火曜日、29 March 2011 20:06

環境保護と公衆衛生問題

このアイテムを評価
(2票)

動物の皮と皮の処理と加工は、環境にかなりの影響を与える可能性があります。 排出される廃水には、皮革からの汚染物質、その分解生成物、化学物質、皮革の準備やなめし工程で使用されるさまざまな使用済み溶液が含まれています。 固形廃棄物や一部の大気への排出も発生する可能性があります。

皮なめし工場に対する一般市民の主な関心事は、伝統的に、未処理の排水による悪臭と水質汚染に関するものでした。 最近では、殺虫剤、溶剤、染料、仕上げ剤、毒性や持続性の問題をもたらす新しい加工用化学物質などの合成化学物質の使用の増加から、他の問題が生じています。

汚染を制御するための単純な対策は、それ自体が地下水汚染、土壌汚染、汚泥投棄、化学中毒などの二次的なクロスメディア環境影響を生み出す可能性があります。

現在利用可能ななめし技術は、化学物質と水の消費量が少ないことに基づいており、従来のプロセスよりも環境への影響が少なくなっています。 しかし、その広範な適用には多くの障害が残っています。

図 1 は、なめし業界で使用されるさまざまなプロセスに関連するさまざまな廃棄物と環境への影響を示しています。

図 1. 環境への影響となめし工場の操業

 LEA060F1

公害防止

水質汚濁防止

表層水中の未処理のなめし工場廃棄物は、物理的、化学的、生物学的特性の急速な劣化を引き起こす可能性があります。 シンプルなエンドオブパイプ排水処理プロセスにより、排水の浮遊固形物と生物化学的酸素要求量 (BOD) を 50% 以上除去できます。 より洗練された手段は、より高いレベルの治療が可能です。

なめし工場の廃液には、処理が必要な化学成分がいくつか含まれているため、一連の処理プロセスを順番に使用する必要があります。 流れの分離は、濃縮廃棄物の流れを別々に処理できるようにするのに役立ちます。

表 1 は、なめし工場の排水処理に利用できる技術的選択肢をまとめたものです。


表 1. 皮なめし工場廃水処理の技術的選択肢

処理前沈降

粗い材料を除去するための機械的スクリーニング

流量均等化(バランシング)

一次治療

ビームハウス排水からの硫化物除去

なめし廃液からのクロム除去

BOD除去・中和のための理化学処理

二次処理

生物学的処理

活性汚泥(酸化溝)

活性汚泥(従来)

ラグーニング(通気性、通性または嫌気性)

三次治療

硝化・脱窒

沈澱・汚泥処理

タンクと洗面器のさまざまな形状と寸法


大気汚染防止

大気への排出は、臭気、仕上げ作業からの溶剤蒸気、および廃棄物の焼却からのガス排出の XNUMX つの大きなグループに分類されます。

有機物の生物学的分解、ならびに廃水からの硫化物およびアンモニアの排出は、なめし工場から発生する特徴的な不快な臭気の原因です。 歴史的になめし工場に関連する悪臭のため、設備の設置場所が問題となっています。 これらの臭気の低減は、技術よりも運用保守の問題です。

仕上げ作業で発生する溶剤やその他の蒸気は、使用する化学薬品の種類や、発生と放出を減らすために採用する技術的方法によって異なります。 使用される溶媒の最大 30% が排出によって無駄になる可能性がありますが、多くの場合、これを約 3% に削減する最新のプロセスが利用可能です。

多くの皮なめし工場による固形廃棄物や端材の焼却の慣行は、優れた焼却炉の設計を採用し、慎重な運用慣行に従うことの重要性を高めています。

廃棄物管理

汚泥の処理は、排水を除けば最大の処分問題です。 有機組成のスラッジは、クロムや硫化物を含まない場合、土壌改良剤としての価値があるだけでなく、そこに含まれる窒素化合物によるわずかな肥料効果もあります。 これらの利点は、適用後すぐに耕すことによって最もよく実現されます. クロム含有土壌の農業利用は、さまざまな法域で論争の的となっており、ガイドラインによって許容可能な用途が決定されています。

トリミングや果肉をさまざまな目的に使用される副産物に変換するためのさまざまな市場が存在します。これには、ゼラチン、接着剤、革板、獣脂グリース、および動物飼料用のタンパク質の生産が含まれます。 適切な処理と品質管理の対象となるプロセス排水は、水の供給が不足している場合や排水処理が厳しく制限されている場合に灌漑に使用されることがあります。

浸出水の発生や臭気の問題を避けるために、埋立地では固形物と脱水汚泥のみを処分する必要があります。 なめし工場の廃棄物が、反応して有毒な硫化水素ガスを生成する可能性のある酸性廃棄物などの他の産業残留物と反応しないように注意する必要があります。 制御されていない条件下での焼却は、許容できない排出につながる可能性があり、推奨されません。

