土曜日、4月02 2011 21:47

健康問題と病気のパターン

このアイテムを評価
(1の投票)

プロセスは複雑で、時には劇的に進化し続けているため、印刷、商用写真処理、および複製産業における人間の健康データの解釈は簡単なことではありません。 自動化の使用により、XNUMX つの分野すべての近代化されたバージョンで手作業の露出が大幅に減少しましたが、従業員 XNUMX 人あたりの作業量は大幅に増加しました。 さらに、皮膚曝露はこれらの産業にとって重要な曝露経路ですが、利用可能な産業衛生データでは十分に特徴付けられていません。 深刻度が低く、可逆的な影響 (例、頭痛、鼻や目の刺激) の症例報告は不完全であり、公開された文献では過小報告されています。 これらの課題と制限にもかかわらず、疫学研究、健康調査、症例報告は、これらの業界の労働者の健康状態に関するかなりの量の情報を提供しています。

印刷活動

エージェントとエクスポージャー

現在、印刷プロセスには、フレキソ印刷、グラビア印刷、活版印刷、リソグラフィー、スクリーン印刷の 1 つのカテゴリがあります。 各プロセスで発生する可能性のある暴露の種類は、使用される印刷インキの種類と、プロセスおよび使用される洗浄作業による吸入 (ミスト、溶剤の煙など) および浸透性の皮膚接触の可能性に関連しています。 インクは、有機または無機の顔料、油または溶剤ビヒクル(すなわち、担体)、および特別な印刷目的のために適用される添加剤から構成されることに留意されたい。 表 XNUMX に、さまざまな印刷プロセスのいくつかの特徴の概要を示します。

表 1. 印刷業界における潜在的な曝露

プロセス

インクの種類

潜在的な暴露

フレキソとグラビア

液体インキ(低粘度)

揮発性物質

有機溶剤:キシレン、ベンゼン

活版印刷とリトグラフ

ペーストインキ(高粘度)

オイル—
vegetable
ミネラル

インクミスト:炭化水素系溶剤。 イソプロパノール; 多環芳香族炭化水素 (PAH)

スクリーン印刷

セミペースト

揮発性物質

有機溶剤:キシレン、シクロヘキサノン、酢酸ブチル

 

死亡率と慢性リスク

プリンターに関するいくつかの疫学研究および症例報告研究が存在します。 古い文献の多くでは、曝露の特徴付けは定量化されていません。 しかし、発がん性の可能性がある多環式芳香族炭化水素 (ベンゾ(a)ピレン) が表面に結合していることが、新聞製造の輪転活版印刷機室で報告されています。 動物実験でベンゾを発見(a)ピレンはカーボンブラック粒子の表面にしっかりと結合し、肺や他の組織に容易に放出されません。 この「バイオアベイラビリティ」の欠如により、がんのリスクが実現可能かどうかを判断することがより困難になります。 すべてではありませんが、いくつかのコホート (つまり、集団を経時的に追跡) の疫学研究で、印刷業者の肺がん発生率が上昇していることが示唆されています (表 2)。 英国マンチェスターの 100 人を超える印刷労働者のグループからの 300 人を超える肺がん症例と 9,000 人を超える対照 (症例対照型研究) のより詳細な評価 (Leon, Thomas and Hutchings 1994) では、機械室での作業時間は活版印刷労働者における肺がんの発生と関連していた。 労働者の喫煙パターンが不明であるため、研究における職業の役割を直接考慮することは不明です。 しかし、輪転活版印刷作業は、過去数十年間に肺がんのリスクを示した可能性があることを示唆しています。 ただし、世界の一部の地域では、ロータリー活版印刷などの古い技術がまだ存在している可能性があるため、予防的評価の機会を提供し、必要に応じて適切な制御を設置することもできます。


表 2. 印刷業の死亡リスクに関するコホート研究

調査した人口

従業員数

死亡リスク* (95% CI)

       
   

フォローアップ期間

すべての原因

すべてのがん

肺癌

新聞記者

1,361

(1949–65) – 1978

USA

1.0(0.8 - 1.0)

1.0(0.8 - 1.2)

1.5(0.9 - 2.3)

