月曜日、28月2011 20:09

パルプ化

このアイテムを評価
(4票)

パルプ化は、木材構造内の結合を機械的または化学的に破壊するプロセスです。 化学パルプは、アルカリ性(すなわち、硫酸塩またはクラフト)プロセスまたは酸性(すなわち、亜硫酸塩)プロセスのいずれかによって製造することができる。 パルプの生産比率が最も高いのは硫酸塩法であり、次に機械法 (セミケミカル法、サーモメカニカル法、機械法を含む) と亜硫酸塩法が続きます (図 1)。 パルプ化プロセスは、製品の収量と品質、および化学的方法の場合、使用される化学物質と再利用のために回収できる割合が異なります。

図 1. 世界のパルプ生産能力 (パルプの種類別)

PPI020F1

機械パルプ

機械パルプは、木材を石に対して、または金属板の間で粉砕することによって生成され、それによって木材が個々の繊維に分離されます。 せん断作用によりセルロース繊維が壊れるため、得られるパルプは化学的に分離されたパルプよりも弱くなります。 セルロースとヘミセルロースをつなぐリグニンは溶解しません。 それは単に柔らかくなり、繊維が木材マトリックスから粉砕されることを可能にします. 歩留り(パルプ中の原木の割合)は通常85%以上です。 機械パルプ化方法の中には、化学薬品を使用するものもあります (すなわち、化学機械パルプ)。 非セルロース系材料をより多く除去するため、歩留まりは低くなります。

ストーン砕木パルプ化 (SGW) は、最も古く、歴史的に最も一般的な機械的方法であり、回転する研磨シリンダーに押し付けて短い丸太から繊維を取り除きます。 リファイナー メカニカル パルプ (RMP、図 2) では、1960 年代に商業的に実行可能になった後、人気を博しました。木材チップまたはおがくずは、ディスク リファイナーの中央から供給され、押し出されるときに細かい破片に細断されます。次第に狭くなるバーと溝。 (図 2 では、リファイナーは写真の中央にあり、その大きなモーターは左側にあります。チップは大きな直径のパイプから供給され、パルプは小さなパイプから排出されます。) RMP の変形は、サーモメカニカル パルプ (TMP) です。 )、通常は加圧下で、精製前および精製中にチップを蒸します。

図 2. リファイナーの機械的パルプ化

PPI040F1

カンフォー図書館

化学機械パルプを製造する最も初期の方法の XNUMX つは、化学パルプ液で丸太を沸騰させる前に丸太を事前に蒸し、次にそれらをストーングラインダーで粉砕して「化学砕木」パルプを製造することでした。 最新の化学機械パルプ化では、精製前、精製中、または精製後のいずれかで化学処理 (重亜硫酸ナトリウム、水酸化ナトリウムなど) を行うディスク リファイナーが使用されます。 この方法で製造されたパルプは、精製が大気圧で行われたか高圧で行われたかに応じて、化学機械パルプ (CMP) または化学熱機械パルプ (CTMP) と呼ばれます。 CTMP の特殊なバリエーションが開発され、多くの組織によって特許が取得されています。

ケミカルパルプ化と回収

化学パルプは、木材繊維の間にリグニンを化学的に溶解することによって生成され、それによって繊維が比較的損傷を受けずに分離できるようになります。 これらの工程でほとんどの非繊維性木材成分が除去されるため、歩留まりは通常 40 ~ 55% 程度です。

ケミカルパルプ製造では、水溶液中のチップと化学薬品が、バッチまたは連続ベースで操作できる圧力容器 (蒸解器、図 3) で一緒に蒸解されます。 バッチ調理では、上部開口部からチップを蒸解缶に充填し、消化用化学薬品を加え、内容物を高温高圧で調理します。 調理が完了すると、圧力が解放され、脱リグニンされたパルプが蒸解缶から貯蔵タンクに「吹き飛ばされ」ます。 その後、シーケンスが繰り返されます。 連続蒸解では、事前に蒸らしたチップを一定速度で蒸解カンに供給します。 チップと化学薬品は、消化槽上部の含浸ゾーンで混合され、上部調理ゾーン、下部調理ゾーン、洗浄ゾーンを経て、ブロータンクに吹き込まれます。

