起因する主な生物学的悪影響は白内障であり、吹きガラスや炉工の白内障として知られています。 比較的低レベルであっても、長期暴露は人体に熱ストレスを引き起こします。 このような暴露条件では、体温や蒸発熱損失、環境要因などの追加要因を考慮する必要があります。

労働者に情報を提供し、指導するために、いくつかの実用的なガイドが先進国で開発されました。 包括的な要約は、Sliney と Wolbarsht (1980) にあります。

 

戻る

読む 22536 <font style="vertical-align: inherit;">回数</font> 最終更新日 13 年 2011 月 21 日木曜日 31:XNUMX
このカテゴリの詳細: « 紫外線 光と赤外線 »

免責事項: ILO は、この Web ポータルに掲載されているコンテンツが英語以外の言語で提示されていることについて責任を負いません。英語は、オリジナル コンテンツの最初の制作およびピア レビューに使用される言語です。その後、特定の統計が更新されていません。百科事典の第 4 版 (1998 年) の作成。

内容

放射線:非電離の参考文献

アレン、SG。 1991. 無線周波数フィールド測定とハザード評価。 J Radiol Protect 11:49-62。

米国政府産業衛生士会議 (ACGIH)。 1992. しきい値限界値のドキュメント。 オハイオ州シンシナティ: ACGIH.

—。 1993年。化学物質および物理的作用物質の限界値と生物学的暴露指数。 オハイオ州シンシナティ: ACGIH.

—。 1994a。 ACGIH Physical Agents Threshold Limit Values Committee の年次報告書。 オハイオ州シンシナティ: ACGIH.

—。 1994b. 1994 ~ 1995 年の TLV の限界値と生物学的暴露指数。 オハイオ州シンシナティ: ACGIH.

—。 1995. 1995-1996 化学物質および物理的作用物質の限界値と生物学的暴露指数。 オハイオ州シンシナティ: ACGIH.

—。 1996. TLVs© および BEIs©。 化学物質および物理的作用物質の限界値; 生物学的暴露指数。 オハイオ州シンシナティ: ACGIH.

米国規格協会 (ANSI)。 1993. レーザーの安全な使用。 標準番号 Z-136.1。 ニューヨーク: ANSI.

Aniolczyk, R. 1981. ジアテルミー、溶接機、および誘導加熱器の環境における電磁界の衛生評価の測定。 Medicina Pracy 32:119-128。

バセット、CAL、SN ミッチェル、SR ガストン。 1982年。結合していない骨折および関節節の障害におけるパルス電磁界治療。 J Am Med Assoc 247:623-628。

Bassett、CAL、RJ Pawluk、および AA Pilla。 1974. 誘導結合電磁界による骨修復の増強。 科学 184:575-577。

Berger、D、F Urbach、および RE Davies。 1968. 紫外線によって誘発される紅斑の作用スペクトル。 予備報告 XIII。 Congressus Internationalis Dermatologiae、Munchen、W Jadassohn および CG Schirren が編集。 ニューヨーク:Springer-Verlag。

ベルンハルト、JH. 1988a。 電界および磁界の周波数依存限界の確立と間接効果の評価。 Rad Envir Biophys 27:1。

Bernhardt、JHおよびR Matthes。 1992. ELF および RF 電磁源。 非電離放射線防護、MW Greene 編集。 バンクーバー: UBC プレス。

Bini、M、A Checcucci、A Ignesti、L Millanta、R Olmi、N Rubino、R Vanni。 1986. プラスチック シーラーから漏れる強力な RF 電界に労働者がさらされる。 J マイクロ波パワー 21:33-40.

Buhr、E、E Sutter、およびオランダ保健評議会。 1989年。保護装置用の動的フィルター。 GJ Mueller および DH Sliney によって編集された医学および生物学におけるレーザー放射の線量測定。 ウォッシュ州ベリンガム: SPIE.