新聞記者

、700

(1940–55) – 1975

Italy

1.1(0.9 - 1.2)

1.2(0.9 - 1.6)

1.5(0.8 - 2.5)

タイポグラファー

1,309

1961-1984

USA

0.7(0.7 - 0.8)

0.8(0.7 - 1.0)

0.9(0.6 - 1.2)

プリンター (NGA)

4,702

(1943–63) – 1983

UK

0.8(0.7 - 0.8)

0.7(0.6 - 0.8)

0.6(0.5 - 0.7)

プリンター (NATSOPA)

4,530

(1943–63) – 1983

UK

0.9(0.9 - 1.0)

1.0(0.9 - 1.1)

0.9(0.8 - 1.1)

グラビア印刷

1,020

(1925–85) – 1986

Sweden

1.0(0.9 - 1.2)

1.4(1.0 - 1.9)

1.4(0.7 - 2.5)

板紙プリンター

2,050

(1957–88) – 1988

USA

1.0(0.9 - 1.2)

0.6(0.3 - 0.9)

0.5(0.2 - 1.2)

* 標準化された死亡率 (SMR) = 観測された死亡数を予想死亡数で割ったもので、問題の期間における年齢の影響を調整したもの。 SMR が 1 の場合は、観測値と期待値に違いがないことを示します。 注: SMR には 95% の信頼区間が提供されています。

NGA = ナショナル グラフィック アソシエーション、英国

NATSOPA = National Society of Operative Printers, Graphical and Media Personnel、英国。

出典:パガニーニ・ヒルら1980; ベルタッツィとゾッケティ 1980; Michaels、Zoloth および Stern 1991; レオン 1994; スヴェンソン等。 1990; シンク等。 1992年。


実質的に研究されてきた別の労働者グループはリトグラファーです。 現代のリトグラファーが有機溶剤 (テレビン油、トルエンなど)、顔料、染料、ハイドロキノン、クロム酸塩、シアン酸塩にさらされることは、コンピューター技術の使用、自動化されたプロセス、および材料の変更により、ここ数十年で著しく減少しました。 国際がん研究機関 (IARC) は最近、印刷工程での職業的暴露がヒトに対して発がん性がある可能性があると結論付けました (IARC 1996)。 同時に、IARC の結論は過去の暴露に基づいており、ほとんどの場合、今日では大きく異なるはずであることを指摘することは重要かもしれません。 悪性黒色腫の報告では、予想される率の約 1986 倍のリスクが示唆されています (Dubrow 1996)。 ハイドロキノンとの皮膚接触はメラノーマに関連している可能性があると仮定する人もいますが (Nielson、Henriksen、および Olsen 1995)、ハイドロキノンへの重大な曝露が報告されたハイドロキノン製造工場では確認されていません (Pifer et al. XNUMX)。 ただし、特にプレートのクリーニングでは、溶剤との皮膚接触を最小限に抑える慣行を強調する必要があります。

写真処理活動

エクスポージャーとエージェント

白黒またはカラーのフィルムまたは紙の写真処理は、手動で行うことも、基本的に完全に自動化された大規模なプロセスで行うこともできます。 プロセス、化学物質、作業条件(換気、衛生、個人用保護具を含む)、および作業負荷の選択はすべて、曝露の種類と職業環境の潜在的な健康問題に影響を与える可能性があります。 ホルムアルデヒド、アンモニア、ハイドロキノン、酢酸、発色現像液などの重要な写真用化学薬品にさらされる可能性が最も高い仕事の種類 (つまり、プロセッサー関連の作業) を表 3 に示します。フローを図 1 に示します。

表 3. 化学暴露の可能性がある写真処理のタスク

作業領域

曝露の可能性があるタスク

化学混合

化学薬品を溶液に混ぜます。
清潔な設備。
作業領域を維持します。

分析実験室

サンプルを処理します。
ソリューションを分析して補充します。
品質管理評価。

フィルム・プリント加工

現像液、硬化剤、漂白剤を使用してフィルムとプリントを処理します。

フィルム/プリントの引き取り

処理済みのフィルムとプリントを取り出して乾燥させます。

 