図 3. 建設中のチップコンベアを備えた連続クラフト消化装置

PPI040F2

カンフォー図書館

消化化学薬品は、今日のほとんどの化学パルプ操作で回収されます。 主な目的は、使用済みの調理液から消化化学物質を回収して再構成することと、木材から溶解した有機物を燃焼させることによって熱エネルギーを回収することです。 結果として得られる蒸気と電気は、工場のエネルギー需要のすべてではないにしても、一部を供給します。

硫酸パルプ化と回収

硫酸塩プロセスは、他の方法よりも強くて濃いパルプを生成し、経済的に競争するには化学的回収が必要です. この方法はソーダパルプ化 (消化に水酸化ナトリウムのみを使用) から発展し、1930 年代から 1950 年代にかけて業界で注目を集めるようになり、工場用の蒸気と電力も生成する二酸化塩素漂白と化学的回収プロセスが開発されました。 酸性およびアルカリ性のパルプ工場環境に対処するために、ステンレス鋼などの耐腐食性金属の開発も重要な役割を果たしました。

調理混合物 (白液) は、水酸化ナトリウム (NaOH、「苛性」) と硫化ナトリウム (Na2S)。 現代のクラフトパルプ化は通常、しばしばステンレス鋼で裏打ちされた連続蒸解缶で行われます (図 3)。 消化槽の温度をゆっくりと約 170°C まで上げ、そのレベルで約 3 ~ 4 時間保持します。 パルプ (その色からブラウン ストックと呼ばれる) はふるいにかけられて未調理の木材が取り除かれ、洗浄されて使用済みの蒸解混合物 (現在は黒液) が取り除かれ、漂白プラントまたはパルプ機械室に送られます。 未調理の木材は、消化槽に戻すか、動力ボイラーに送って燃やします。

蒸解缶とブラウン ストック ウォッシャーから収集された黒液には溶解した有機物質が含まれており、その正確な化学組成は、パルプ化された木材の種類と調理条件によって異なります。 液体は蒸発器で水分が 40% 未満になるまで濃縮され、回収ボイラーに噴霧されます。 有機成分は燃料として消費され、熱が発生し、炉上部で高温蒸気として回収されます。 未燃の無機成分は溶融したワカサギとしてボイラーの底に溜まります。 ワカサギは炉から流出し、弱苛性溶液に溶解し、主に溶解した Na を含む「緑液」を生成します。2Sおよび炭酸ナトリウム(Na2CO3)。 このリキュールは、再苛性化プラントにポンプで送られ、そこで清澄され、消石灰と反応します。
(Ca(OH)2)、NaOH と炭酸カルシウム (CaCO3)。 白液はろ過され、その後の使用のために保存されます。 CaCO3 石灰窯に送られ、加熱されて石灰(CaO)が再生されます。

 

亜硫酸パルプ化と回収

亜硫酸パルプは 1800 年代後半から 1900 年代半ばまで業界を支配していましたが、この時代に使用された方法は、パルプ化できる木材の種類と、未処理の廃棄調理液を水路に排出することによって生じる汚染によって制限されていました。 新しい方法はこれらの問題の多くを克服しましたが、亜硫酸パルプは現在、パルプ市場の小さなセグメントです. 亜硫酸パルプは通常、酸分解を使用しますが、中性と塩基性の両方のバリエーションが存在します。

亜硫酸の調理液(H2SO3) および重亜硫酸イオン (HSO3) は、その場で準備します。 元素硫黄は燃焼して二酸化硫黄 (SO2)、水とXNUMXつのアルカリ塩基(CaCO )のXNUMXつを含む吸収塔を通過します3、元の亜硫酸塩基、Na2CO3、水酸化マグネシウム (Mg(OH)2) または水酸化アンモニウム (NH4OH)) 酸とイオンを生成し、それらの比率を制御します。 亜硫酸パルプ化は通常、レンガで裏打ちされたバッチ蒸解缶で行われます。 不要な反応を避けるため、消化槽はゆっくりと最高温度 130 ~ 140°C まで加熱され、チップは長時間 (6 ~ 8 時間) 調理されます。 消化槽の圧力が上昇すると、ガス状の二酸化硫黄 (SO2) は取り除かれ、生の調理用酸と再混合されます。 約 1 ~ 1.5 時間の調理時間が残ったら、加熱を中止し、ガスと蒸気を排出して圧力を下げます。 パルプは保持タンクに吹き込まれ、洗浄され、選別されます。