汚染防止

I生産技術を改善して環境パフォーマンスを向上させることで、次のような多くの目標を達成できます。

  • 化学物質利用効率の向上
  • 水またはエネルギー消費の削減
  • 廃棄された材料の回収またはリサイクル。

 

水の消費量は、原皮 25kg あたり 80 リットル未満から XNUMX キログラムあたり XNUMX リットルを超えるものまで、かなりの幅があります。 水の使用効率は、処理水の量制御、「流水」に対する「バッチ」洗浄、既存の装置の低フロート変更などの技術を適用することで改善できます。 更新された機器を使用した低フロート技術、重要度の低いプロセスでの廃水の再利用、および個々のプロセス液のリサイクル。

従来の浸漬と除毛は、典型的ななめし廃液の BOD と化学的酸素要求量 (COD) 負荷の 50% 以上を占めています。 硫化物の代用、石灰/硫化物リカーのリサイクル、および除毛技術の組み込みには、さまざまな方法を使用できます。

クロム汚染の削減は、なめし浴に固定されるクロムのレベルを上げ、その後のプロセスで「ブリードアウト」される量を減らすための対策によって達成できます。 クロムの放出を減らす他の方法は、使用済みのクロム液を直接リサイクルすること (廃液の塩分濃度も下げる) と、回収されたクロム含有液をアルカリで処理して、クロムを水酸化物として沈殿させてからリサイクルできるようにすることです。 共同クロム回収操作の図を図 2 に示します。

図 2. クロム回収のための共同プラントのフローチャート

LEA060F2

野菜なめしが採用されている場合、皮革の前処理は、皮革の浸透と固定を強化し、廃液中のタンニン濃度の低下に寄与する可能性があります。 チタンなどの他のなめし剤は、一般に毒性の低い塩を生成し、不活性で取り扱いが安全なスラッジを生成するために、クロムの代替として使用されてきました.

 

戻る

読む 7117 <font style="vertical-align: inherit;">回数</font> 最終更新日: 05 年 2011 月 23 日月曜日 05:XNUMX
このカテゴリの詳細: « 健康への影響と病気のパターン

免責事項: ILO は、この Web ポータルに掲載されているコンテンツが英語以外の言語で提示されていることについて責任を負いません。英語は、オリジナル コンテンツの最初の制作およびピア レビューに使用される言語です。その後、特定の統計が更新されていません。百科事典の第 4 版 (1998 年) の作成。

内容

レザー、ファー、フットウェアのリファレンス

エイブラムス、H および P ウォー。 1951. 動物および動物製品との接触を介して伝染する職業病。 Ind Med Surgery 20:341-351.

Acheson, E. 1972. イングランドおよびウェールズの鼻腔および副鼻腔の腺癌。 Br J Ind Med 29:21-30.

—。 1976. 家具、ブーツ、靴の製造業における鼻がん。 予防医学 5:295-315.

Askoy、M および S Erdem。 1978. ベンゼンへの慢性暴露による 44 人の汎血球減少症患者の死亡率と白血病の発症に関する追跡調査。 血 52:285-292。

Askoy、M、S Erdem、および G DinCol。 1974. ベンゼンに慢性的にさらされた靴職人の白血病。 血 44:837-841。

—。 1976.慢性ベンゼン中毒における白血病の種類。 55人の患者を対象とした研究。 Acta Haematol 65:72-XNUMX。

バティスタ、G、P コンバ、D オルシ、K ノーポス、A マイヤー。 1995. 皮革労働者の鼻がん: 職業病。 J Cancer Res Clin Oncol 121:1-6。

ボナッシ、S、F メルロ、R プントーニ、F フェラーリ、G ボットゥーラ。 1990. ビエッラ皮なめし工場での肺腫瘍の流行。 エピデミオール Rev 12:25-30。

労働統計局 (BLS)。 1995. 労働災害および疾病の調査、1994. ワシントン DC: BLS。

カルバート、G、J ファジェン、B ヒルズ、W ハルペリン。 1990. 精巣ガン、ジメチルホルムアミド、皮なめし工場。 ランセット 336:1253-1254。

チェッキ、F、E ブイアッティ、D クリーベル、L ナスタージ、M サントゥッチ。 1980. イタリア、フィレンツェ県の靴職人と木工職人の鼻と副鼻腔の腺癌。 Br J Ind Med 37:222-226.

Chen, J. 1990. 上海 (中国) の革なめし産業でベンジジン由来の染料にさらされた労働者のがん経験に関するコホート研究。 Chin J Prev Med 24:328-331。

Comba、P、G Battista、S Bell、B de Capus、E Merler、D Orsi、S Rodella、C Vindieni、O Axelson。 1992. 鼻および副鼻腔のがんと職業被ばくに関する症例対照研究。 Am J Ind Med 22:511-520。

DeCouful、P および J Walrath。 1983 年。1966 年から 1972 年にかけての米国の靴職人の比例死亡率。 Am J Ind Med 4:523-532。

—。 1987. 米国の靴産業における鼻がん: 存在しますか? Am J Ind Med 12:605-613。

Erdling、C、H Kling、U Flodin、O Axelson。 1986. 皮なめし業者の癌による死亡率。 Br J Ind Med 43:484-496.