放射線保健局。 1981. ビデオ ディスプレイ端末からの放射放出の評価。 メリーランド州ロックビル: 放射線保健局。

Cleuet、A、およびA Mayer。 1980年。Risques liés à l'utilisation industrielle des lasers。 Institut National de Recherche et de Sécurité, Cahiers de Notes Documentaires, No. 99 Paris: Institut National de Recherche et de Sécurité.

コブレンツ、WR、R ステア、および JM ホーグ。 1931. 紫外線に対する皮膚のスペクトル紅斑関係。 アメリカ合衆国ワシントン DC の国立科学アカデミーの議事録: 国立科学アカデミー。

カリフォルニア州コール、DF フォーブス、PD デイビス。 1986. UV 光発癌の作用スペクトル。 Photochem Photobiol 43(3):275-284。

Commission Internationale de L'Eclairage (CIE)。 1987. 国際照明語彙。 ウィーン: CIE.

Cullen、AP、BR Chou、MG Hall、SE Jany。 1984. 紫外線 B による角膜内皮の損傷。 Am J Optom Phys Opt 61(7):473-478.

Duchene、A、J Lakey、および M Repacholi。 1991. 非電離放射線に対する保護に関する IRPA ガイドライン。 ニューヨーク:ペルガモン。

長老、JA、PA Czerki、K Stuchly、K Hansson Mild、AR Sheppard。 1989. 高周波放射。 MJ Suess と DA Benwell-Morison が編集した非電離放射線防護。 ジュネーブ: WHO.

Eriksen, P. 1985. MIG 溶接アーク点火からの時間分解光スペクトル。 Am Ind Hyg Assoc J 46:101-104。

マサチューセッツ州エベレット、RL オルセン、RM セイヤー。 1965年。紫外線紅斑。 Arch Dermatol 92:713-719。

Fitzpatrick、TB、MA Pathak、LC Harber、M Seiji、および A Kukita。 1974. 日光と人間、正常および異常な光生物学的反応。 東京:大学東京プレスの。

フォーブス、PD、PD デイビス。 1982年。光発癌に影響を与える要因。 チャプ。 JAM Parrish、L Kripke、および WL Morison によって編集された光免疫学の 7。 ニューヨーク:プレナム。

フリーマン、RS、DW オーエンズ、JM ノックス、HT ハドソン。 1966. 太陽スペクトルに存在する紫外線の単色波長に対する皮膚の紅斑応答の相対エネルギー要件。 J Invest Dermatol 47:586-592。

グランドルフォ、M アンド K ハンソン マイルド。 1989 年。世界的な公衆および職業の無線周波数およびマイクロ波保護。 電磁生物相互作用。 G Franceschetti、OP Gandhi、および M Grandolfo が編集したメカニズム、安全基準、保護ガイド。 ニューヨーク:プレナム。

グリーン、MW。 1992年。非電離放射線。 第 2 回国際非電離放射線ワークショップ、10 月 14 ~ XNUMX 日、バンクーバー。

ハム、WTJ。 1989. レーザーやその他の光源によって生成される青色光および近紫外線網膜病変の光病理学と性質。 ML Wolbarsht が編集した、医学および生物学におけるレーザーの応用。 ニューヨーク:プレナム。

ハム、WT、HA ミューラー、JJ ラフォロ、D ゲリー III、RK ゲリー。 1982.無水晶体サルにおける近紫外線による網膜損傷の作用スペクトル。 Am J Ophthalmol 93(3):299-306。

