月曜日、14月2011 17:39

林業における労働条件と安全

このアイテムを評価
(3票)

林業部門の安全性は、個人の作業能力を作業を行う条件に適合させることにかかっています。 仕事の精神的および身体的要件が労働者の能力 (年齢、経験、健康状態によって異なります) に近づくほど、生産目標を達成するために安全性が犠牲になる可能性は低くなります。 個人の能力と労働条件のバランスが不安定な場合、個人および集団の安全性の低下は避けられません。

図 1 が示すように、作業条件に関連する安全上の危険の XNUMX つの原因があります。物理的環境 (気候、照明、地形、樹木の種類)、不十分な安全法と基準 (不適切な内容または適用)、および不適切な作業組織 (技術的および人間)。

図 1. 林業における安全上の問題の決定要因。

FOR190F1

作業の技術的および人間的な組織には、潜在的に危険な要素が含まれています。 なぜなら、それらは作業活動の実行中に相互に作用して補完し合い、それらの相互作用によって生産目標を安全に達成できるからです。

この記事では、図 1 に示した作業組織の構成要素の欠陥が安全性をどのように危うくするかについて詳しく説明します。 安全と健康を守るための対策は、既存の作業方法、機械、または組織に後付けすることはできないことに注意してください。 それらは設計と計画の一部である必要があります。

技術作業組織

用語 技術作業組織 伐採の種類、機械と生産設備の選択、設備の設計、メンテナンスの実施、作業員の規模と構成、および生産スケジュールに割り当てられた時間を含む、林業作業の運用上の考慮事項を指します。

カットの種類

林業で使用される伐採には主に XNUMX つのタイプがあり、樹木の伐採と枝切りに使用される技術によって区別されます。機械式のこぎりに依存する従来の伐採と、制御キャビンから操作され、関節式ブームを備えた機械に依存する機械式伐採です。 どちらの場合も、スキッダー、特にチェーンまたはクロー推進のスキッダーは、道路や水路の脇に沿って伐採された木を運ぶ通常の手段です。 従来の切断は、XNUMX つの中でより広く普及し、より危険です。

切断の機械化により、事故の頻度が大幅に減少することが知られています。 これは、生産作業中に発生する事故で最も顕著であり、オペレータを危険から隔離するリモート コントロール キャビンから操作される機械による機械のこぎりの交換によるものです。 しかし同時に、機械化は機械のメンテナンスや修理中の事故のリスクを高めるようです。 この影響は、技術的要因と人的要因の両方によるものです。 技術的な要因には、機械の欠陥 (以下を参照) や、率直に言ってばかげているとまではいかなくても、頻繁に即興で行われるメンテナンスや修理作業の条件が含まれます。 人的要因には、生産ボーナスの存在が含まれます。これにより、保守および修理作業の優先度が低くなり、急いで実行する傾向が生じることがよくあります。

機械設計

林業機械には設計基準がなく、包括的なメンテナンスマニュアルはほとんどありません。 フェラー、デブランチャー、スキッダーなどの機械は、多くの場合、異なるコンポーネント (ブーム、キャビン、ベース マシンなど) が混在しており、その一部は他の分野で使用するために設計されています。 これらの理由から、林業で使用される機械は、特に森林や地形の状態、および継続的な操作に関連する環境条件にはあまり適していない場合があります。 最後に、機械の修理は頻繁に必要ですが、実行するのは非常に困難です。

機械設備のメンテナンス

森林の維持管理は、通常、予防的ではなく是正的です。 製造上のプレッシャー、厳格な保守ガイドラインとスケジュールの欠如、適切な保守および修理場所 (ガレージ、シェルター) の欠如、これらの作業が実行される過酷な条件、および適切なツールの欠如など、さまざまな作業条件が発生する可能性があります。この状況を説明します。 さらに、XNUMX 人での運営や下請け業者が運営するサイトでは、財政的な制約が生じる可能性があります。

ヒューマンワーク組織

用語 ヒューマンワーク組織 集合的または個々の人間の努力が管理および組織化される方法、および生産要件を満たすように設計されたトレーニング ポリシーを指します。

監督

林業の監督は、作業現場の絶え間ない移転と複数の作業現場にわたる労働者の地理的分散により、容易ではありません。 生産は間接的な戦略によって管理されており、生産ボーナスと不安定な雇用状態の維持はおそらく最も陰険なものです。 このタイプの作業組織は、適切な安全管理に有利ではありません。なぜなら、安全ガイドラインや規制に関する情報を伝達する方が、それらの適用を確実にし、それらの実用的な価値や理解度を評価するよりも簡単だからです。 管理者と監督者は、安全に対する主要な責任があることを明確にする必要があります。 図2に見られるように 労働者は、安全性能を決定する要素のほとんどを制御しません。