Fu、H、P Demers、A Costantini、P Winter、D Colin、M Kogevinas、および P Boffetta。 1996. 靴製造労働者のがん死亡率: 53 つのコホートの分析。 Occup Environ Med 394:398-XNUMX.

Garabrant、D および D Wegman。 1984 年。マサチューセッツ州の靴および皮革労働者の癌死亡率。 Am J Ind Med 5:303-314。

国際がん研究機関 (IARC)。 1981. 木材、皮革およびいくつかの関連産業。 巻。 28. リヨン: IARC.

—。 1982. いくつかの工業薬品と染料。 巻。 29. リヨン: IARC.

国際労働機関 (ILO)。 1992. 皮革および履物産業における雇用および労働条件および競争力、レポート II、皮革および履物産業に関する第 XNUMX 回三者技術会議、セクター別活動プログラム。 ジュネーブ: ILO.

Kallenberger, W. 1978. クロムなめしと加工における酵母の研究。 J Am Leather Chem Assoc 73:6-21。

Levin、S、D Baker、P Landrigan、S Monaghan、E Frumin、M Braithwaite、および W Towne。 1987. ジメチルホルムアミドにさらされた革なめし業者の精巣がん。 ランセット 2:1153。

Malker、H、B Malker、J McLaughin、および W Blot。 1984. 皮革労働者の腎臓がん。 ランセット 1:50。

Martignone, G. 1964. 実用的な日焼けに関する論文。 トリノ: レヴロットとベラ。

Merler、E、A Baldesseroni、R Laria、P Faravelli、R Agostini、R Pisa、および F Berrino。 1986. 革粉への曝露と鼻がんとの因果関係について: 症例対照研究からのさらなる証拠。 Br J Ind Med 43:91-95.

Mikoczy、Z、A Schutz、および L Hagmar。 1994 年。スウェーデンの革なめし業者の癌の発生率と死亡率。 Occup Environ Med 51:530-535.

Mikoczy、Z、A Schutz、U Stromberg、および L Hagmar。 1996. スウェーデンの皮革なめし産業におけるがんの発生率と特定の職業曝露: コホートに基づく症例対照研究。 Occup Environ Med 53:463-467.

Morrison、A、A Ahibom、W Verhock、K Aoli、I Leck、Y Ohno、および K Obata。 1985.米国ボストン、英国マンチェスター、日本の名古屋における職業性および膀胱がん。 日本疫学と地域保健 39:294-300.

管理予算局(OMB)。 1987. 標準産業分類マニュアル。 ワシントン DC: US GPO。

パチ、E、E ブイアッティ、A コスタンティーニ、L ミリージ、N プッチ、A スカルペリ、G ペトリオリ、L シモナート、R ウィンケルマン、J カルドール。 1989. ベンゼンにさらされた靴職人のコホートにおける再生不良性貧血、白血病、およびその他のガンによる死亡率。 Scand J Work Environ Health 15:313-318。

Pippard、EおよびE Acheson。 1985. 特に癌に関連したブーツと靴のメーカーの死亡率。 Scand J Work Environ Health 11:249-255。

Seniori、C、E Merler、および R Saracci。 1990. なめし、皮革、靴産業における職業がんリスクに関する疫学研究。 Medicina del Lavaro 81:184-211.

セニエリ、C、E パチ、I ミリギ、E ブイアッティ、C マルテッリ、S レンツィ。 1989 年。トスカーナの皮なめし産業の労働者のがんによる死亡率。 Br J Ind Med 46:384-388。

スターン、FB、JJ ボーモント、WE ハルペリン、LI マーフィー、BW ヒルズ、JM ファジェン。 1987. クロム革なめし工場労働者の死亡率となめし工場での化学物質への曝露。 Scand J Work Environ Health 13:108-117.

スティーブンス、C. 1979年。職業起源の皮膚問題の評価。 Occup Health Safety 48(18):39-43.

Sweeney、M、J Walrath、および R Waxweiler。 1985. 引退した毛皮労働者の死亡率: 染色業者、ドレッサー (なめし業者) およびサービス労働者。 Scand J Work Environ Health 11:257-264。

国連環境計画 (UNEP)。 1991. なめし工場と環境。 皮なめし作業の環境への影響を軽減するための技術ガイド。 産業環境局。 テクニカル レポート シリーズ No. 4。パリ: UNEP。

Valsecchi、M、A Fiorio。 1978 年。なめし産業の操業サイクルと関連するリスク。 証券 63:132-144。

ウォーカー、J、T ブルーム、F スターン、A オクン、M フィンガーハット、W ハルペリン。 1993. 靴製造に従事する労働者の死亡率。 Scand J Work Environ Health 19:89-95。

ワルラス、J、P デクーフル、T トーマス。 1987年。靴製造会社の労働者の死亡率。 Am J Ind Med 12:615-623。