Hansson Mild, K. 1980. 無線周波数電磁界への職業暴露。 議事録 IEEE 68:12-17。

ハウサー、KW。 1928年。放射線生物学における波長の影響。 Strahlentherapie 28:25-44。

電気電子技術者協会 (IEEE)。 1990a。 IEEE COMAR RF およびマイクロ波の位置づけ。 ニューヨーク:IEEE。

—。 1990b. RFシーラーおよび誘電ヒーターからの電場および磁場への曝露の健康面に関するIEEE COMARの見解表明。 ニューヨーク:IEEE。

—。 1991. 無線周波数電磁界への人体曝露に関する安全レベルに関する IEEE 規格 3 KHz ~ 300 GHz。 ニューヨーク:IEEE。

非電離放射線防護に関する国際委員会 (ICNIRP)。 1994年。静磁場への曝露の限界に関するガイドライン。 健康物理 66:100-106。

—。 1995. レーザー放射に対する人間の暴露限界に関するガイドライン。

ICNIRP ステートメント。 1996. 携帯型無線電話と基地局送信機の使用に関連する健康問題。 健康物理学、70:587-593。

国際電気標準会議 (IEC)。 1993. IEC 規格 No. 825-1。 ジュネーブ: IEC.

国際労働局 (ILO)。 1993a。 電力周波数の電界および磁界からの保護。 労働安全衛生シリーズ、第 69 号。ジュネーブ:ILO。

国際放射線防護協会 (IRPA)。 1985. レーザー放射への人体曝露の制限に関するガイドライン。 健康物理 48(2):341-359。

—。 1988a。 変更: レーザー放射への曝露の制限に関する IRPA 1985 ガイドラインのマイナーな更新に関する推奨事項。 健康物理 54(5):573-573。

—。 1988b. 100 kHz から 300 GHz までの周波数範囲の高周波電磁場への曝露の制限に関するガイドライン。 健康物理 54:115-123。

—。 1989 年。IRPA 1985 ガイドラインの紫外線への曝露制限に対する変更案。 健康物理 56(6):971-972。

国際放射線防護協会 (IRPA) および国際非電離放射線委員会。 1990 年。50/60 Hz の電場および磁場への曝露の制限に関する暫定ガイドライン。 健康物理 58(1):113-122。

Kolmodin-Hedman、B、K Hansson Mild、E Jönsson、MC Anderson、A Eriksson。 1988. プラスチック溶接機の操作と無線周波数電磁界への曝露における健康問題。 Int Arch Occup Environ Health 60:243-247.

Krause, N. 1986. 技術、医学、研究、および公共生活における静磁場および時間変動磁場への人々の曝露: 線量測定の側面。 静電界および ELF 磁界の生物学的影響、JH Bernhardt 編集。 ミュンヘン: MMV Medizin Verlag.

Lövsund、PおよびKHマイルド。 1978. いくつかの誘導ヒーター付近の低周波電磁界。 ストックホルム: ストックホルム労働安全衛生委員会。

Lövsund、P、PA Oberg、SEG Nilsson。 1982 年。電気鋼および溶接産業における ELF 磁界。 ラジオ科学 17(5S):355-385.

ラッキーッシュ、ML、L ホラデイ、AH テイラー。 1930年。日焼けしていない人間の皮膚の紫外線に対する反応。 J Optic Soc Am 20:423-432。

マッキンレー、AF、B ディフィー。 1987. ヒトの皮膚における紫外線誘発紅斑の参照作用スペクトル。 紫外線放射への人間の暴露: リスクと規制、WF Passchier と BFM Bosnjakovic によって編集されました。 ニューヨーク: Excerpta medica Division, Elsevier Science Publishers.

マッキンレー、A、JB アンダーセン、JH ベルンハルト、M グランドルフォ、KA ホスマン、FE ヴァン レーウェン、K ハンソン マイルド、AJ スワードロウ、L ヴェルシェーヴ、B ベイレット。 欧州委員会の専門家グループによる研究プログラムの提案。 無線電話の使用に関連する可能性のある健康への影響。 未発表レポート。

Mitbriet、IM および VD Manyachin。 1984年。骨の修復に対する磁場の影響。 モスクワ、ナウカ、292-296。

放射線防護および測定に関する全国評議会 (NCRP)。 1981. 無線周波電磁界。 プロパティ、量と単位、生物物理学的相互作用、および測定。 メリーランド州ベセスダ: NCRP.