赤液と呼ばれる使用済みの消化混合物は、重亜硫酸カルシウムベースの操作を除くすべての熱および化学物質の回収に使用できます。 アンモニアベースの亜硫酸パルプ化では、希薄な赤液を最初にストリッピングして残留 SO を除去します。2、濃縮して燃焼させます。 SOを含む排ガス2 冷却されて吸収塔を通過し、そこで新鮮なアンモニアと結合して調理液が再生されます。 最後に、リカーはろ過され、新鮮なSOで強化されます2 と保管されます。 アンモニアは回収ボイラーで窒素と水に変換されるため、回収できません。

マグネシウムベースの亜硫酸パルプ化では、濃縮パルプ化液を燃焼させると、酸化マグネシウム (MgO) と SO が得られます。2、簡単に回収できます。 このプロセスではワカサギは生成されません。 むしろ、MgO は煙道ガスから収集され、水で消されて水酸化マグネシウム (Mg(OH)2)。 それで2 冷却し、Mg(OH)2 吸収塔で調理液を戻します。 重亜硫酸マグネシウム (Mg(HSO3)2)その後、新鮮なSOで強化されます2 と保管されます。 調理薬品の80~90%の回収が可能です。

ナトリウムベースの亜硫酸蒸解液の回収は、より複雑です。 濃縮廃液を焼却し、硫黄分の約50%をSOに変換2. 残りのナトリウムと硫黄は、回収ボイラーの底にナの溶解物として回収されます。2Sとナ2CO3. ワカサギを溶解して緑液を生成し、重亜硫酸ナトリウム (NaHSO3)いくつかのステップで。 NaHSO3 強化して保管しています。 再生プロセスでは、還元された硫黄ガス、特に硫化水素 (H2S)

 

戻る

読む 9035 <font style="vertical-align: inherit;">回数</font> 最終更新日 03 年 2011 月 17 日 (土) 03:XNUMX
このカテゴリの詳細: « ウッドハンドリング 漂白 »

免責事項: ILO は、この Web ポータルに掲載されているコンテンツが英語以外の言語で提示されていることについて責任を負いません。英語は、オリジナル コンテンツの最初の制作およびピア レビューに使用される言語です。その後、特定の統計が更新されていません。百科事典の第 4 版 (1998 年) の作成。

内容

製紙およびパルプ業界の参考資料

カナダ紙パルプ協会。 1995 年。参照テーブル 1995 年。モントリオール、PQ: CPPA。

国連食糧農業機関 (FAO)。 1995. パルプと紙の生産能力、調査 1994-1999。 ローマ:FAO。

ヘンネバーガー、PK、JR フェリス、RR モンソン。 1989 年。ベルリンの紙パルプ労働者の死亡率。 Br J Ind Med 46:658-664。

国際がん研究機関 (IARC)。 1980. 人間に対する発がん性リスクの評価に関するモノグラフ: 木材、皮革および関連産業。 巻。 25. リヨン: IARC。

—.1987. ヒトに対する発がん性リスクの評価に関するモノグラフ、発がん性の総合評価: IARC モノグラフの更新。 巻。 1-42 (補足 7)。 リヨン: IARC.

—.1995. ヒトに対する発がんリスクの評価に関するモノグラフ: 木粉とホルムアルデヒド。 巻。 62. リヨン: IARC.

国際労働機関 (ILO)。 1992 年。パルプおよび製紙産業における社会および労働問題。 ジュネーブ: ILO.

Jäppinen、P. 1987。フィンランドのパルプおよび製紙産業における化合物への曝露、がんの発生率および死亡率。 論文、ヘルシングフォルス、フィンランド。

Jäppinen、PおよびS Tola。 1990 年。パルプ工場労働者の心血管死亡率。 Br J Ind Med 47:259-261.

Jäppinen、P、T Hakulinen、E Pukkala、S Tola、および K Kurppa。 1987年。フィンランドの紙パルプ産業における労働者のがん発生率。 Scand J Work Environ Health 13:197-202。

Johnson、CC、JF Annegers、RF Frankowski、MR Spitz、および PA Buffler。 1987. 小児神経系腫瘍 - 父親の炭化水素への職業的曝露との関連の評価。 Am J Epidemiol 126:605-613。

Kuijten、R、GR Bunin、および CC Nass。 1992. 親の職業と小児星状細胞腫: 症例対照研究の結果。 Cancer Res 52:782-786。

クワ、SL、IJ ファイン。 1980. 親の職業と小児期の悪性腫瘍との関連。 J Occup Med 22:792-794。

Malker、HSR、JK McLaughlin、BK Malker、NJ Stone、JA Weiner、JLE Ericsson、および WJ Blot。 1985年。スウェーデンにおける胸膜中皮腫の職業上のリスク、1961年から1979年。 J Natl Cancer Inst 74:61-66。

—。 1986年。スウェーデンにおける胆道がんと職業。 Br J Ind Med 43:257-262.