図 2. 人的要因は森林作業の安全性に影響を与えます。

FOR190F2

契約の種類

カットの種類に関係なく、ほとんどの場合、労働契約は個別に交渉され、多くの場合固定または季節限定です。 この不安定な労働状況は、最小限の雇用保証がなければ労働安全を促進することが困難であるため、個人の安全に与えられる優先順位が低くなる可能性があります。 具体的には、フェラーやオペレーターは、雇用が依存する生産目標が損なわれると、安全に作業することが難しくなる可能性があります。 年間最低量が保証された長期契約により、労働力が安定し、安全性が向上します。

下請け

選択された生産活動の責任 (およびコスト) を所有者/オペレーターに下請けすることは、機械化とその当然の帰結である作業の専門化 (つまり、伐採、剪定、剪定などの作業に特定の機械を使用する) の結果として、林業部門でより広まっています。伐採-剪定と横滑り)。

下請けは、いくつかの点で安全性に影響を与える可能性があります。 まず第一に、下請けは安全上の危険そのものを軽減するものではなく、事業者から下請け業者にそれらを移転するだけであることを認識すべきです。 第二に、下請けは安全志向の行動ではなく生産を刺激するため、特定の危険を悪化させる可能性もあります。 実際、下請け業者は、特に予防保守、新入社員のトレーニング、個人用保護具 (PPE) の提供とその使用の促進、および安全規則の遵守に関連するいくつかの安全対策を怠っていることが観察されています。 最後に、下請けが行われている現場での安全維持管理の責任は、司法のグレーゾーンです。 労働災害を宣言する責任を判断することさえ難しいかもしれません。 労働契約は、拘束力のある安全規制の順守を行い、犯罪に対する制裁を含み、監督の責任を割り当てる必要があります。

分業

林業現場での分業はしばしば厳格であり、柔軟性よりも専門化を促進します。 タスク ローテーションは従来のカットで可能ですが、基本的にチームのダイナミクスに依存します。 一方、機械化された切断は専門化を促進しますが、技術自体 (つまり、機械の専門化) がこの現象の唯一の原因ではありません。 専門化は、組織的要因 (機械ごとに XNUMX 人のオペレーター、交代勤務)、地理的な分散 (機械と切断ゾーンの距離)、およびオペレーターが一般的に機械を所有しているという事実によっても促進されます。

この分業に起因する隔離とコミュニケーションの問題は、特に差し迫った危険や事件や事故の発生に関する情報の効率的な流通を妨げる場合、安全に深刻な結果をもたらす可能性があります。

機械と労働者の作業能力を慎重に調整し、それに応じて乗組員を構成し、生産チェーン内の要素に過負荷がかからないようにする必要があります。 シフト スケジュールは、高価な機械を最大限に活用しながら、オペレータに十分な休息とさまざまなタスクを与えるように設計できます。

生産ベースの賃金表

林業労働者はしばしば出来高払いで支払われます。つまり、彼らの給料は、その期間ではなく、生産物 (伐採、剪定、または輸送された木の数、またはその他の生産性の指標) によって決定されます。 たとえば、機械の所有者が機械の使用に対して支払われる割合は、生産性に比例します。 このタイプの賃金表は、労働者を直接管理していませんが、生産を刺激することで有名です。

生産ベースの賃金表は、高い労働率と、生産中の危険な作業慣行への依存、およびメンテナンスと修理作業の短縮を助長する可能性があります。 このような慣行は、確立された安全ガイドラインと関連するリスクを無視しているにもかかわらず、時間を節約するために存続しています。 生産インセンティブが大きければ大きいほど、安全性が損なわれます。 生産に基づいて支払われる労働者は、同じ種類の仕事を行う時給労働者よりも、さまざまな種類の事故だけでなく、より多くの事故に苦しむことが観察されています. 契約の単価と価格は、安全な実行と許容可能な労働時間のために適切である必要があります。 (ドイツでの最近の実証研究については、Kastenholz 1996 を参照してください。)

作業スケジュール

森林では、作業現場と伐採地帯が離れており、作業は季節的であり、困難な気候や環境要因が多いため、労働者は可能な限り長く働くことを奨励されているため、毎日および毎週の長い作業スケジュールが標準です. より長い作業スケジュールを促進するその他の要因には、生産インセンティブ (賃金表、下請け) および特定の機械を継続的に使用する可能性 (つまり、夜間停止なし) が含まれます。

長時間の作業スケジュールは、しばしば警戒心の低下と感覚の鋭敏さの喪失をもたらし、どちらも個人および集団の安全に影響を与える可能性があります. これらの問題は、休息期間の希少性と短さによって悪化します。 計画的な休憩と最大労働時間を遵守する必要があります。 人間工学的研究は、出力が実際にそのように増加できることを示しています.