図 1. 写真処理操作

PRI040F1

最近設計された大容量処理ユニットでは、ワークフローのいくつかのステップが組み合わされて自動化され、吸入や皮膚接触の可能性が低くなりました. カラー画像安定剤として何十年も使用されてきたホルムアルデヒドは、写真製品の濃度が低下しています。 特定のプロセスおよび現場の環境条件に応じて、その空気濃度は、オペレーターの呼吸ゾーンで検出できないレベルから、機械乾燥機の通気口で約 0.2 ppm までの範囲になる場合があります。 暴露は、機器の洗浄中、安定液の作成または補充中、プロセッサーの荷降ろし中、および流出状況でも発生する可能性があります。

化学物質への暴露は、写真処理業者のほとんどの健康研究の主な焦点でしたが、照明の減少、材料の取り扱い、仕事の姿勢の要求など、他の作業環境の側面も予防的な健康上の関心事であることに注意する必要があります。

死亡リスク

唯一公表された写真処理業者の死亡率監視は、職業による死亡リスクの増加を示唆していない (Friedlander, Hearne and Newman 1982)。 この研究は、米国の 15 つの加工研究所を対象としており、さらに 1995 年間の追跡調査を対象とするように更新されました (Pifer 2,000)。 これは、1964 年の初めに積極的に働いていた 70 人以上の従業員を対象とした調査であり、その 15% 以上がその時点で少なくとも 31 年間その職業に就いていました。 このグループは 1994 年まで 31 年間追跡された。四塩化炭素、n-ブチルアミン、イソプロピルアミンなど、これらの従業員の初期のキャリアに関連する多くの暴露は、78 年以上前に実験室で中止された。 しかし、現代の実験室における重要な曝露の多く (すなわち、酢酸、ホルムアルデヒド、二酸化硫黄) は、はるかに高濃度ではあるが、過去数十年にも存在していた. 0.78 年間の追跡期間中、標準化された死亡率は予想の 677% (SMR 2,061) に過ぎず、XNUMX 人の労働者で XNUMX 人が死亡した。 個々の死因が有意に増加することはありませんでした。

この研究に参加した 464 人の加工業者は、一般集団 (SMR 0.73) や他の時間給労働者 (SMR 0.83) と比較して死亡率が低下し、死亡原因の有意な増加はありませんでした。 入手可能な疫学的情報に基づくと、1950 年代および 1960 年代に存在していた可能性が高い高濃度の曝露においてさえ、写真処理が死亡リスクの増加を示すようには見えません。

肺疾患

文献には、写真処理業者の肺障害に関する報告はほとんどありません。 1986 つの記事 (Kipen と Lerman 1986; Hodgson と Parkinson 1982) は、処理作業場での暴露に対する合計 1986 つの潜在的な肺反応を説明しています。 しかし、どちらも測定された肺の所見を評価するための定量的な環境暴露データを持っていませんでした。 肺疾患による長期欠勤の増加は、対象者の唯一の疫学調査では確認されなかった (Friedlander, Hearne and Newman XNUMX)。 ただし、その研究で捕捉するには、連続 XNUMX 日間の病気の不在が必要であったことに注意することが重要です。 呼吸器症状は、換気が不十分に制御されているか、混合中にエラーが発生した場合、写真処理で高濃度の酢酸、二酸化硫黄、およびその他の薬剤にさらされると、敏感な個人で悪化または開始する可能性があり、望ましくない濃度のこれらのエージェント。 しかし、仕事に関連した肺の症例は、この職業ではめったに報告されていません (Hodgson and Parkinson XNUMX)。

急性および亜慢性影響

接触性刺激性およびアレルギー性皮膚炎は、1930 年代後半にカラーケミカルが初めて使用されて以来、何十年にもわたって写真処理業者で報告されてきました。 これらの事例の多くは、加工業者が曝露してから最初の数か月で発生しました。 保護手袋の使用と取り扱いプロセスの改善により、写真性皮膚炎が大幅に減少しました。 一部の光化学物質を含む眼の飛沫は、角膜損傷のリスクをもたらす可能性があります。 洗眼手順 (少なくとも 15 分間冷水で眼を洗い流した後、医師の診察を受ける) と保護メガネの使用に関するトレーニングは、フォトプロセッサーにとって特に重要です。