—。 1986. 無線周波数電磁界の生物学的影響とばく露基準。 レポート No. 86。メリーランド州ベセスダ: NCRP。

国家放射線防護委員会 (NRPB)。 1992. 電磁界とがんのリスク。 巻。 3(1)。 イギリス、チルトン:NRPB。

—。 1993. 静的および時間変化する電磁場および放射線への人体曝露に関する制限。 イギリス、ディドコット:NRPB。

国立研究評議会 (NRC)。 1996. 住宅の電界および磁界への曝露による健康への影響の可能性。 ワシントン:NASプレス。 314。

オルセン、EG、A Ringvold。 1982年。ヒト角膜内皮と紫外線。 Acta Ophthalmol 60:54-56。

パリッシュ、JA、KF ジェニッケ、RR アンダーソン。 1982. 紅斑とメラニン形成: 正常な人間の皮膚の作用スペクトル。 Photochem Photobiol 36(2):187-191。

Passchier、WF、BFM ボスニャコビッチ。 1987. 紫外線への人間の暴露: リスクと規制。 ニューヨーク:Elsevier Science Publishers の Excerpta Medica Division。

ピッツ、DG. 1974. 人間の紫外線作用スペクトル。 Am J Optom Phys Opt 51(12):946-960.

ピッツ、DG、TJ トレディチ。 1971. 目に及ぼす紫外線の影響。 Am Ind Hyg Assoc J 32(4):235-246。

Pitts、DG、AP Cullen、および PD Hacker。 1977a。 295 から 365nm までの紫外線の眼への影響。 Invest Ophthalmol Vis Sci 16(10):932-939.

—。 1977b. ウサギの目における295~400nmの紫外線効果。 オハイオ州シンシナティ: 国立労働安全衛生研究所 (NIOSH)。

Polk、CおよびE Postow。 1986. 電磁界の生物学的影響に関する CRC ハンドブック。 ボカラトン:CRCプレス。

レパコリ、MH。 1985. ビデオ表示端末 - オペレータは心配する必要がありますか? Austalas Phys Eng Sci Med 8(2):51-61。

—。 1990. 50760 Hz の電界および磁界への曝露による癌: 主要な科学的議論。 Austalas Phys Eng Sci Med 13(1):4-17。

レパコリ、M、A バステン、V ゲブスキー、D ヌーナン、J フィニック、AW ハリス。 1997. パルス 1 MHz 電磁場に曝露された E-Pim900 トランスジェニック マウスのリンパ腫。 放射線研究、147:631-640。

ライリー、MV、S スーザン、MI ピーターズ、CA シュワルツ。 1987. 角膜内皮に対する UVB 照射の影響。 Curr Eye Res 6(8):1021-1033。

Ringvold、A. 1980a。 角膜と紫外線。 Acta Ophthalmol 58:63-68。

—。 1980b. 房水と紫外線。 Acta Ophthalmol 58:69-82。

—。 1983. 紫外線による角膜上皮の損傷。 Acta Ophthalmol 61:898-907。

Ringvold、A および M Davanger。 1985. 紫外線によるウサギの角膜実質の変化。 Acta Ophthalmol 63:601-606。

Ringvold、A、M Davanger、および EG Olsen。 1982. 紫外線照射後の角膜内皮の変化。 Acta Ophthalmol 60:41-53。

ニュージャージー州ロバーツとSMマイケルソン。 1985. 無線周波放射への人体曝露に関する疫学研究: 批判的レビュー。 Int Arch Occup Environ Health 56:169-178。

ロイ、CR、KH ジョイナー、HP ギース、MJ バンゲイ。 1984. ビジュアル ディスプレイ端末 (VDT) から放射される電磁放射の測定。 Rad Prot Austral 2(1):26-30.