トレーニング

林業は体力的にも精神的にもきつい仕事であることは間違いありません。 技術の進歩と機械の複雑化の結果として、必要とされるスキル レベルは絶えず向上しています。 したがって、林業従事者の事前および現場でのトレーニングは非常に重要です。 トレーニング プログラムは、明確に定義された目標に基づいており、実行される実際の作業を反映する必要があります。 トレーニング プログラムの内容が実際の作業条件に対応し、安全性と生産上の懸念が統合されればされるほど、プログラムは個別に、または全体としてより有用になります。 効果的なトレーニング プログラムは、材料の損失や生産の遅延を減らすだけでなく、さらなる安全上の問題を回避します。 トレーニングのガイダンスについては、この章の「スキルとトレーニング」を参照してください。

まとめ

林業作業の安全性は、作業組織に関連する要因によって決定され、作業組織の技術的および人的側面は、生産目標と安全性のバランスを崩す可能性があります。 個々の要素が労働安全に与える影響は、もちろん環境によって異なりますが、それらを組み合わせた効果は常に重要です。 さらに、それらの相互作用は、予防が可能な程度の主要な決定要因になります。

また、技術開発だけですべての危険を排除できるわけではないことにも注意する必要があります。 機械の設計基準では、安全な操作、メンテナンス、および修理を考慮に入れる必要があります。 最後に、ますます普及している管理慣行、特に下請けは、安全上の危険を軽減するどころか悪化させる可能性があるようです。

 

戻る

読む 10194 <font style="vertical-align: inherit;">回数</font> 最終更新日 27 年 2011 月 15 日土曜日 20:XNUMX

免責事項: ILO は、この Web ポータルに掲載されているコンテンツが英語以外の言語で提示されていることについて責任を負いません。英語は、オリジナル コンテンツの最初の制作およびピア レビューに使用される言語です。その後、特定の統計が更新されていません。百科事典の第 4 版 (1998 年) の作成。

内容

林業の参考文献

Apud、E、L Bostrand、I Mobbs、B Strehlke。 1989年。林業における人間工学的研究に関するガイドライン。 ジュネーブ: ILO.

Apud、E、S Valdés。 1995. 林業における人間工学 - チリの事例。 ジュネーブ: ILO.

バニスター、E、D ロビンソン、D トライト。 1990年。植林の人間工学。 カナダとブリティッシュ コロンビア州の森林資源開発協定、FRDA レポート 127。ブリティッシュ コロンビア州ビクトリア: FRDA。

ブラウン、GW. 1985 年。林業と水質。 オレゴン州コーバリス: オレゴン州立大学 (OSU) Book Stores Inc.

チェン、KT。 1990 年。伐採事故 - 新たな問題。 マレーシア、サラワク州: 医療部門の産業保健ユニット。

ダンメル、K および H ブランズ。 1986.「Holzernteverfahren」、Schriften Reihefdes Bundesministers für Ernätrung、Handwirtschaft und Forsten。 Reihe A: Landwirtschafts verlag Münster-Hiltrup.

ダーニン、JVGA、R パスモア。 1967年。エネルギー、仕事、レジャー。 ロンドン:ハイネマン。

国連食糧農業機関 (FAO)。 1992年。開発途上国の林業における人間工学の紹介。 林業紙 100。ローマ:FAO。

—。 1995 年。林業—明日のための今日の統計。 ローマ:FAO。

—。 1996 年。 FAO の森林伐採実施のモデル コード。 ローマ:FAO。

FAO/ECE/ILO。 1989年。土壌に対する森林操作の機械化の影響。 セミナーの議事録、ルーヴァン・ラ・ヌーヴ、ベルギー、11 月 15 ~ XNUMX 日。 ジュネーブ: FAO/ECE/ILO 森林技術、管理およびトレーニングに関する合同委員会。