迅速なターンアラウンド、大量の写真処理ユニットの操作に関して、いくつかの人間工学上の懸念が存在します。 印画紙の大きなロールの取り付けおよび取り外しは、背中上部、肩、首の障害のリスクをもたらす可能性があります。 ロールの重さは 13.6 から 22.7 kg (30 から 50 ポンド) になることがあり、機械へのアクセスによっては扱いにくい場合があり、コンパクトな作業場所では危険にさらされる可能性があります。

スタッフの怪我や負担は、適切なスタッフのトレーニング、ロールへの適切なアクセスの提供、および処理エリアの一般的な設計における人的要因の考慮によって防ぐことができます。

影響の予防と早期発見の方法

皮膚炎、呼吸器刺激、急性損傷、人間工学的障害からの保護は、そのような障害が発生する可能性があることを認識することから始まります. 適切な労働者情報 (ラベル、製品安全データシート、保護具、健康保護トレーニングプログラムを含む)、作業環境の定期的な健康/安全レビュー、情報に基づいた監督により、予防を強く強調することができます。 さらに、労働者の健康報告のための医療リソースを用意し、対象を絞った自発的な定期的健康評価、アンケートで呼吸器および上肢の症状に焦点を当て、作業の徴候について露出した皮膚領域を直接観察することにより、障害の早期特定を促進できます。関連する皮膚炎。

ホルムアルデヒドは潜在的な呼吸器感作物質であり、強力な刺激物であり、発がん性の可能性があるため、各職場を評価して、ホルムアルデヒドが使用されている場所を特定し (化学物質の在庫と製品安全データシートのレビュー)、空気中の濃度を評価することが重要です (材料によって示されている場合)。漏れやこぼれが発生する可能性のある場所を特定し、こぼれる可能性のある量と最悪のシナリオで発生する濃度を推定します。 緊急対応計画を策定し、目立つように掲示し、伝達し、定期的に実施する必要があります。 このような緊急時計画の作成にあたっては、安全衛生の専門家に相談する必要があります。

繁殖活動

エージェントとエクスポージャー

最新のコピー機は、ガラス カバー (プレナム) を通して非常に低レベルの紫外線を放出し、処理中にノイズを発生させ、低濃度のオゾンを放出する場合があります。 これらのマシンは、主にカーボン ブラック (白黒プリンター用) のトナーを使用して、紙または透明フィルムに濃い色の印刷を作成します。 このように、コピー操作者の健康上の潜在的な日常的曝露には、紫外線、ノイズ、オゾン、および場合によってはトナーが含まれる可能性があります。 古いマシンでは、交換時にトナーが問題になる可能性がありますが、最新の自己完結型カートリッジでは、呼吸器や皮膚への曝露の可能性が大幅に減少しています。

複写機のプラテン ガラスを通して発生する紫外線への暴露の程度は非常に低いものです。 コピー機のフラッシュの持続時間は約 250 マイクロ秒で、連続コピーでは 4,200 時間あたり約 380 回のフラッシュが行われます。この値はコピー機によって異なります。 ガラスプラテンを配置すると、発光波長範囲は 396 ~ 約 1.65 nm になります。 通常、UVB はコピー機のフラッシュからは発生しません。 UVA 測定値は、ガラスのパテンで最大に記録され、平均約 XNUMX マイクロジュール/cm2 フラッシュごと。 したがって、8 日あたり約 33,000 枚のコピーを連続して実行するコピー機からの最大 0.05 時間の近 UV スペクトル露出は、約 XNUMX ジュール/cm です。2 ガラス面に。 この値は、米国産業衛生専門家会議 (ACGIH) が推奨する限界値のほんの一部であり、そのような誇張された暴露条件であっても、測定可能な健康リスクはないようです。

特定の労働者は、紫外線曝露のリスクが高い可能性があることに注意する必要があります。これには、光過敏症の人、光増感剤/薬を使用している人、瞳孔障害のある人 (無水晶体) が含まれます。 そのような人々は通常、一般的な予防措置として、紫外線への曝露を最小限に抑えるようにアドバイスされています.