スコット、J、TR フィアーズ、GB ゴリ。 1980. 米国における紫外線放射の測定と皮膚がんデータとの比較。 ワシントン DC: 米国政府印刷局。

Sienkiewicz、ZJ、RD Saunder、および CI Kowalczuk。 1991年。非電離電磁場および放射線への曝露の生物学的影響。 11 超低周波電場および磁場。 ディドコット、英国: 国家放射線防護委員会。

Silverman, C. 1990. がんと電磁場の疫学研究。 章で。 17 in 生物学的効果と電磁エネルギーの医療への応用、OP Gandhi 編集。 ニュージャージー州エンゲルウッド クリフ: プレンティス ホール。

スライニー、DH. 1972. 紫外線暴露基準のためのエンベロープ アクション スペクトルのメリット。 Am Ind Hyg Assoc J 33:644-653。

—。 1986.白内障発生における物理的要因:周囲の紫外線と温度。 Invest Ophthalmol Vis Sci 27(5):781-790.

—。 1987 年。眼内レンズ インプラントへの太陽紫外線曝露の推定。 J 白内障屈折手術 13(5):296-301。

—。 1992. 新しい溶接フィルターの安全管理者向けガイド。 溶接 J 71(9):45-47.
スライニー、DH、ML ウォルバーシュト。 1980. レーザーおよびその他の光源の安全性。 ニューヨーク:プレナム。

Stenson, S. 1982. 色素性乾皮症の眼所見: 14 例の報告。 アン眼科 6(580):585-XNUMX。

Sterenborg、HJCM、JC van der Leun。 1987. 紫外線による腫瘍形成の作用スペクトル。 紫外線放射への人間の暴露: リスクと規制、WF Passchier と BFM Bosnjakovic によって編集されました。 ニューヨーク:Elsevier Science Publishers の Excerpta Medica Division。

Stuchly、MA。 1986. 静磁場および時変磁場への人間の曝露。 健康物理 51(2):215-225。

Stuchly、MA と DW Lecuyer。 1985. 電磁場への誘導加熱とオペレーターの曝露。 健康物理 49:693-700。

—。 1989. アーク溶接における電磁場への曝露。 健康物理 56:297-302。

Szmigielski、S、M Bielec、S Lipski、G Sokolska。 1988. 低レベルのマイクロ波および無線周波数場への曝露の免疫学的および癌関連の側面。 現代の生体電気、AA マリオによって編集されました。 ニューヨーク:マルセル・デッカー。

Taylor、HR、SK West、FS Rosenthal、B Munoz、HS Newland、H Abbey、EA Emmett。 1988年。白内障形成に対する紫外線の影響。 New Engl J Med 319:1429-1433。

教えて、RA。 1983. 電磁場の測定のための機器: 機器、校正、および選択されたアプリケーション。 M Grandolfo、SM Michaelson、および A Rindi によって編集された、非電離放射線、高周波およびマイクロ波エネルギーの生物学的効果および線量測定。 ニューヨーク:プレナム。

Urbach, F. 1969. 紫外線の生物学的影響。 ニューヨーク:ペルガモン。

世界保健機関 (WHO)。 1981. 無線周波数とマイクロ波。 環境衛生基準、No.16。 ジュネーブ: WHO.

—。 1982年。レーザーと光放射。 環境衛生基準、第 23 号。ジュネーブ: WHO。

—。 1987年。磁場。 環境衛生基準、No.69。 ジュネーブ: WHO.

—。 1989 年。非電離放射線防護。 コペンハーゲン: WHO ヨーロッパ地域事務所。

—。 1993. 電磁界 300 Hz ~ 300 GHz。 環境衛生基準、No. 137。ジュネーブ: WHO。

—。 1994. 紫外線。 環境衛生基準、No. 160。ジュネーブ: WHO。

世界保健機関 (WHO)、国連環境計画 (UNEP)、および国際放射線防護協会 (IRPA)。 1984. 超低周波 (ELF)。 環境衛生基準、第 35 号。ジュネーブ: WHO。

ザファネッラ、LE、DW デノ。 1978. 超高圧送電線の静電および電磁効果。 カリフォルニア州パロアルト:電力研究所。

Zuclich、JA、およびJS Connolly。 1976年。近紫外レーザー放射による眼の損傷。 Invest Ophthalmol Vis Sci 15(9):760-764.