—。 1991年。林業における農薬の使用。 10 年 14 月 1990 ~ XNUMX 日、イギリス、スパーショルトで開催されたセミナーの議事録。

—。 1994. 土、木、機械の相互作用、FORSITRISK。 インタラクティブなワークショップとセミナーの議事録、Feldafiraf、ドイツ、4 月 8 ~ XNUMX 日。 ジュネーブ: FAO/ECE/ILO 森林技術、管理およびトレーニングに関する合同委員会。

—。 1996a。 森林の急性被害に関するマニュアル。 UN/ECE/ FAO 討論文書 ECE/TIM/DP/7、ニューヨークおよびジュネーブ: 森林技術、管理および訓練に関する FAO/ECE/ILO 合同委員会。

—。 1996b. 林業におけるスキルとトレーニング - ECE 加盟国の調査結果。 ジュネーブ: FAO/ECE/ILO 森林技術、管理およびトレーニングに関する合同委員会。

FAO/ILO。 1980年。熱帯林のチェーンソー。 森林トレーニング シリーズ No. 2。ローマ: FAO。

Gellerstedt, S. 1993. 森林労働における労働と健康。 ヨーテボリ: チャルマーズ工科大学。

Giguère、D、R Bélanger、JM Gauthier、および C Larue。 1991年。 Rapport IRSST B-026。 モントリオール: IRSST.

—。 1993. マルチポット技術を使用した植林の人間工学的側面。 人間工学 36(8):963-972。

ゴルセ、JM. 1994. カナディアン フォレスト マシンの FERIC 人間工学的チェックリストの改訂。 Pointe Claire: カナダの森林工学研究所。

Haile, F. 1991. アディスアベバと都市周辺の森林における女性の薪運搬人。 アディスアベバ、エチオピア ETH/88/MO1/IRDC および ETH/89/MO5/NOR での薪輸送における女性に関する研究。 プロジェクトレポート。 ジュネーブ: ILO.

Harstela, P. 1990. 北欧の森林作業における労働者の作業姿勢と緊張: 選択的レビュー。 Int J Ind Erg 5:219–226.

国際労働機関 (ILO)。 1969 年。林業における安全と健康。 ILO 行動規範。 ジュネーブ: ILO.

—。 1988年。荷物の持ち上げと運搬における最大重量。 労働安全衛生サービス、第 59 号。ジュネーブ: ILO。

—。 1991 年。林業における労働安全衛生。 レポート II、林業および木材産業委員会、第 XNUMX セッション。 ジュネーブ: ILO.

—。 1997 年。林業における安全と健康に関する行動規範。 MEFW/1997/3. ジュネーブ: ILO.

—。 1998年。林業における安全と健康に関する行動規範。 ジュネーブ: ILO.

国際標準化機構 (ISO)。 1986. 土を処理するための機器: ROPS - 実験室試験および性能仕様。 ISO 3471-1。 ジュネーブ: ISO。

Jokulioma、H および H Tapola。 1993 年。フィンランドの森林労働者の安全と健康。 ウナシルバ 4(175):57–63.

Juntunen、ML。 1993. フィンランドでのハーベスター操作のトレーニング。 伐採作業における多機能機械および機器の使用に関するセミナーで発表。 Olenino Logging Enterprise、ロシア連邦、トヴォル州、22 月 28 ~ XNUMX 日。

—。 1995. プロのハーベスター オペレーター: トレーニングから得た基本的な知識とスキル - 職業生活からの操作スキル? 6月12~XNUMX日にフィンランドのタンプレで開催されたIUFRO XX世界会議で発表されました。

Kanninen, K. 1986. 伐採作業における労働災害の発生と予防措置の目的。 3 年 7 月 1985 ~ XNUMX 日、フィンランド、クオピオ、林業労働者の職業上の健康とリハビリテーションに関するセミナーの議事録。 FAO/ECE/ILO 森林労働技術と森林労働者の訓練に関する合同委員会。

Kastenholz, E. 1996 年。 博士論文。 フライブルク、ドイツ: フライブルク大学。

カントラ、M および P ハーステラ。 1988. 発展途上国における森林事業のための適切な技術に関するハンドブック、パート 2. 森林トレーニング プログラム出版物 19. ヘルシンキ: 全国職業教育委員会。

Kimmins, H. 1992. Balancing Act—林業における環境問題。 バンクーバー、ブリティッシュ コロンビア州: ブリティッシュ コロンビア大学出版局。

Lejhancova, M. 1968. 鉱物油による皮膚の損傷。 Procovni Lekarstvi 20(4):164–168.