急性の影響.

文献は、コピーに有意に関連する多くの急性影響を明らかにしていません。 メンテナンスが不十分な古いユニットは、換気の悪い環境で使用すると、検出可能な濃度のオゾンを放出する可能性があります。 このような環境で働く労働者からは、目や上気道への刺激症状が報告されていますが、新しいコピー機技術と相まって、スペースと換気に関するメーカーの最小仕様により、放出の問題としてのオゾンは本質的に排除されました。

死亡リスク。

長期にわたるコピーによる死亡率や慢性的な健康リスクを説明した研究は見つかりませんでした。

予防と早期発見

製造元の推奨する使用法に従うだけで、コピー作業が職場での危険をもたらすことはありません。 コピー機の集中的な使用に関連する症状の悪化を経験している個人は、健康と安全に関するアドバイスを求める必要があります。

 

戻る

読む 9949 <font style="vertical-align: inherit;">回数</font> 13:最後2011 9月19 55は、火曜日に変更された

免責事項: ILO は、この Web ポータルに掲載されているコンテンツが英語以外の言語で提示されていることについて責任を負いません。英語は、オリジナル コンテンツの最初の制作およびピア レビューに使用される言語です。その後、特定の統計が更新されていません。百科事典の第 4 版 (1998 年) の作成。

内容

印刷、写真、複製業界のリファレンス

ペンシルバニア州ベルタッツィとカリフォルニア州ゾッケティ。 1980年。新聞印刷労働者の死亡率調査。 Am J Ind Med 1:85-97。

Dubrow, R. 1986. 印刷業界における悪性黒色腫。 Am J Ind Med 10:119-126。

フリードランダー、BR、FTハーン、BJニューマン。 1982年。写真処理業者における死亡率、癌の発生率、および病気の不在:疫学的研究。 J Occup Med 24:605-613。

ホジソン、MJ、DK パーキンソン。 1986. 写真家の呼吸器疾患。 Am J Ind Med 9:349-54.

国際がん研究機関 (IARC)。 1996. 印刷プロセスと印刷インキ、カーボン ブラックと一部のニトロ化合物。 Vol 65. リヨン: IARC.

キペン、H および Y ラーマン。 1986. 写真現像者の呼吸器異常: 9 例の報告。 Am J Ind Med 341:47-XNUMX.

レオン、DA。 1994. 英国印刷業界における死亡率: マンチェスターの労働組合員の歴史的コホート研究。 Occ and Envir Med 51:79-86.

レオン、DA、P トーマス、S ハッチングス。 1994. インクミストにさらされた新聞印刷業者の肺がん: イギリス、マンチェスターの労働組合員の研究。 Occup and Env Med 51:87-94.

マイケルズ、D、SR ゾロス、FB スターン。 1991. 低レベルの鉛曝露は死亡リスクを高めるか? 新聞印刷業者の死亡率調査。 Int J Epidemiol 20:978-983。

ニールソン、H、L ヘンリクセン、JH オルセン。 1996年。リトグラファーの間で悪性黒色腫。 Scand J Work Environ Health 22:108-11.

パガニーニ ヒル、A、E グレイザー、BE ヘンダーソン、RK ロス。 1980年。新聞ウェブ記者の原因別死亡率。 J Occup Med 22:542-44.

パイファー、JW. 1995年。1964年までの1994年米国コダック処理研究所コホートの死亡率更新。コダック レポートEP 95-11。 ニューヨーク州ロチェスター:イーストマン コダック カンパニー。

パイファー、JW、FT ハーン、FA スワンソン、JL オドノヒュー。 1995. ハイドロキノンの製造と使用に従事する従業員の死亡率調査。 Arch Occup Environ Health 67:267-80.

Sinks、T、B Lushniak、BJ Haussler 他。 1992年。板紙印刷労働者の腎細胞疾患。 疫学 3:483-89。

Svensson、BG、G Nise、V Englander 他。 1990 年。トルエンに暴露した輪転グラビア印刷機の死亡と腫瘍。 Br J Ind Med 47:372-79.