ミルハム、SJ。 1976年。木材およびパルプ産業における腫瘍形成。 アン NY Acad Sci 271:294-300。

ミルハム、SJ および P デマーズ。 1984 年。紙パルプ労働者の死亡率。 J Occup Med 26:844-846.

ミルハム、SJ および J ヘッサー。 1967 年。木工労働者のホジキン病。 ランセット 2:136-137。

Nasca、P、MS Baptiste、PA MacCubbin、BB Metzger、K Carton、P Greenwald、VW Armbrustmacher。 1988. 子供の中枢神経系腫瘍と親の職業曝露に関する疫学的症例対照研究。 Am J Epidemiol 128:1256-1265。

Persson、B、M Fredriksson、K Olsen、B Boeryd、および O Axelson。 1993. 悪性黒色腫の危険因子としてのいくつかの職業曝露。 癌 72:1773-1778。

ピクルス、L アンド M ゴットリーブ。 1980年。ルイジアナ州の膵臓癌による死亡率。 アム J 公衆衛生 70:256-259。
パルプ アンド ペーパー インターナショナル (PPI)。 1995.Vol. 1995.ブリュッセル:ミラー・フリーマン。

ロビンソン、C、J ワックスワイラー、および D ファウラー。 1986 年。パルプおよび製紙工場の生産労働者の死亡率。 Scand J Work Environ Health 12:552-560。


Schwartz, B. 1988. ニューハンプシャー州のパルプおよび製紙工場労働者の比例死亡率分析。 Br J Ind Med 45:234-238.

Siemiatycki、J、L Richardson、M Gérin、M Goldberg、R Dewar、M Desy、S Campell、および S Wacholder。 1986. 癌のいくつかの部位と 1979 つの有機粉塵との関連: 1983 年から 123 年にモントリオールで行われた仮説を生成する症例対照研究の結果。 Am J Epidemiol 235:249-XNUMX。

スカルペ、イオ。 1964 年。パルプ工場における二酸化硫黄曝露の長期的影響。 Br J Ind Med 21:69-73.

Solet、D、R Zoloth、C Sullivan、J Jewett、および DM Michaels。 1989年。パルプおよび製紙労働者の死亡率のパターン。 J Occup Med 31:627-630。

Torén、K、S Hagberg、H Westberg。 1996. パルプおよび製紙工場での作業の健康への影響: 曝露、閉塞性気道疾患、過敏反応、および心血管疾患。 Am J Ind Med 29:111-122。

Torén、K、B Järvholm、および U Morgan。 1989年。軟質製紙工場の労働者の喘息および慢性閉塞性肺疾患による死亡率:症例参照研究。 Br J Ind Med 46:192-195。

Torén、K、B Persson、G Wingren。 1996. パルプおよび製紙工場での作業の健康への影響: 悪性疾患。 Am J Ind Med 29:123-130。

Torén、K、G. Sällsten、および B Järvholm。 1991. 製紙工場労働者の喘息、慢性閉塞性肺疾患、呼吸器系がんによる死亡率: 症例参照研究。 Am J Ind Med 19:729-737。

米国商務省。 1983年。パルプと製紙工場。 (PB 83-115766)。 ワシントン DC: 米国商務省。

—.1993. OSHA の死亡事故/災害調査報告書に記載されているパルプ製紙および板紙工場に関連する職業上の死亡事故の一部。 (PB93-213502)。 ワシントン DC: 米国商務省。

ワイデンミュラー、R. 1984年。 カリフォルニア州サンディエゴ: Thorfinn International Marketing Consultants Inc.

ウィングレン、G、H クリング、O アクセルソン。 1985年。製紙工場労働者の胃がん。 J Occup Med 27:715.

Wingren、G、B Persson、K Torén、O Axelson。 1991. スウェーデンのパルプおよび製紙工場労働者の死亡率パターン: 症例参照研究。 Am J Ind Med 20:769-774。

ブリティッシュ コロンビア州労働者補償委員会。 1995年。パーソナルコミュニケーション。