Lidén, E. 1995. スウェーデンの産業林業における林業機械請負業者: 1986 ~ 1993 年の重要性と状況。 運用効率レポート No. 195 部門。スウェーデン農業科学大学。

技能開発省。 1989. カッター スキッダー オペレーター: 能力に基づくトレーニング基準。 オンタリオ: 技能開発省。

Moos、H、および B Kvitzau。 1988. 他の職業から林業に入る成人の森林労働者の再訓練。 26 年 30 月 1988 ~ XNUMX 日、フランス、ルビエール、林業における請負業者の雇用に関するセミナーの議事録。

National Proficiency Test Council (NPTC) および Scottish Skill Testing Service (SSTS)。 1992. チェーンソー規格のスケジュール。 イギリス、ウォリックシャー: NPTC および SSTS。

—。 1993. チェーンソー操作の技能証明書。 イギリス、ウォリックシャー: National Proficiency Tests Council および Scottish Skills Testing Service。

Patosaari、P. 1987. 林業における化学物質: 健康被害と保護。 FAO/ECE/ILO 林業技術および林業労働者の訓練に関する合同委員会、ヘルシンキ (mimeo) に報告。

ペレット。 1995. ラポール・デチュード: L'ánalyse de l'áccident par la method de l'arbre des cause. ルツェルン: Schweizerische Unfallversicherungsanstalt (SUVA) (mimeo).

パワーズ、RF、DH アルバン、RE ミラー、AE ティアクス、CG ウェルズ、PE エイバース、RG クライン、RO フィッツジェラルド、JNS ロフタス。 1990年。
北米の森林におけるサイト生産性の維持: 問題と展望。 SP Gessed、DS Lacate、GF Weetman、および RF Powers が編集した森林土壌の持続的生産性。 バンクーバー、ブリティッシュ コロンビア州: 林業学部出版。

ロビンソン、DG、DG トライト、EW バニスター。 1993. ブリティッシュ コロンビア州の造林労働者による植林における作業ストレスと農薬曝露の生理学的影響。 人間工学 36(8):951–961。

ロデロ、F. 1987年。 マドリッド、スペイン: Instituto Nacional para la Conservación de la Naturaleza。

Saarilahti、M および A アスガル。 1994. チリマツの冬季植栽に関する研究. 研究論文 12、ILO プロジェクト、パキスタン。
Skoupy、A および R Ulrich。 1994. 一人用チェーンソーのチェーン潤滑油の散布。 Forsttechnische Information 11:121–123。

Skyberg、K、A Ronneberg、CC Christensen、CR Naess-Andersen、HE Refsum、および A Borgelsen。 1992. ケーブル製造会社の油にさらされた労働者の肺機能と肺線維症の X 線写真の兆候: 追跡調査。 Brit J Ind Med 49(5):309–315.

Slappendel、C、I Laird、I Kawachi、S Marshal、および C Cryer。 1993 年。林業労働者の労働災害に影響を与える要因:レビュー。 J Saf Res 24:19–32。

スミス、TJ。 1987. 植林作業の職業的特徴. シルヴィカルチャー マガジン II(1):12–17.

Sozialversicherung der Bauern。 1990 年。ILO に提出されたオーストリアの公式統計からの抜粋 (未発表)。

Staudt, F. 1990. Ergonomics 1990. Proceedings P3.03 Ergonomics XIX World Congress IUFRO、モントリオール、カナダ、1990 年 XNUMX 月。

Stjernberg、EI。 1988. カナダ中部および東部における手作業による植林作業の研究。 FERIC テクニカル レポート TR-79。 モントリオール: カナダ森林工学研究所。

Stolk, T. 1989. Gebruiker mee laten kiezen uit persoonlijke beschermingsmiddelen. Tuin & Landschap 18.

Strehlke, B. 1989. 森林事故の研究。 林業における人間工学的研究に関するガイドライン、E Apud 編。 ジュネーブ: ILO.

トライト、DG、DG ロビンソン、EW バニスター。 1993. ブリティッシュ コロンビア州の造林労働者の植樹シーズン中の心血管と筋肉の緊張。 人間工学 36(8):935–949。

ウド、ES。 1987.ナイジェリアの伐採および製材産業における労働条件と事故。 ILO への報告 (未発表)。

Wettman, O. 1992. Securité au travail dans l'exploitation forestière en Suisse. FAO/ECE/ILO Proceedings of Seminar on the Future of the Forestry Workforce、FAO/ECE/ILO 編集。 オレゴン州コーバリス: オレゴン州立大学出版局。